人気ブログランキング |

イタリアを楽しもう!

タグ:友達 ( 28 ) タグの人気記事

イタリアのワンちゃん 友情編

友達のところのワンちゃん、犬が嫌いな人のことがよく分かるらしく、
犬が好きな人のところにだけ寄ってきます。
(それでは番犬にならないよね?! 爆)
とっても甘えん坊で自分の体の大きさに構わず、
うき~っ!(サル?)と喜んで突進してきて甘えます。
すごく可愛いのです。
彼にはそっくりの兄弟がいて一緒に住んでいますが、
最近さらに新しいお友達が増えました。
微笑ましいのは、意地悪をするではなく、まるで自分の子供のように
お世話をしているのです。でも、飼い主である友達があまりにも
この小さいワンちゃんを可愛がりすぎると、拗ねちゃいます。苦笑
一番可愛がられているのが自分だって分かったら満足するみたいです。

こうやって仲良くお昼寝をしている姿もよく見かけます。
c0077533_153520.jpg

写真撮るよ~♪ の声に反応してカメラ目線。
c0077533_1533978.jpg


あっ、そういえばこのワンちゃん(大きい方)友達に似てる~。爆

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

世間は狭い~!

仕事柄沢山の人と会う機会はありますが、
最近沢山の新しい出会いがありました。(ほとんど女性 笑)
仕事を通しての出会いもありますし、趣味を通しての出会いも。
そんな中、直感でこの人と仲良くなりたい!と思った方にも
遭遇できたし(ぜひお店に遊びに伺いたいと思ってますっ♪)
知り合いになれたらなぁ~と思っていた人と、偶然知り合う機会が
あってお近づきになれたり、
又、いつも素敵なブログ◆イタリア料理紀行◆ dal ガンベロロッソ
を書いていらっしゃるMarinaさんとは、
毎日のように顔を合わせていながら、
お互いブログ友達とは気がつかずに過ごしていました。
そう、私が鈍いだけ・・。爆
だってよく考えたら(って考えなくても)Marinaさんだっ! て
ピンっときてもいいはずなのに。笑
ブログの話が話題にでて、その時に「ええぇっ!!!もしかして!」
という感じで改めてご挨拶。
面白いものですね~。出会いって。
人との出会いは宝物、大切にしたいと思います。

と、同時にいつも思うのが、世間は狭い!ってこと。
知り合いになった人が自分の知り合いの知り合いだったり。。
自分とすごく行動範囲が似ている方だったり。
あと、どうしてこんなところでこの人と出会うの?とか
(トスカーナ人の知り合いと、なぜか行く先々で会ったことが。
パレルモの街角で、ボローニャの広場で、ミラノの空港で、
トリノのカフェで、レッチェのバールで、サルデーニャの海で!!!!
(もうこれでもかっ!って感じ・・笑)

そう考えると、いろいろたどっていくと世界中の人と繋がっていそう。。

イタリアでも、Il mondo e’piccolo!「世間は狭い!」といいます。

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

大切な方達との再会

イタリアの多くの会社がバカンスに入ってしまうので、その前に仕事を
片付けなくては~ということで、毎日すごく忙しくて、
PCに向かって仕事をしながら、ひっきりなしにかかってくる電話や、
メールでの対応に追われ、すっかり疲れきってブログを書くための
パワーがありませんでした。
というわけで、しばらくサボってしまいました。

そんな忙しい中をかいくぐって、駆出しの頃(8年前)未熟ながらにも
ツアーの現地ガイドアシスタントをした際に知り合ったご夫婦(私の両親くらいの
年代の方達です)とその後もずっと懇意にしてもらっていて、
毎年恒例の年に1度のイタリア旅行(1ヶ月近く!)でイタリアにいらっしゃる
ということでお会いしてきました♪
毎回お友達を連れていらっしゃるのですが、みなさんとっても楽しい方達ばかりで
いつも楽しみにしています。
2年続けてヴェネチアでお会いしたのですが、今回は、シエナとフィレンツェで。
ショッピングをしたり、美味しいものを食べたり、飲んだり、
踊ったり(♪)してまいりました。
c0077533_5414647.jpg

こうやって1年に1回しかお会いできないのですが、まるで娘のように
大切に思ってもらっているのが感じられて、幸せに思います。
いつまでも元気にイタリア各地を旅行していただきたいと心から思っております。

Matrimonio2(結婚式)

結婚式当日
早朝から美容師さんと、化粧担当の方がお家にやってきました。
私も眠い目をこすりながら、お手伝い おせっかい。
ドレスはウェディングドレスではなく、彼女の大好きなきれいな水色。
彼のおばさんの手作りだそうです。当日までお腹がどこまで膨らむか
分からないので前もって作ることができず、数日で仕上げてもらったそうです。
化粧とヘアーセットが終了した頃に、友人達やカメラマンがやってきました。
お家で写真をとり、いざ市役所へ!
教会ではなく、市役所で結婚式を挙げたのです。
記録係の人が遅刻で(笑)、少々待ち時間があったものの、
教会の式に比べたらあっという間でした。
市役所といっても、素っ気ない建物ではなく、大体どの町も趣のある建物なので
そこで結婚式を挙げても絵になると思います。
c0077533_9282475.jpg
(ライスシャワーをかけられているところ)

当日はすごくいい天気で真夏並みの暑さ。新郎新婦が写真を撮りに行っている
間に友人達と海沿いのBARへ。海がすっごく綺麗なので、このまま海へ入りたい
気持ちを押さえつつ、パーティーへ。
c0077533_9315491.jpg
(新郎の親戚の方達がお腹の子を祝した歌を歌っているところ)
c0077533_941220.jpg

(そして、やっぱりプーリアといえばピッチカ。プーリアのダンスです)

一緒に住んでいるけれど、結婚式を挙げる予定はないと言っていた彼ら。
子供ができたことでいろいろ考えると籍を入れたほうがいいということで、
結婚式をあげることにしたそうです。
とっても幸せそうで私も嬉しくなりました。
これからも幸せに!!!

Matrimonio ( 結婚式)

友人カップルが結婚しました!そして、2ヶ月後にはパパ、ママになる彼ら!
二重におめでとうです。
彼らは今ミラノに住んでいますが、出身は共にプーリア州。
というわけで、プーリアまで行ってきました~♪
プーリアといっても北の方にあるFoggiaから、州都のBari,
南のフィレンツェといわれるLecceなどなど、いろいろな顔を持つプーリアですが、
結婚式はLecceよりさらに南に下った小さな町で行われました。
近くの海はこんなに綺麗なんです!
c0077533_395951.jpg

ナポリから来る友人達たちと合流して車で5時間。。着いたのは21時でした。
以前も彼女の実家へは遊びに行ったことがあるのですが、
さすがに、結婚式の前日に花嫁の実家に泊まる友人っていないですよね~。苦笑
妹が2人(次女はボローニャ在、三女は地元在)、弟が1人(現在はミラノ在。
さすがに3人のお姉さんと育っただけに、とっても優しい弟くんです♪)の、
にぎやかな家族もみんな実家に戻ってきているところに飛び込みました。
ひゃ~っ、相変わらず おしゃべりがすごい すごい。
式当日の話は次回に・・・・・。

Bonboniere(ボンボニエーレ)

 イタリアでは、結婚パーティーの最後に、招待客に
Bonboniere(ボンボニエーレ)を手渡す習慣があります。
Confetto(コンフェット:アーモンドなどを入れて糖衣を
かぶせた小粒の菓子)を工夫を凝らしてお洒落に包み、
小さな飾りや置物などとセットにして贈ります。
こんなシンプルなものだからこそ、贈る人のセンスがよく
分かります。
 Bonboniereは結婚式だけでなく、出産やおめでたい
ことがあった時にも、感謝の気持ちを込めてパーティーの
参加者に配ります。

(写真:下)
左は私も大好きなTHUN社(色使いや表情に優しさがあふれて
いるのが特徴)の陶器のCampanelle(ベル)
真ん中はガラスで出来たぷりっとしたぶどうの房
右はヴェネチアMurano製ガラスの小さなぶどうの房
c0077533_19413022.jpg


(写真下)
左(ベビー誕生の小さいカード付き)と右(クマさんが
シーソーに乗っている置物)は出産祝いの時
真ん中はキャンドルスタンド。カトリックのComunione
(聖体拝領)という儀式のお祝いの時
c0077533_19344912.jpg

お土産

 イタリアネタではないのですが、日本のお友達から海を越え
て素敵なお土産とクリスマスカードが届いてとても嬉しいので
今日はその話題。
梱包の袋を見て一言・・・・・、さすがSちゃん。(感激)
10円と20円の切手で埋め尽くされています。(アートです♪)
フィンランド土産の、Mesimarja-Vadelma likoori という木苺
とラズベリーのリキュールと、フィンランドぽい(?)素材と
柄がとてもキュートなタオル。京都土産の、祇園の豆平糖。
そして、とっても可愛いクリスマスカード。得意のイラスト付
きでお土産の説明とメッセージが。。(嬉)
 Sちゃんはとってもセンスがいいのです。日本とイタリアで離
れていはいるけれど、こうやって連絡を取り合えるお友達が
いるのは本当に嬉しいものです。うるうる。。
c0077533_5305528.jpg

さぼってます

 ずっと外出続きなので、ブログの投稿をしばらくサボって
おります。
 私がイタリアに住みはじめた頃に、イタリアに旅行でいら
していた素敵な日本人ご夫婦と知り合いになり、
その後もずっと親しくさせていただいております。
彼らは少なくとも年に一回はイタリア旅行をされるのです。
しかも1ヵ月近く。
今回はヴェネチアでお会いすることができました。
また後日報告ブログを書きます。