イタリアを楽しもう!

タグ:食材 ( 393 ) タグの人気記事

夏!

昨年は夏らしい季節がほとんどなかったのですが、
今年は期待できそうです。
とは言っても暑くて湿気が多いのは過ごしにくいですよね。

こちらの写真はソレント半島の方からの眺め。
ヴェスヴィオ山をバックに。
c0077533_0425529.jpg



トスカーナ州にて
大好きなタルタルステーキ(生の牛肉)にブラッドオレンジの
グラニータが。爽やかすっきり。
c0077533_0211868.jpg


シエナを代表するコシの強いパスタ
PICI(ピチ)でカルボナーラ。
この暑い時期にボリューム満点のカルボナーラ?
と思いきや、
枝豆の風味がプラスでこれまた重い印象は無し。
c0077533_022617.jpg


バッカラ(干しダラ)
代表的な料理として・・・
バッカラ・フリット、ヴェネツィアの居酒屋(バーカロ)
などに行くと必ずお目にかかる定番料理バッカラ・マンテ
カート(練る)、バッカラのトマト煮 など。
こちらはトマト煮です。
c0077533_0403868.jpg


そういえば最近バッカラのカルパッチョを頂きました。
(美味しかったもののあまり絵にならなかったので写真
無し)




c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

あっという間にパスクア♪

今年のパスクアは例年になく早く、4月5日でした。
パスクア前にヴェローナで開催されるワインの国際見本市
Vinitalyも無事に終了し、やっと一息ついたところです。

パスクアには羊肉を食べるの習慣ですが、今年は肉無し。
数え切れないくらいのアンティパストに続き
このボリューム感満点のプリモ。
シャラティエッリのティンバッロ
シャラティエッリはコシのあるうどんのような存在感
たっぷりのナポリのパスタ。
中にはサルシッチャ、フンギ、フィオルディラッテなどなど
真ん中のグリーンピースの甘味がまた美味しい。
c0077533_1425663.jpg


カサティエッロ:
中にチーズや サラミや卵などをたっぷり入ったパン。
ピッツァルスティカ:
外見はパスティエラみたいなこのタルト。
タルト部分は甘く、リコッタベースの詰め物は塩味。
絶妙な美味しさです。

など・・
食べるのに夢中で写真を撮り損ねました。
2012年のパスクアの写真を見てください。
サイドメニュー例がこちらから分かります。^^


下の写真

オレオのクッキーを砕いたものが卵チョコの表面に。
かなりの大きさです!
右上
パスクアに欠かせないパスティエラ
右下
卵チョコが牛に変身!可愛い。
c0077533_1441288.jpg

ストレガ(Strega)の卵チョコ。
ストレガは、イタリアのアヴェッリーノ産のリキュール。
中から財布がでてきました。^^
c0077533_21359100.jpg

そして、とどめに
カンノーリをはじめとするドルチェ。
c0077533_2112792.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

ナポリピッツァ Da Attilio(ダ・アッティリオ)

ナポリのピニアセッカ通リにあるピッツェリア。
この界隈は食料品店や飲食店、さらに食料品の青空市場が
並び、威勢のよい声があちこちから聞こえる、いつも多くの
人で賑わっている所です。
魚屋さんも、お店というよりは路上に商品を並べています。
こちら(↓)
c0077533_712286.jpg


Da Attilioはナポリピッツァと家庭料理を楽しめるお店。
こちらは3代目のアッティリオ。
c0077533_742240.jpg

几帳面な彼のピッツァには人柄がしっかり現れています。
他のピッツェリアでも見かけるようになりましたが、この
ピッツァを生み出したのはアッティリオだとか。
星型のとがった部分にはリコッタが入っています。
c0077533_7193428.jpg


こちらは、詳しくは忘れてしまいましたが、シチリア出身の
議員(?)がピッツァを食べに来た際にお出ししたもの
だとか。シチリア発祥のカンノーロというお菓子のような形
になっています。
c0077533_7452160.jpg


ついついピッツァばかり食べてしまいますが、お料理も美味
しいですよ。

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

慌しくナポリへ

先週は大雪のトスカーナから逃げてナポリへ移動。
ヴェスヴィオ山にも雪!
c0077533_7153446.jpg

久しぶりに散策。
c0077533_72318100.jpg

ここぞとばかりに魚介類を堪能。
c0077533_7453835.jpg

Polpo affogato:タコのトマト煮
c0077533_7461629.jpg

シャラティエッリも欠かせません。
c0077533_7464978.jpg
c0077533_747116.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

雪が降る寒い日はイノシシ肉の煮込み

先週もまた雪が降りました。
朝から降り始めてあっという間に。。。
ブドウ畑が真っ白!美しい♪♪
c0077533_3171020.jpg

こんな寒い時には美味しいワインとイノシシ肉の煮込み。
何度も洗い、何時間もかけて下ごしらえ&煮込んであるので
臭みもないしお肉がすっごく柔らくて美味しいです。
c0077533_318428.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

クリスマス@ナポリ

今年のクリスマスもナポリで。
24日のディナーは魚づくし
25日のランチは肉づくし

でも・・・結局撮った写真はこれだけ。苦笑
ナポリではクリスマスにウナギを食べますが、
ぶつ切りにして揚げるという・・脂たっぷりで苦手な
調理法。今年は暖炉で炭火焼にしました。
でも日本のウナギの美味しさには程遠いです。
c0077533_16423921.jpg


ナポリのクリスマスイルミネーション。
もっと個性的なのを発見したので後日UPします。
c0077533_16454597.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

クリスマス@カーヴァ・デ・ティッレーニ

カンパニア州の陶器の町で知られているVietri sul
mare(ヴィエトリ・スル・マーレ)から5kmほどの
場所にある町、Cava de' tirreni
(カーヴァ・デ・ティッレーニ)。
町の中心地はポルティコ(アーケード)があり沢山のお店が
並んでいます。
中心の広場には綺麗なツリーがありました。
c0077533_18222669.jpg


こちら揚げドーナツが飾られたツリー。
c0077533_18242050.jpg

さらにヌテッラを注入!^^
揚げたて熱々~!
カロリーなど気にしていたら食べれない代物です。笑
c0077533_18245023.jpg

こんな素敵なドレスツリーも見かけました!
c0077533_18264481.jpg

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

クリスマス@フィレンツェ

フィレンツェに住むお友達と会いました。
なんとほぼ1年ぶりの再会でした。
仲良しなお友達なので会えてなくても繋がっていると
ついつい思って安心してましたが、1年ぶりとは!驚
(年内に会えてよかった~!Grazie!!)
もともとマメではないのですがこんなに連絡不精ではいけま
せんね、来年から改心しようと思います。

Duomo(大聖堂)の側でこんな標識を見かけました。
今ちょうどクリスマスプレゼント探しで焦っている私に
ぴったりのデザインでした。笑
c0077533_2147143.jpg

ランチはキアニーナ牛のハンバーガー。
こんなに大きいの食べれるのかな?なんて心配は
無用でした。美味しく完食!
お肉がジューシーで本当に美味しかったです。
c0077533_21465493.jpg


真っ暗になる前のDuomo前のクリスマスツリー。
c0077533_2140162.jpg

赤い飾りはフィレンツェのシンボルのゆり。
c0077533_21535111.jpg


この日はクリスマス時期というのはもちろん、天気も良く
暖かいのも手伝って、多くの人でにぎわっていました。

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

最近食べたお肉料理オンパレード♪

お肉料理を食べる機会が多いので
最近食べたお肉の写真をUPしてみます。

・シエナのレストランにて(トスカーナ州)
見た目からも身体に優しいお料理でした。
c0077533_2357278.jpg


・ヴィテルボのトラットリアにて(ラツィオ州)
豪快なスティンコ
c0077533_23591969.jpg

私はここまでがっつきませんでしたが綺麗に骨だけが残る
まで食べれます。
c0077533_001193.jpg


・ウサギ肉の煮込み
c0077533_01412.jpg


・キャンティ・クラシコ地区(トスカーナ州)
生ハムメロンもこうやって盛るとゴージャスですね♪
c0077533_0484024.jpg


・昨年ポジターノの素敵なホテルのプールサイドで頂いた
生ハムメロンはこんな風でした。
c0077533_0583359.jpg


・キャンティ・クラシコ地域の山中で(トスカーナ州)
イノシシを見かけました。
この日はこれ以外にちびっ子イノシシ10頭くらいが目の前
をちょこちょこと駆け抜けました♪♪ 私はといいますと、
ママイノシシが飛び出してくるのを警戒してドキドキして
ました。
大きいイノシシに体当たりされたら車が負けます。
c0077533_05582.jpg


・イノシシ肉の煮込み(ウンブリア州)
しっかり煮込まれたイノシシは柔らかくって美味しいん
です。
c0077533_023321.jpg


・シエナ郊外にて鴨肉(トスカーナ州)
c0077533_0332930.jpg

実はこの前に(↑)アンティパストとして生肉を食べたの
ですが、クスクスとサワークリームが添えられていて
なんとも面白く心地よい触感で新鮮でした。
(写真を撮り損ねました・・)

・オルビエートで見かけたこの看板(ウンブリア州)
何の職業かすごく良く分かります。笑
豚さんがソーセージになってでてきてます。。
c0077533_181864.jpg


・ビステッカ
(フィレンツェ近郊、トスカーナ州)
c0077533_0251978.jpg


最後の締めくくりは・・・・・
・フィレンツェのトラットリアにて(トスカーナ州)
別の機会にビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを
食べた時に、食べ終わったらなんと!!
イタリアの形が現れました♪♪ 
可愛いではありませんか!
c0077533_0473212.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

Sagra(サグラ)いろいろ

SAGRA(サグラ)の季節がやってきました。

サグラとは簡単に説明すると、郷土料理を食べる祭りです。
郷土料理はその土地の食材、特産品、郷土料理、ワイン等
ポルチーニ茸、ズッキーニ、かぼちゃ、アスパラガス、
レモン、さくらんぼ、ブドウ、栗、ヘーゼルナッツ、
さらに地元産のチーズ、ヨーグルト、ソーセージ、ワイン、
オリーブオイルなど数えだしたらきりがないです。

最近行って来たサグラは

・チンギアーレ(イノシシ)
タリアテッレもチンギーアレの煮込みも串焼きも
どれも美味しかったです!
c0077533_1295089.jpg


・チンタセネーゼ(シエナの黒豚)
チンタセネーゼとは
トスカーナ州シエナ近郊で生産される豚の品種。
真っ黒な豚ですが、白色(ピンク?)の帯状の縞模様が背中
から肩、そして胸部を取り巻いて、前足の部分まで及んで
います。
「Cinta(チンタ)」とはイタリア語で「帯」という意味。
シエナ近郊原産の豚の品種なので、「シエナの」という意味
の「Senese(セネーゼ)」。
c0077533_12765.jpg

肝心のお料理は、私の苦手な皮の部分とか脂身部分(好きな
人には美味しい部分)のアンティパストから始まって・・
大満足とはいきませんでした。残念
c0077533_125927.jpg

・AcquaCotta(アックアコッタ)
昔、貧しい人達が、野菜を水で煮てさらに卵も一緒に煮て、
残り物の固くなったパンにかけて食べたことからうまれた
料理。今では貧しい料理どころかお洒落なレストランの
メニューにも登場する郷土料理です。
c0077533_123537.jpg


・Gnocchi(ニョッキ)
私にとってニョッキといえばGnocchi alla Sorrentina
モッツァレッラたっぷりのソレント風ニョッキ!
なのですが・・・
こちらのはちょっとシンプルなソースでした。
c0077533_114158.jpg

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]