2週間前くらいのことが遠い昔に感じるくらい、みっちりと
内容が濃い日々を送っていました。

今年の夏は海外ではなくイタリアの海を堪能しました。
・トスカーナ州南部 (ティレニア海)
・ラツィオ州南部 (ティレニア海)
・カンパニア州 (ティレニア海)
・カラブリア州 (ティレニア海)
・プーリア州 (アドリア海)

ついつい海外旅行を考えてしまうのですが、イタリアには
綺麗な所が沢山!どの場所も既に行ったことがあるところ
ばかりなのですが、再認識するいい機会になりました。
(ちなみにまだ行ったことがない州はアオスタのみ)

まずはカンパニア州から
アマルフィ海岸
カプリ島
イスキア島
プロチダ島
ソレント半島
の辺りはもちろんのこと、さらに南部のチレント海岸は
最高に綺麗です。
c0077533_1911353.jpg


チレント海岸はカンパニア州南部のモッツァレッラの産地を
さらに南下した辺りです。
世界遺産にもなっている国立公園に指定されているこの一帯
は交通の便があまりよくないおかげで完璧には観光地化され
ておらず、いまでも素朴な雰囲気と美しい自然を楽しむこと
ができます。
c0077533_1939322.jpg

断崖絶壁の景勝に真っ青な海!最高です。
この近辺には沢山の洞窟があります。カプリ島の青の洞窟は
世界的にも有名ですが、パリヌーロ(Palinuro)に
も青の洞窟、赤の洞窟、修道士の洞窟などがあり必見です。
c0077533_1940772.jpg


c0077533_14315657.jpg

ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2014-08-24 01:51 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(0)

やっと夏休み!

7月は雨続きで夏らしさを感じないまま8月に突入。
c0077533_18154771.jpg


8月になると天候はともかく周囲はバカンスの雰囲気が
漂います。そんな中で仕事してましたが、でも周りが浮き
足立っている時はなんとなく楽しい気持ちになるものです。

私にとっての夏(休み?)やっと始まりました。
c0077533_1851977.jpg

c0077533_1871528.jpg

c0077533_1826441.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2014-08-18 17:58 | Varie(いろいろ) | Trackback | Comments(2)
仕事で海外(イタリア外)に行ってましたが、昨日イタリア
に戻ってまいりました。
しばらくブログの更新をしていませんでしたが、また復活
いたしますので宜しくお願いいたします。

出発前は風邪を引いて熱がでたり、耳が痛くなったり、声が
出なくなったりと大変でした。季節の変わり目ですっかり暑
くなり、持参した服の半分以上が季節はずれとなり出番なし
でした。

イタリアに戻ってきたら、すっかり夏になっていました。
日も長くなって20時30分でも明るいので得した気分
です。
c0077533_7392339.jpg



c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2014-06-09 07:29 | Varie(いろいろ) | Trackback | Comments(4)
こちらエミリア・ロマーニャ州のアドリア海のリゾート地。
イタリアからはもちろん、各地ヨーロッパ、最近ではロシア
からの環境客が多いとか。
遠浅で広い砂浜の海岸が果てしなく続きます。
シーズン中は沢山の観光客でごったがえします。
こんなに穏やかな雰囲気を味わえるのは貴重です。
c0077533_0593336.jpg

海水の綺麗さは・・・、個人的には海自体は綺麗だとは思わな
いのですが、リミニをはじめリッチョーネ、カットーリカと
いった町はありとあらゆる娯楽施設が大充実しています!!
平らで広い砂浜の海岸なので小さい子供がいる家族や、
スポーツを楽しむ人や、ナイトライフを楽しみにしている人
などにはもってこいです。

そんなリゾート地のオフシーズンに宿泊したホテル。
部屋に入ったら天窓付きで開放感!
さらになぜかバスルームではなくお部屋にジャグジーバス
タブが。笑
c0077533_15458.jpg

c0077533_16360.jpg

ちなみに・・・
お隣の部屋は普通の平らな天井で、茶色を基調にしたシックな
部屋でした。

海岸沿いを散歩。
砂浜にポツンと。
つかの間の静けさを堪能してるみたい。
c0077533_163723.jpg


c0077533_182244.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2014-03-31 00:11 | Emilia Romagna | Trackback | Comments(2)
イタリア屈指の高級リゾートポジターノ。
断崖にしがみつくパステルカラーの街並み、細い路地、青い
空、輝く海!
楽園という言葉が相応しい場所です。
c0077533_3273454.jpg

黄色と緑色のマヨルカ焼きのタイルが装飾されたドームを
持つサンタ・マリア・アッスンタ教会は町のシンボルです。
中世時代(10世紀)に建設されたベネディクト会の教会を
前身とし1777年から1783年に建設されたもの。
c0077533_2424859.jpg

この教会はドームだけでなく実は色々見所があるのです。

教会の内部に奉られている珍しい「黒い聖母」のイコン。
嵐を収める奇跡を起こしたといわれています。
c0077533_4171660.jpg


そして
中世時代の海獣のレリーフ。
教会の内装に使われていた物だといわれています。
頭部は犬?下半身は人魚?
c0077533_4175829.jpg

これ(↑)と似た(?)題材のモザイクがラヴェッロ
大聖堂にあります。優しい色合いの美しいモザイクです!

細かいパーツで作られた手書き風の迷路のようなモザイク。
(↓) 中に魚が迷い込んでます。
こんな所にさりげなくありますが・・
何を意味しているのか気になりますが不明。
現代のアーティストの物なのか、もしかして古代ローマ時代
の遺跡から出土したものでは?という説もあるようです。
c0077533_4213256.jpg


つい教会のことに話がそれてしまいましたが・・・
街を探索するのも楽しいですがこのようなリゾート地では
時間に余裕がある時にはせかせかと動き回るのではなく
ゆったりとした時間を過ごせたら贅沢ですね。

今回はリゾート地を満喫するという素敵な時間を過ごさせて
いただきました。(ありがとうございました!!)

宿泊するホテルによって街の印象もすっかり変わります。

例えばビーチそばのホテルは街を見下ろす絶景が見れません
が海を独り占めしたようなオーシャンビューは最高です。

海と街の素晴らしい絶景が見渡せても街へのアクセスが
悪い場合も。でもその分ホテルライフをしっかり楽しむこと
ができるでしょう。

こちらのホテルは海と街を一望できる最高のロケーション、
アクセスもよく、インテリアも全てセンスが良くリラックス
できました。
c0077533_246428.jpg

プールサイドでくつろぐ贅沢。
数日前の大雨が嘘のように、真夏日のような暑さでした。
c0077533_2472614.jpg

ドームがこんなに近く見える立地♪
海がある景色は個人的に大好きなのですがプラス美しい
街並みとセットになるとさらに最高です。
また、このドームはこの町のシンボルであることを再確認。
ドームが有ることで景色がさらに華やかになります!
c0077533_257361.jpg

夜景も綺麗ですが、昼の青い空&海は絶景。
c0077533_429079.jpg

こちらは別のホテル。
緑豊かな広々した庭園を持つ18世紀の建造物を改装して
ホテルに。敷地内に入らないと菜園やプールがあるなんて
想像が付かないものです。
特に観光客でごった返すシーズン中でも外の喧騒とは無縁の
贅沢な空間が存在しています。
c0077533_4295238.jpg


イタリア各地で悪天候が続いているなか、この日は
晴天!強運です。

夜には、ホテルから海岸へと続く細い階段(近道!)を下り
ていると、お腹に響く爆音が。ナポリでは騒音とか普通なの
であまり気にしてなかったのですが、2回、3回と鳴り続き
・・・、実は砂浜から花火が打ち上げられていたのでした。
c0077533_891067.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2013-10-07 02:28 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(2)

V meeting Fiat500 @ Positano

FIAT500が美しいポジターノの街に集結!
今年で5回目になるイベント。
2013年10月6日(日)
c0077533_7501.jpg

ずらっと並んだFIAT500がとっても可愛い!
c0077533_7204227.jpg

c0077533_7213291.jpg

アマルフィ海岸の断崖に張り付くように造られたカーブ
続きの細い道にFIAT500が勢ぞろい。
c0077533_7365764.jpg

c0077533_7324161.jpg

c0077533_7331473.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2013-10-06 06:42 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(2)

夏のバカンスno.2-2013

今はナポリにおりますが、バカンスの話も思い出しながら
書いていこうと思います。

今年もバカンスの行き先が前日まで決まらず。。。
行った先は去年も行ったけれどクロアチア。
昨年は北部を攻めたので今年は中部から入り北上ということ
に決定。
アンコーナ(イタリア)からスプリト(クロアチア)までの
フェリーが驚くほど格安で予約できました。
行きだけフェリーの予約をして、帰りは陸路でイタリア
に戻ることに。
c0077533_8204445.jpg


クロアチアの海は透き通っていてとても綺麗。
水は冷たいです!
c0077533_16213147.jpg

c0077533_1614479.jpg


付け合せはいつもフライドポテトが付いてきました。
旅行中にどれだけ摂取したか。。苦笑
c0077533_1615965.jpg

c0077533_16153460.jpg

まるで魚屋さんみたいですが
c0077533_16185083.jpg

これは陶器で出来ているんです。
少量ではなくこれくらいの量を大人買いして
飾ったら可愛いだろうな~♪
c0077533_16192045.jpg

c0077533_14315657.jpg

ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2013-08-28 16:22 | 海外編 | Trackback | Comments(8)

夏のバカンス

夏のバカンスを堪能中!
とはいえ、休暇をとったその日から急に仕事のメールが殺到。
WiFi環境がない場所だと気持ちが落ち着かないという、
全てを忘れてバカンスを堪能とまではいきませんが、堪能中。
海がすっごく澄んでいて綺麗です♪
c0077533_16551080.jpg

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2013-08-27 16:55 | 海外編 | Trackback | Comments(8)
続くと言ってから更新が遅くなってしまいました。
さて・・・青の洞窟。

まずはナポリからカプリ島の港マリーナグランデに到着し
切符売り場で洞窟に入れそうだということを確認。
青の洞窟へのアクセス方法として3パターンあります。
①王道!
マリーナグランデからモーターボートで青の洞窟側まで行く
そこで小型の手漕ぎボートに乗り換え(手漕ぎボート+洞窟
入場料)を払い洞窟へ。
②マリーナグランデからモーターボートでカプリ島を一周し
青の洞窟側まで行く。その後は①と同じ。
③船酔しやすい方にお勧め:
アナカプリ地区まで行き、階段を下りてそこから手漕ぎボー
ト乗って入場(もちろん手漕ぎボート+洞窟入場料を払う)

①の青の洞窟までの中型ボートは13€
②のカプリ島を一周する中型ボートは17€

それ程料金が変わらないし一周しましょうということになり
今回はカプリ島を一周!

青の洞窟のように小さい穴をくぐって中に入るというエンタ
ーテイメント性はありませんが、白の洞窟、緑の洞窟
赤の洞窟というものもあります。
(白の洞窟)
この洞窟の下までボートで入っていきます。
c0077533_3453876.jpg

(緑の洞窟)
この色!
水が透き通っているのでボートが宙に浮いているように
見えます!
c0077533_343197.jpg

ちなみに赤の洞窟とは、岩の周りに真っ赤な珊瑚が張り付い
ているためそんな風に呼ばれています。

ファライオーニといわれる岩群。
この穴を通過する時に願い事をするか、好きな人と
キスをすると恋愛が成就するとか。
c0077533_3531417.jpg

願い事しました(笑)☆ 
c0077533_3533446.jpg


青の洞窟に近づいてまいりました。
さて、ここで問題発生!

青の洞窟に入る順番待ちでモーターボートが沢山待機して
いるため、1時間以上待つことになるので、青の洞窟に入
らず帰ろうといいだしたのです。
耳ざとくこの言葉を聞いた私、なんとか阻止しなくてはと
戦いました。笑 

他の乗客の方で入る気満々の方達の人数も確認し、なんとか
他のモーターボートに乗り移るということで解決。
でもここまで来て入らないという人達が半分以上いたので驚
きました。私は何度も入ってますが、初めての方は入れる
チャンスがあるのであれば絶対に入りたいですよね?
せっかく日本から来て、側まで来て、入れる確率が少ないの
に今日は入れる!というそんな日に待つのが面倒だから入ら
ずにスルーするなんて残念すぎます。
このモーターボートに乗る際にも青の洞窟をスルーしないと
いうことを確認しておいたのに、こんなまだまだ油断は禁物
でした。笑

というわけで他のモーターボートに乗り換えて、ラッキーに
も直ぐに手漕ボートに乗ることができました。

洞窟の入り口付近
c0077533_443888.jpg


過去ブログ:青の洞窟編もご覧ください。

この日の青の洞窟!
c0077533_453941.jpg

やっぱり綺麗~!!!


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2013-07-18 02:53 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(2)

カプリ(CAPRI)島 part.1

楽園が続きますが、お次はカプリ島。
ナポリから南に30キロほどの所に位置するカプリ島。
こちらはマリーナグランデ 
船はこの港に到着します。
c0077533_191216.jpg


こちらのブログでも何回も書いておりますが、いつ来ても
美しいカプリ。

ナポリの周辺には美しい場所が多すぎて困ります。苦笑
ソレント、アマルフィ海岸の町々、イスキア島、プロチダ島
ナポリからほんの直ぐの場所に素晴らしい楽園があるん
ですから。

『青の洞窟迄のボート』のチケット売り場
なんと!憧れのカプリウォッチ☆☆
c0077533_19154130.jpg


手っ取り早く近場で海水浴を楽しむ方達。
c0077533_1923548.jpg


天気も良いし、波も荒くないし、水位も高くなさそう。
ということで今回も無事に青の洞窟に入れそうです。
(と・・・この時は安心していました。。。
イタリアでは油断は禁物です!!!!) 

続く・・・♪

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2013-07-16 19:11 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(4)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia