イタリアを楽しもう!

タグ:パノラマ ( 192 ) タグの人気記事

Il cimitero delle Fontanelle(フォンタネッレ墓地)

Il Cimitero delle Fontanelle
(フォンタネッレ墓地)

ここもナポリの歴史と密接に関わっている場所。
1600年頃まで町を建設するために必要な凝灰岩の
採掘場だった場所ですが、その後、1656年のペス
ト、1836年のコレラ等でなくなった方を葬るため
に使われ始め、埋葬されなかった遺体の骨や、収容
しきれなくなった骨を運び込む場として使われるよう
になりました。
c0077533_7525231.jpg


現在地はサニタ地区の一番奥。
古代ギリシャ・古代ローマ時代当時の町の中心から
少し外れた場所に位置します。

この写真は入り口です。
c0077533_81909.jpg


もともと迷信深いナポリの人々は、各自の好みで選ん
だ頭蓋骨を綺麗に磨いたり飾り付けをしたりして、魂
に向かって祈りを捧げるような願掛けのような行動を
しはじめました。
願いが叶ったときには、その頭蓋骨のお陰と考えられ
さらにその頭蓋骨を大切に奉るようになりました。
c0077533_8194291.jpg


これは先のガウディオーゾのカタコンベで紹介した目
を棒で突かれたキャプテンの頭蓋骨。
c0077533_8111430.jpg

再度ご紹介すると・・・
これには逸話があり、Fontanelle墓地に奉られている
頭蓋骨にお祈りに行っていた結婚前の女性に、ひょっ
として浮気をしているのではと嫉妬した彼氏がその
頭蓋骨の目に棒を突き刺し、その前で彼女に求婚し、
自分達の結婚式に招待すると罵声をはいたとのこと。
その後、結婚式の日にマントを着た骸骨が姿を現し、
新郎新婦はその場で死んでしまうというお話。。

この新婚夫婦の骨もこちらに納められています。

ところで・・・
一生懸命お祈りをする人々に対して、頭蓋骨も祈りに
応えようと努力をするので汗をかくと信じられてた
とか。(実際はこの洞窟内の湿気で頭蓋骨が湿る現象
なのですが)
こちらの頭蓋骨は磨かれてピカピカ。目の辺りが特に
湿っていて涙を流しているようだということで崇拝
する人も多かったとか。
c0077533_7585843.jpg


この墓地は長い間閉鎖されていましたが、一般に公開
されるようになり、ナポリで行われていた信仰や歴史
などもこうしてみることが出来るようになりました。

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

イタリアの大気汚染問題と雨

大気汚染問題が大きく取り上げられているイタリア。
特に大都市、ミラノ、トリノ、ナポリ、ローマ。

専門的なことは良く分かりませんが、
欧州で決められている浮遊粒子物質の環境基準
PM10の値が1日に50μm(マイクロメートル)
を超える日が1年のうちで35日以内であること。

この基準を超えたのが、ミラノ、トリノ、ナポリ、
ローマ、ボローニャ等、ミラノ近郊の都市。
ローマ南東のフロジノーネという市がミラノよりも
酷かったとか。

PM10とは大気中の浮遊する微粒子粒径が
10μm以下のもの。

この小さな粒子による大気汚染が取り上げられてい
ます。

2015年の特に後半は雨がほとんど降らなかったた
め大気汚染が深刻化しました。

そこで年末年始に各地で交通規制が行われました。
ナポリも然り。ただ突然31日になって「1月2日~
6日まで、排ガスの基準を満たさない車の通行禁止」
とのお触れが。ただそんなことを無視して走っている
車も沢山見かけました。

イタリアでは何カ月も雨が降らず年明けから天気が
崩れると予報されていましたが、ナポリでは2日、
3日にパラパラっと雨が降った途端に「この雨のおか
げで大気汚染解消した」とのことで交通規制も解除。
ありえない。。Σ(゚д゚lll)
こんなことでは大気汚染が改善される兆しは全く
見えてきません。。。。
c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

Catacombe di San gaudioso(サンガウディオーゾのカタコンベ)

Catacombe di San Gaudioso
(サンガウディオーゾのカタコンベ)
c0077533_103765.jpg

今年はもっとイタリアのことをご紹介できるように
色々な場所をクローズアップしていこうと思ってい
ます。

ナポリは風向明媚な景色や下町の騒がしい雰囲気
など色々な顔を持っていますが、ナポリの深い歴史を
垣間見ることができる場所のうちの1つ、カタコンベ
へ行ってきました。

サンタ・マリア・デッラ・サニタ教会の地下にある
地下墓地。
『サン・ガウディオーゾのカタコンベ』

ナポリの中でもかなり下町の地域、あまり治安がいい
場所ではないのですが、最近は観光客も増えています
。多くのモニュメントがいつ開館しているのか明白で
はなかったり、あまり観光に積極的ではない雰囲気
だったのですが、このカタコンベは新しい団体が運営
することになってから、若いやる気のあるスタッフや
ガイドのお陰で沢山の観光客を惹きつけています。

17世紀に建て直されたこの教会の地下は2~10世
紀頃まで地下墓地として使用されていました。

有力者一家の墓地は個室になっていて、Arcosolio
(アルコソリオ)と呼ばれます。

個室を持てない庶民はLoculo(ロクロ)と呼ば
れる場所に安置されていました。
なんとなく寝台車やカプセルホテルのような形。

このカタコンベの名前の由来となった
聖人ガウディオーゾの遺体も安置されています。
c0077533_115162.jpg


これは座った状態で壁に押し込んだ形で安置する墓所。
c0077533_12262.jpg


遺体の中でも頭は価値のある重要な部分とされていた
ので、漆喰に頭蓋骨を埋め込み、他の部分は絵を描く
という埋葬法がされていたそうです。性別や、生前の
職業や身分も分かるようになっています。
c0077533_134090.jpg

c0077533_19188.jpg

手を繋いだこちらの壁画は夫婦。
c0077533_193245.jpg

これには逸話があり、Fontanelle墓地に奉られている
頭蓋骨にお祈りに行っていた結婚前の女性に、ひょっ
として浮気をしているのではと嫉妬した彼氏がその
頭蓋骨の目に棒を突き刺し、その前で彼女に求婚し、
自分達の結婚式に招待すると罵声をはいたとのこと。
その後、結婚式の日にマントを着た骸骨が姿を現し、
新郎新婦はその場で死んでしまうというお話。。

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

新年明けましておめでとうございます。2016年

新年明けましておめでとうございます。
2016年も宜しくお願いいたします。

大晦日の昼
快晴のナポリ。
ポジリポからの眺めは最高です。
友人と挨拶がてらアペリティーボ。
c0077533_5371076.jpg

カウントダウンを待たずに既に各地でお腹に響くような爆音で
爆竹や花火が打ち揚げられています。
c0077533_5385122.jpg

大晦日は友人宅で夕食。
なんとか無事にたどり着きました。
カウントダウンと共に花火が鳴り響きます。

その後、卵城から打ちあがる花火を見に行きました。
45分にわたり打ち上げられた花火はとても綺麗
でした!
c0077533_5403978.jpg

2016年も健康で笑顔一杯の1年であります
ように!
今年も宜しくお願いいたします。

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ


[PR]

2015年 振り返り part3

2015年を振りかえって・・・
part3

・今年の夏は猛暑。とっても暑かったです。
ただ、その後適度な雨も降ったため今年のブドウは
最高の出来となりました!
ブドウの収穫時期も例年より早まりました。
c0077533_2104899.jpg


・多くの海外の取引先がワイナリーを訪問してくれ
ました。
実際にどこで誰がどんな風にワインを作っているのか
見ていただくことができるのは嬉しいことです。
ワインに合わせて地元の美味しい料理も堪能して
いただきました。
c0077533_2244592.jpg


・なかなかゆっくり観光する機会がないローマの
観光地を改めて訪れる機会もありました。
c0077533_23832100.jpg


古代ギリシャ・ローマ時代の遺跡好きです。

・お陰様でポンペイの遺跡へ行く機会もありました。
この日も暑く、脱水症状を起こしそうなくらい。
大好きなスポットは沢山あるのですが、
その内の1つ 『パン屋』
敷地内には粉を挽く石臼があり、今の薪窯の原型とも
言われる煉瓦でできた窯でパンを焼いていました。
c0077533_2351353.jpg


・窯といえば、ナポリピッツァ!
今年も沢山ナポリピッツァを食べ歩きました。
c0077533_2552462.jpg


・秋には出張で日本へ行きました。

銀座三越、梅田阪神、渋谷東急東横の
催事にて、弊社のワインを取り扱ってくださっている
輸入会社の方とともにブースにてワイン販売をいたし
ました。
友達をはじめ沢山の方が来てくれて嬉しかったです。

・一旦イタリアに戻り、2週間程イタリアで仕事を
して次はバンコクへ出張。

20年以上前に行ったきりのバンコクは驚くほど
変わっていました。
今回は駆け足だったので、次回はゆっくり町を
見て回りたいと思っています。

ここでも新しい出会いの機会を頂きました!
人との繋がりに心から感謝です。

とにかく有名な所は押さえておこうと限られた
時間を駆使してちょこっと観光しました。
バンコクは渋滞が凄いので、水上バスで移動
してみました。
c0077533_3192010.jpg

街並みはすっかり変わったものの、王宮や寺院は
変わっていなくてほっとしました。
c0077533_3214584.jpg

c0077533_3241812.jpg

c0077533_3305266.jpg

絶対に又戻ってくると心に誓って帰ってきました。

続きます・・・・。
c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

2015年 振り返り part2

2015年を振りかえって・・・
part2

・7月にはコンクリートにヒールがめり込むくらいの
暑さの中、ミラノで開催されたEXPOへ。
期間:2015年5月1日~10月31日開催
テーマは「食」。世界の食の紹介、食料廃棄問題や
未来の地球のための各国の活動が伝えられました。
また、建築においても環境に優しい素材や建築法など
も工夫が取り入れられました。
c0077533_23241728.jpg

c0077533_2325101.jpg

日本館が大人気だったのが印象的でした。
連日長蛇の列ができていました。
c0077533_23254138.jpg

c0077533_23272352.jpg

イタリア人から日本文化を少し理解するようになって
きたのを感じて嬉しく思います。

・開催前の4月25日にネパールで大地震があり、
今なお復興活動が続けられています。

・夏にはシチリアのブドウ畑の様子を見に行った際
にモンタルバーノ刑事の家も見に行きました。
お楽しみのグラニータは欠かせません。
c0077533_2301831.jpg

c0077533_2322836.jpg


・シチリアのドライトマトの工場。圧巻でした。
まるでお花畑!
c0077533_23311942.jpg


・バカンスはトルコのリゾート地へ。
海の美しさにしばしリラックス。
(でもどうしても仕事から100%離れてOFFに
なれず・・。ダメだとは分かっているのですが。。)
c0077533_23364123.jpg

トルコで紅茶を飲む際のグラス。持ち手がないので
熱くて飲むのが大変だけれど定番のグラス。
可愛くてお気に入り、セットで購入。
c0077533_23442941.jpg


・9月にはナポリで毎年開催されるナポリピッツァ
世界選手権のコーディネートを今年も任せて頂き、
皆さんの大健闘を応援してきました。
c0077533_23485562.jpg


続きます・・・・。

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

2015年 振り返り part1

2015年もあと数日。
今年も色々なことがありました、色々な場所に行きました、
そして、沢山の方との出会いがありました。

振り返ると・・
・2月には大雪が降り大変でした。
来客と打ち合わせ中でしたが、皆で急遽下山。
(会社は標高650mの場所にあります)
c0077533_9525051.jpg

ブドウ畑も真っ白!
綺麗!・・などとその時には言っていられず
慣れない雪道を運転するのに必死でした。
c0077533_9531872.jpg


・仕事では新しい同僚が入社し、突然別の同僚が辞める等
の動きもあり、環境にも変化が。

・仕事でミラノに行き、ガッレリアの屋根上を歩くという
貴重な体験もしました。
c0077533_1092648.jpg
c0077533_1095978.jpg


・この頃ワインの試飲会や顧客訪問で重いワインの
カートンを運ぶことが多く、左手首を痛め何ヶ月も痛み
を引きずりました。

・春には海外出張で日本、ヴェトナム、シンガポールへ
出張に行きました。

アジア諸国へはこのようにイタリアから出張で行くことが
なければ、なかなか行くチャンスがなかった国が多く
新しい経験ができることに感謝。
(アジアには日本在住中に観光旅行で、香港、韓国、タイ
、インドネシアに行ったことがあるだけでした)

:初シンガポール
町の綺麗さに感動
c0077533_10142968.jpg

c0077533_1015179.jpg

:料理が美味しく、この喧騒がたまらないヴェトナム
c0077533_10153635.jpg


続きます・・・。

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

アグリツーリズモでランチ

11月ですが、日中は暖かい日が続いています。
寒がりの私にとっては過ごしやすく最高な気候です。
(丘陵地では夜にはぐっと気温が下がりますが・・)

アグリツーリズモにてランチ。
自然に囲まれた場所でのびのびと暮らす動物達。
巨大な豚も沢山。
c0077533_085342.jpg

この豚さんたちから作られた美味しいサルシッチャ。
c0077533_0102667.jpg

羊のお肉も炭火で焼かれてとても美味しい。
c0077533_093950.jpg

順番が逆になりますが、しっかり煮込まれたラグーも
美味でした。
ボリューム満点。
c0077533_0113564.jpg

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

Il Commissario Montalbano(刑事モンタルバーノ)

もう何年もこの地域には頻繁に来ているのに、まだ行けて
いなかった場所へ行ってきました!

TVドラマ 刑事モンタルバーノ
イタリアで知らない人はいないくらい有名な刑事物シリーズ。

舞台はシチリアの主にラグーサ。
人情物というストーリーに加えてシチリアの方言や、美しい
風景、美味しそうな料理も見られるので気に入って見て
います。
今回見てきたのは、
海岸に建つ大きいバルコニーがあるモンタルバーノの家。
こんな風に何度も登場します(↓)
c0077533_2215785.jpg

ここです!!
c0077533_21525480.jpg

ちょっと感動! 072.gif
c0077533_2244072.jpg


行った人からは撮影の時には海の感じや風景などを上手に
撮っているので、実際に行ってみるとかなりガッカリする
よって言われていたからか、がっかりはしませんでした。
ただ、ここがB&Bになっていてテラスにお客さんがいた
ことに少しがっかりだったかも。

モンタルバーノ効果はあるようで、モンタルバーノと名乗る
お店や商品もあったり、綺麗なBARなどもできているのも
そのおかげのようですが、それでもまだまだ完璧に観光地化
されているわけではなくて嬉しく思いました。




c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

Infiorata(インフィオラータ)

イタリアの各地で、この時期行われる花祭り
Infiorata(インフィオラータ) 
c0077533_193521100.jpg

お花のカーペットで知られるインフィオラータ。
その発祥は実は宗教的な儀式に由来します。

まずボルセーナの奇跡について:
ボルセーナはラツィオ州のボルセーナ湖にある町

1263年ローマへ巡礼に向かう途中のボヘミアの司教は、
ミサのときに行われる聖体拝領で授けられるパンとブドウ酒
がキリストの肉と血に変わるという『聖体変化』に疑いを抱
いていました。
そのボエミアの司教がこの聖体変化に疑念を持ちながら、
このサンタ・クリスティーナ教会でミサを行っていると2つ
に割った聖体のパンから血が滴り聖体布を赤く染めました。
この事実を知った時の法王ウルバーノ4世は翌1264年
に聖体祭(コルプス・ドミニ祭)を制定し、この奇跡の聖体
布を納めるためオルヴィエートの大聖堂が建てられました。

コルプス・ドミニ(聖体祭)といえば・・・
ボルセーナの奇跡の知らせを聞いた法王ウルバーノ4世は血
に染まった司教の祭服等を自身の元に届けるよう指示しまし
た。法王の下に向かう司教達に対して、町の人たちが道に花
びらを撒き「キリストの聖体」に対して敬意を表しました。
翌年の1264年、法王は聖体の祝日を制定し、この日のみ
聖体の儀式を屋外で行う事が認められたのだそうです。

イタリアの各地で、この時期行われる花祭り
(infiorata:インフィオラータ)はこの出来事が
発端となり、聖体の祝日に聖体が通る道筋に花びらを撒く事
が各地で習慣となりこれが今日の花祭りの起こりとなった
のです。

発祥と縁のあるボルセーナのインフィオラータを見てきま
した。

色とりどりの花や植物を使いモザイク画のように丁寧に並べ
ていきます、暑い中の作業は大変そうでした。
c0077533_19354953.jpg

c0077533_19435121.jpg

花びらの色だけでなく、形も活かして綺麗に並べられて
いきます。
c0077533_2061128.jpg

c0077533_19484838.jpg

c0077533_19334730.jpg

c0077533_19343237.jpg

大きい作品の前には脚立が置いてあり、高いところから見学
できるように工夫されています。
c0077533_19583353.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]