イタリアを楽しもう!

タグ:食材 ( 392 ) タグの人気記事

メーカー訪問記第6回:ヴェネト州(ソアヴェ)のワインメーカー

メーカー訪問第6回は、ヴェネト州 ソアヴェ・クラシコ地区のワイナリーです。

 ここでは、ヴェネト州を代表する白ワイン Soave、
ブドウを陰干しして乾燥させて作る、甘くまろやかな黄金色の
ワインRecioto di Soave  又、赤ワインの Valpolicella を
作っています。

 以前訪問した際には、ワイナリーの改装中だったり、
時期が違ったこともあり今回のVendemmia(収穫)の時期
に訪問することを楽しみにしていました。
 相変わらずパワー溢れるオーナーと、優しい奥様、
そして将来跡を継ぐ息子さんと、娘さん。
家族で協力して美味しいワインづくりに励んでいらっしゃいます。
c0077533_179083.jpg

ブドウの木の見張りをすることで仕事に参加するワンちゃん
昔からの仕立て方であるペルゴラとグイヨーを使用しています。
c0077533_18111317.jpg

 フィルターで汚れを既に取ってあるブドウ果汁(ステンレス
のタンクに入ってから15日目)を試飲させてもらいました。
赤いグレープフルーツ、トロピカルフルーツの香りがします。
果汁とは言っても、すでにアルコール度数は10%くらい
あるそうです。
c0077533_1735493.jpg

 Recioto用のブドウ 陰干し中。ブドウの収穫をしてから、
大変な作業が待っています。
この時期は寝る時間もないそうです。
今年は、天候のおかげでいいブドウができたので美味しいビン
テージワインができる!とのこと。 楽しみです。
[PR]

メーカー訪問記第5回:ヴェネト州のワインメーカー

メーカー訪問記第5回は、ヴェネト州のワイナリー訪問です。

 ここでは、Amarone, Valpolicellaといったワインをつくって
います。
Amaroneは、私の好きな赤ワインのうちの1つ。
このワインを作るための特徴は、収穫したブドウを陰干しする
ことです。この作業によって、糖度を高めます。
陰干し作業はカビが生えないように注意が十分必要ですし、
コストもかかります。
2年間の熟成期間を経て(収穫の年の12月1日から起算して)
誕生するワインはビロードのような滑らかな口当たりで温かな
味わいです。アルコール度数は最低14度!
c0077533_6243468.jpg

ここではCorvina, Rondinella, Molinaraという3種のブドウ
を使って作っています。
c0077533_6255277.jpg

[PR]

メーカー訪問記第4回(2):トスカーナ州のワインメーカー

収穫の真っ最中のトスカーナはキャンティクラシコ地区
のワイナリー


 たわわに実るブドウをつまみ食いするチャンスもめったに
ありません。早速つまみ食い。甘くて美味しいブドウは、
イノシシも大好きで、イノシシの被害も相当多いそうです。
c0077533_16425299.jpg

 このメーカーはトスカーナ州のキャンティクラシコ地域に
あり、主にキャンティクラシコ、キャンティ、さらにスーパ
ートスカーナなどを作っています。
 収穫の時期は、天候との勝負で一日でも間違えると今までの
努力が水の泡になってしまいます。この日!という日に勝負
をかけるそうです。
 既に収穫が終わっているはずのブドウの木にまだ幾つか房
が残っていました。これは、さらに完熟するのを待ち、優れた
ワインをつくるためだそうです。でも、収穫前に雨が降って
しまうと全て終りというリスクを冒しての挑戦だそうです。
こうして毎年、さらに質のよいワインを造る努力をしてます。
[PR]

メーカー訪問記第4回(1):トスカーナ州のワインメーカー

メーカー訪問記第4回(1):キャンティクラシコ地区のワイナリー訪問です。

 まさに収穫の真っ盛り。そんな忙しい中お邪魔してきま
した。この時期のワイナリーを見ることができるのはラッキー
です。ブドウ畑では、たわわに実る美しいブドウを1房1房
手摘みしています。
 今年は雨が少なかったため、かなり良質のワインが期待
できるそうです!楽しみ。
 ここで栽培しているのはSangiovese, Cabernet Sauvignon,
Merlot, などです。
 ブドウの特徴や、土地の特徴などためになる話をたくさん聞
いてきました。
c0077533_019249.jpg

[PR]

ワイナリー訪問

 2週間近く出張していたため、しばらくブログをサボってい
ました。
 今回は、トスカーナ州とヴェネト州にて仕事。
 イタリア語で収穫のことをVendemmiaといいますが、
まさに収穫の真っ最中で大忙しのワイナリーを訪問して
きました。。
 忙しい時期なのに、どこのワイナリーも親切な対応をして
くださいました。唯一、トスカーナ州のある超有名なワイナリ
ーの対応には気分を害してしまいましたが・・・。
アポイントをとってあったのですが、あいにくアポイントに
5分くらい遅れてしまいました。そしたら・・・・なんと
門前払いを受けたのです。。。
まあ!こんなメーカーもあるんですね~。
[PR]

メーカー訪問記第3回: Mozzarella (モッツアレッラ)

Mozzarella(モッツアレッラ)

メーカー訪問記・・今回、訪問記という大それたものでは
なく、Mozzarellaのメーカーへ行ってきたので
その報告です。

 カンパーニア州はMozzarellaチーズでも有名です。
日本で初めて味わったのは、Caprese(カプレーゼ)といわ
れるMozzarella、トマト、バジルのサラダでした。
共に薄~くスライスしてあって、なんだかパサパサした味気
ないものだなという印象でした。
c0077533_22153480.jpg

ところが、イタリアに来て初めて丸ごと一個食べた時に、
ああ、これが本当のMozzarellaなんだぁ~と
感動したものです。
カットするとミルクが、じわ~っとでてきます。
口の中にミルクがたっぷり。
(もちろん、こちらで食べるCapreseは豪快にMozzarellaも
トマトもカットしてあります!)

 多くのCaseificioでは水牛乳100%を使用し、
熱い状態の時に手作業で器用にちぎって作っていきます。
できたての新鮮なMozzarellaは最高です。
しかし、この新鮮な美味しさはイタリアのどこででも
味わえるわけではないんですよね。
c0077533_224368.jpg

 ところで、Mozzarellaは直ぐ食べるのなら、
冷蔵庫に入れず常温においておくことをお勧めします。
また、湯煎(袋入りの場合は袋のまま、容器に移した場合は
そのまま)にかけて人肌くらいの温かさにして食べると
さらに美味しさが増します!
[PR]

南プーリア:ウニ(Riccio di mare)

大好物のウニ。 
嬉しいことにイタリアでも、ウニを食べることがでるのです。
しかも生のウニ!!!!(でも南イタリアだけだと思う。)
イタリアでウニは Riccio di mare と言います。 
Riccioとはハリネズミの意味。
「海のハリネズミ」可愛い名前ではないですか。笑

ウニの屋台にてグラムで注文。屋台のお姉さんはなんと素手で
ウニを触っていました。
c0077533_1855391.jpg

 日本で食されるウニと違って、殻の内面に細くて薄い・・
たぶんウニかなというようなものが張り付いていてそれをスプ
ーンでそぎながら食べます。
c0077533_18573775.jpg

ぽってりしたウニと違うので食べごたえがないせいか、どれだ
けでも入ります。苦笑

 生で食べるウニも大好きですが、ウニのパスタも好き。
イタリアのどこででも食べられる料理とは違うので、
南イタリアのレストランなどでウニパスタを発見したら必ず
注文します。ああ~食べたくなってきたっ。
[PR]

Firenze(フィレンツェ): メルカート

メルカートではこんなグロテスクなものも!c0077533_1233699.jpg
[PR]

Firenze(フィレンツェ):メルカート(市場)

フィレンツェの中央市場

 場所はフィレンツェ市内のほぼど真ん中に位置し、
サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅、またドゥオモからも
近い場所にあるので観光客にもとても便利です。
一見体育館のような建物が、歴史的な建物が多い
フィレンツェ町並みの中で少し浮いている気がしますが・・。
市場の左奥に見えているのがフィレンツェのシンボル、
大聖堂(ドゥオモ)です。
c0077533_2054548.jpg

2階建てになっていて、1階は、肉屋、魚屋、ハムや
チーズなどを売る食料品屋、ワイン、オリーブオイルも
売っています。 
2階は、新鮮な野菜や果物。
トスカーナの面白い食材がここにこれば見つかります。

c0077533_2084519.jpg
[PR]

シチリア州トラパニ:  塩田

いや~っ毎日暑いです。そう思いながら何気なく写真の整
理をしていたらシチリアの写真に目がとまりました。

大好きなシチリア! シチリアも暑かった~っ。
c0077533_642136.jpg

さてこれは何でしょう??雪?真夏のシチリアに雪??
これは塩田でございます。

シチリア西岸のトラパニからマルサラにかけては千年の昔
から自然海塩が採出されてきた地域。それは強烈なシチリア
の太陽と、汚染がなく他よりちょっぴり塩辛い地中海の水、
そしてアフリカから吹きつける乾いた風(シロッコ)が塩を
作るのに最適だからとのこと。

毎年春に塩田に引き込まれた海水を夏の強烈な太陽の下、
長い柄のシャベルで毎日毎日手作業でかき混ぜ、塩のピラミ
ッドを作っていきます。
(その光景は雪かきをしているかのよう。)

塩田に引き込まれた海水を、ゆっくり美しい塩の結晶にさ
せていきます。その結晶を洗浄や精製の過程を経ることなく
一定の大きさに挽いてできたのがこの海塩。
c0077533_7214192.jpg

カリウム、マグネシウム、カルシウム、ヨウ素など天然の
ミネラル分が豊富に含まれています。

塩には二種類あって粗い粒のグロッソと、それを細かく砕
いたフィーノがあります。イタリア人は、パスタや野菜を
ゆでる時には必ず粗い粒のグロッソを使って下味を決めます。
美味しい塩なしではイタリア料理の下ごしらえはできない?

しかし・・・ここだけの話。
この塩田での作業を見ていると、雨とか、汗とか、・・・・・
う~ん想像するとちょっと怖い。。。
いろんな物が混じっていそう。笑
[PR]