イタリアを楽しもう!

タグ:パノラマ ( 192 ) タグの人気記事

Pitigliano (ピティリアーノ)

Pitigliano(ピティリアーノ)は、Toscana州南部の内陸にあります。
(Lazio州との境近く)
この町は、凝灰岩の町、又、古代エトルリア人とユダヤ人との関係が深い町
ということで知られています。
Capalbioの町を探索している時に、やけに町に詳しいお兄さんがいて
知り合いを案内しているようでした、そこで「この町に住んでいるのですか?」と
尋ねたところ、Pitiglianoという町に住んでいて、そこは凝灰岩の町で、
まるでプレゼーピオ見たいな素敵なところだという返答がありました。
そう聞いたら、行かないわけには・・・・
というわけで、次の日早速足を伸ばしてみたというわけです。
突然現れたこの景色!
c0077533_1821933.jpg

Pitiglianoの基礎は古代エトルリア人が造り、周辺に遺跡が残っています。
ローマカトリックの強大な権力によってユダヤ人は常に迫害を受けていました。
Pitiglianoは非教皇領だったため、多くのユダヤ人が流入してきたそうです。
1799年のナポレオン支配時代や1930年代のユダヤ人迫害時代、又、
第二次大戦時も多くのユダヤ人をかくまってきたそうです。
というわけで、今でもPitiglianoにはゲットーの跡地や
ユダヤ教の礼拝所であるシナゴーグが残っています。

凝灰岩の町といえば、南イタリアバジリカータ州の
Matera(マテーラ)
の「サッシ」と呼ばれる凝灰岩に穴を開けて作られた
洞窟住居がある旧市街地区が有名です。
Pitiglianoは、マテーラに比べてもっと整然としていて建物も綺麗に
修復されていました。メインの通りは車も通ることができるようです。
c0077533_1842018.jpg

c0077533_18322997.jpg

CapalbioのあのこじんまりしたイメージやMateraの修復されてはきている
けれどまだ廃墟的な(もちろん今は廃墟ではないですよ!)
イメージが強かったからか、あら?(思っていたより)綺麗な町だ!と、
いうのが感想でした。しかし、とても興味深い場所だと思います。

というわけで町探索はここまでにして、
Cinghiare(猪)のサラミやソーセージ、この土地のワインを
探し始めることにしました。 続く・・
[PR]

Il giardino dei Tarocchi (タロット・ガーデン)

Capalbio(カパルビオ)の近くに、タロットガーデンという美術館が存在している
ことを知ったのは、帰ってきてからでした・・・。 悔しい・・・苦笑
c0077533_18392870.jpg

ニキ・ド・サンファル
1930年、アメリカ人の母とフランス人の父の間に生まれた彼女は、
25~26才(1955~56年)に、ガウディの建造物などに衝撃を受け、
1998年にはタロットカードをモチーフとした作品を配置した彫刻の庭園
「タロット・ガーデン」をイタリアのトスカーナの地に、20年の歳月をかけて
完成しました。2002年、アメリカ、カリフォルニア州にて死去。71歳。

お恥ずかしながら、Capalbioの旧市街である城砦のまん前に
こんな広場(↓)があり、なぜ彼女の作品がここに?と思っていました。
c0077533_18243678.jpg


あとで、知ったことですが、Tarot Garden(タロット・ガーデン)という
彼女の作品が野外に立ち並んでいる展示してある美術館は、
ここから目の鼻の先にあったのです。
遠く日本からも沢山の方達が訪れているようです。
電車ではCapalbioという駅からタクシーに乗るしか方法がないくらい
不便で皆さん苦労されているとのこと。
こんな側まで来ていながら訪れなかったことがとっても残念です。
というわけで、また機会を見つけて行ってみようと思っています。
[PR]

Capalbio(カパルビオ)

先日のブログに書きましたMonte Argentarioの近くに、
Capalbioという町があります。
お勧めのレストランを紹介されて行ってみたのですが、
町に着いてみて感動!旧市街は中世の城砦の中にあります。
c0077533_16572837.jpg

狭い道は迷路のようになっていて、誰かのお家に入ってしまうのでは?
というような小道を歩いていくと小さな広場に出たり、
(奥は行き止まりみたいでしょ?道が続いているんですよ~)
c0077533_16583540.jpg
さらに!!
まさに私有地であろう階段を上っていったら城砦の城壁の上に立っていました!
これには大感動!気に入った~♪
c0077533_16593819.jpg
家のドアを開けて外に一歩でたら城壁の通路・・・なんて素敵なんでしょう。
c0077533_171158.jpg
城壁内部の一番広い広場(?)も、とっても可愛い。
c0077533_17181348.jpg

住んでいる方達も、こうやって見られることに慣れているからか
お家の前にお花を綺麗に飾ってあったり、
c0077533_1764558.jpg

こんなユーモアも♪(ワンちゃんが地面に頭を突っ込んでいる置物と、
階段の上にはねずみと蛇の置物が)
c0077533_1771158.jpg

その後、この町の近くで事件があったとか、イタリアの中で一番綺麗な海は
カパルビオ というニュースを聞いたり、今まで名前さえ知らなかった町に
急に親近感がわいているこのごろです。
[PR]

Loro Ciuffenna (ローロ チュッフェンナ)

トスカーナ州、Arezzo県にあるLoro Ciuffennaという町へ行ってきました。
(Firenzeから40km、Arezzoから25km)
小さい町ながら、観光客が絶えないというのが行ってみてよくわかりました。
昔からの建物を積み上げたようなが可愛らしい町が見えてきます。
c0077533_172886.jpg

近づいて橋から下を見てみると谷間に川が流れています、
古くからの水車もあり、とても風情あり。
c0077533_175061.jpg

c0077533_1194647.jpg

橋を渡って町に入って、ひしめき合った建物の間の通りを歩いてみました。
可愛い~。でも小さい町なので、あっという間に散策ができました。
行き止まりのようですが通り道がありました。(写真下)
c0077533_1233217.jpg

イタリアってどこに行ってもそれぞれ特徴(町並みにしても、
食べ物にしても)があって面白いです。
まだまだ沢山行っていない場所があるので、
これからもいろいろな所へ行きたいと思います。
[PR]

結婚式

 知人の結婚式に行って来ました。
もう10月末、というかあと数日で11月というのに真夏の
ような暑さ。海に行こう♪ という誘いがかかるくらい。
 教会での式は朝10時に行われ、パーティーは13時から、
海が眼下に広がる素敵な会場で行われました。
c0077533_7355494.jpg

天気もよく (繰り返しますが、真夏並みの暑さでした)
テラスでのBuffe'はとても心地いいものでした。 
c0077533_3581056.jpg

 ところで、普通13時に始まったパーティーは何時に終了
すると思いますか?
大体の予想はしていたものの、予想をはるかに上回りました。
13時30分から始まったBuffe'が終り、室内に入って席につい
てランチが始まりました。
が、給仕に時間がかかるのと、料理の品数が多いのとの相互
作用で、ランチ(?)が終了したのが19時。
c0077533_7371597.jpg

それから再度テラスに出て、ウェディングケーキのカット。。 
c0077533_74014100.jpg
友人代表のスピーチとか、出し物とか、歌を歌ったりとかそう
いったことはおこなわれないので、(お色直しもなく、
ウェディングドレスのままというのが一般的のようです)
ひたすら食べながら、話しながら時が流れていきました。
 しかし、天候に恵まれて本当によかったと思います。
彼らは、次の日早朝からブラジルへ新婚旅行とのこと。
[PR]

Bassano del Grappa(バッサーノ・デル・グラッパ)

Bassano del Grappa

 この町はその名の通りグラッパで有名です。
c0077533_1782110.jpg

町の見所である、Ponte degli Alpini(アルピーニ橋)は、
木造の屋根がついた橋です。13世紀に建設されて、現在の橋
は第二次世界大戦の際に爆破されて架け替えられものだ
そうです。この橋は車は通れません。
c0077533_16582835.jpg

アルプスからの自然に囲まれた美しい町。
c0077533_1659435.jpg

ここに来たからには、グラッパ博物館ははずせないでしょう!
ということで、行って来ました。親切な係員の女性に依頼し
て、ビデオを見せていただき、熟成もののグラッパ等を試飲
させてもらい、楽しい気分になれます。
(アルコールが入ったからではありませんよ)
c0077533_16573497.jpg

[PR]

Venezia(ヴェネツィア)

 修復中だった Torre dell' Orologio
やっとこの夏(?)完成しました。(下)
c0077533_2373878.jpg
 
 ついでに、サン・マルコ広場。(下)
c0077533_23103534.jpg

 鐘楼をカメラに収めようとすると、普通のカメラでは
これくらい後ろにさがらないと入りきらないんですよね。
しかしやっぱり鐘楼の高さは高い・・・。
いつ行っても鐘楼に登るための長蛇の列ができています。

c0077533_23281252.jpg

 この橋はPonte dei Sospiri(溜め息の橋)です。(上)
Palazzo Ducale(ドゥカーレ宮殿)から牢獄へと繋がって
いる橋です。
(向かって左がドゥカーレ宮殿、右が牢獄)
当時、この牢獄の地下は満水時には水牢になったり、
この橋を渡って牢獄へ入った者は二度とでてこれないといわれ
ていたそうです。この橋から最後の別れを惜しんで溜め息を
ついたということからこの名前がきているそうです。
(しかし、かの有名なカサノヴァはこの牢獄から脱獄したと
いわれていますが・・)
 そんな切ない気分を実際に体験することができます。
ドゥカーレ宮殿の美術館から溜め息の橋を渡って、
牢獄(もちろん現在は牢獄として機能していません)へ入る
ことができるのです。
c0077533_23135398.jpg
これはPonte dei Sospiri(溜め息の橋)からのサン・マルコ運
河の眺めです。(上)
(向かって右がドゥカーレ宮殿、左が牢獄)
外部の喧騒が聞こえない、石でできた冷たい牢獄を歩いている
と、なんだかぞっとします・・・が、好きで何度も訪れて
います・・・。苦笑
[PR]

Venezia(ヴェネツィア):パノラマ

 またまたVeneziaでございます。
今回は・・・ふふふふ。 またもや搭の上からのパノラマ。
VeneziaのCampanile(鐘楼)はサン・マルコ広場にあります。
高さ96.8m。ここは階段ではなくエレベーターで屋上まで
登れます。
エレベーターであっという間に上に上がれてしまうのは素っ気
無いな~と思うのは私だけ?
c0077533_2229352.jpg

 登ったときに、鐘が鳴り出したからさあ大変、耳がおかしく
なるほどの大音響。
あまりの音の大きさに、泣き出しちゃう子供も!
屋上の売店の人は慣れたもので、ちゃっかりとヘッドポンをはめて防備!
(左: おとなしくしていたときの鐘)          (右:大騒ぎをしている鐘)
c0077533_22162075.jpgc0077533_22202086.jpg

鐘楼の屋上から、ヴェネツィアの見事なパノラマが見れます。
サン・マルコ広場の顔とも言える、異国情緒たっぷりのクーポ
ラをもつBasilica di San Marco サン・マルコ寺院。
c0077533_2234115.jpg

巨大なサン・マルコ寺院、運河、ごちゃごちゃとした迷路の
ような街並みを一望できる素敵なスポットです。
[PR]

San Gimignano(サン・ジミニャーノ):パノラマ

 続けて高台からのパノラマバージョン。
今回は サン・ジミニャーノのTorre Grossaからです。

 サン・ジミニャーノは搭の町と呼ばれています。
貴族達の富と権力のシンボルとして次々と建てられていった搭
は最盛期には70を超えたそうですが、今は14となっています
。その中でも唯一一般に公開されて登ることができるのが、
7つの搭に囲まれたDuomo広場にあるポポロ宮に隣接してい
54mの搭、Torre Grossaです。(下の写真)
c0077533_1132952.jpg

搭から、城壁に囲まれた中世情緒溢れる街並みが一望できま
す。(下の写真)
真ん中を走っているのがメインストリートのサン・ジョバンニ
通りです。どの方角を見ても、搭が見えます。
昔70も搭が建っていたころに見てみたかったな~。
c0077533_1153027.jpg

この搭ももちろん階段で上り下りです。笑
どうしても高いところに登らないと気がすまないのです~。 
この町の特産品は・・・白ワインVernaccia di
Sangimignanoです。
今回ここを訪れたのもそのため?!笑
[PR]

フィレンツェ:Campanile di Giotto(ジョットの鐘楼)

 移動途中、フィレンツェのS.Maria Novella駅にて1時間弱
待ち時間がありました。イタリアに来るのが初めての同僚に
ぜひフィレンツェの見所を見てもらいたい!ということで、
早速出動。
 Duomo前で写真を撮り、Signoria広場へ行き、
Ponte Vecchioにて写真を撮り、イノシシの鼻を触って
もらい(笑)、さらには、念願の高台から街を眺めてもらう
ためにCampanile di Giotto(ジョットの鐘楼)に登りました。
Duomoからの眺めも素敵ですが、こちらに登ると
Duomoのクーポラを含めた景色が眺められるので、お勧め。
c0077533_23323275.jpg

高さは82m。 階段414段。 
 さて、電車が出るまでに残り30分弱くらいしかないのに
登って降りてこられるのか・・降りることができても駅まで
たどり着くのか・・・。途中まで登ってみて、時間的に無理
そうならやめようといいながら登ったものの、せっかくここ
まで登ったんだからという、”もったいない~(笑)” 
という気持ちから、まだまだいける!というかけ声のもと、
登ってきました。息は絶え絶え・・・。
登りきった嬉しさと同時に、足はがくがく。
景色を一瞬で目に収め、直ぐに降りにかかりました。
ところで、階段って降りるほうが大変なんですよね~。
その後は、息を切らせながら駅まで走りこみました。
せっかくだから、イタリアの見所をたくさん見てもらいたい
と思うのですよね。
しかし疲れた~。
次の日太ももが痛かったのはもちろんです。笑
c0077533_23313734.jpg
これは
息も絶え絶えに疲れで震える手で撮った搭の上から
の景色です。
(小さくて見えませんが、Duomoのクーポラの上に登っている
人がたくさんいました)
[PR]