タグ:シチリア ( 36 ) タグの人気記事

すっかり更新が滞っておりますが、
夏季休暇をとってプチバカンスに行ってました。
その話はまた記載することにして、シチリアの話の続き。

シチリアの南東部にあるパキーノ産のトマトはサクランボ
のような形をしているのでチリエジーノとも呼ばれます。
甘味も強くてとっても美味しいです。

さて、今回はドライトマトの生産工場を見てきました!
パキーノ産の小さいトマトや、細長いトマトなど数品種の
ドライトマトを作っています。

圧巻!花畑のようです。
c0077533_0361340.jpg

近くで見てみると・・・
このトマトが天日干しされて
c0077533_0472758.jpg

こんな風になるんです。
旨みが濃縮されて美味しくなります。
c0077533_0462171.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2015-08-18 23:48 | Sicilia(シチリア) | Trackback | Comments(0)
もう何年もこの地域には頻繁に来ているのに、まだ行けて
いなかった場所へ行ってきました!

TVドラマ 刑事モンタルバーノ
イタリアで知らない人はいないくらい有名な刑事物シリーズ。

舞台はシチリアの主にラグーサ。
人情物というストーリーに加えてシチリアの方言や、美しい
風景、美味しそうな料理も見られるので気に入って見て
います。
今回見てきたのは、
海岸に建つ大きいバルコニーがあるモンタルバーノの家。
こんな風に何度も登場します(↓)
c0077533_2215785.jpg

ここです!!
c0077533_21525480.jpg

ちょっと感動! 072.gif
c0077533_2244072.jpg


行った人からは撮影の時には海の感じや風景などを上手に
撮っているので、実際に行ってみるとかなりガッカリする
よって言われていたからか、がっかりはしませんでした。
ただ、ここがB&Bになっていてテラスにお客さんがいた
ことに少しがっかりだったかも。

モンタルバーノ効果はあるようで、モンタルバーノと名乗る
お店や商品もあったり、綺麗なBARなどもできているのも
そのおかげのようですが、それでもまだまだ完璧に観光地化
されているわけではなくて嬉しく思いました。




c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2015-07-30 21:38 | Sicilia(シチリア) | Trackback | Comments(0)
c0077533_2185269.jpg

シチリアのブドウ畑の様子を見に行きました。
暑いので早朝から。

この地域はネロダヴォラの産地。
すくすく育っています。期待できそうです。

その後は毎朝お楽しみのグラニータの朝食。
地元人お勧めのバールにて
カッフェ&アーモンド さらに生クリームのせ。
絶妙!美味しい♪♪
この滑らかさ、適度な甘さ。最高です。
ブリオッシュを浸して食べます。

朝から暑い中仕事をしたので(笑)、お昼から海へ行って
きました。
海に浮かぶ家!?どこに行くにもボートが必要?
想像するだけで楽しくなります。

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2015-07-28 02:11 | Sicilia(シチリア) | Trackback | Comments(2)

3年ぶりのシチリア♪

大好きなシチリア。
私の初イタリア旅行はシチリアでした(&マテーラ、アルベ
ロベッロ)というかなりマイナーなチョイス。

その後もプライベートや仕事などで何度も訪れていますが、
ここ数年行くチャンスを逃しておりましたが
行ってきました、3年ぶりのシチリア♪♪
仕事ですが楽しみもプラスして堪能してきました。

今年はイタリア中猛暑で、気温だけでなく湿気にやられて
いる気がします。
ところが、シチリアに着いて感じたのは、ジリジリと暑い
ものの、湿気が少ないからでしょうか、本土よりも過ごし
やすいという印象。
(それでも地球温暖化で年々湿気が高くなっている気が
しますが)

到着地はカターニア空港、目指すはシチリアの最南東。
目的地に到着し1つ目の打ち合わせ終了後は
これ!
グラニータ。
私はピスタチオとアーモンドを。
クリーミーで美味しい!
c0077533_16592323.jpg

c0077533_16595280.jpg

まだまだ続きます。
c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2015-07-27 16:28 | Sicilia(シチリア) | Trackback | Comments(0)

シチリアへ

シチリアに来てます(本日到着したばかりですが)。
連日40℃以上あったという気温が一昨日から20℃も
下がり今日は22℃。 天気悪っ。

仕事で来てるのですから、天気が悪くたって、
海に行けないような曇り空だって、
・・・・・平気。
くぅ~!!!残念~!!!!

明日は晴れるかな??

今日はローマの空港から飛びましたが、さすがアリタリア
期待を裏切らず(苦笑)2時間遅れ。
しかも、「気流が悪いため飲み物のサービスも無し」と
アナウンスが入りました。021.gif

c0077533_109471.jpg



c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2012-07-23 13:00 | Sicilia(シチリア) | Trackback | Comments(4)
青の洞窟を堪能した後は、ビールをチューといわせて待って
いてくれたEさまと合流。

カプリ島はカプリ地区とアナカプリ地区に分かれています。
カプリ地区はケーブルカーでアクセスすることができるし、
坂道を歩いて行くことも可能!ただ、アナカプリ地区は
すごい断崖になっているので、普通は歩いては無理。
そこで
まずはカプリ地区にケーブルカーで登ってそこからバスに
乗って向かうかタクシーという手段になります。
(でも一度アナカプリ地区から歩いて港まで戻ってきたことが
あります。
その時はさすがに疲れました、道幅も狭いので通行する車に
邪魔だ!という意味を込めてクラクションを鳴らされまくり。
もうそんなことはしないと誓いました!笑)

今回はなんと優雅にタクシーで!
そして折角タクシーで行くならオープンカーに乗りたいよね
ということで、運転手にお願いして、この通り(笑)
取り外し作業をしてくれています。
c0077533_136671.jpg

アマルフィ海岸も断崖に沿って作られた道幅が狭い道ですが
こちらも負けていません。
c0077533_136321.jpg

眼下にカプリ地区や港が見えます。
c0077533_13724.jpg


アナカプリ地区のレストランでランチ。
魚介のサラダ
c0077533_1465657.jpg

この地域の手打ちパスタ: シャラティエッリ
うどんのようなコシのあるパスタです。
マテ貝・ムール貝・アサリがどっさりで贅沢。
c0077533_1471950.jpg

リング状のイカみたいな形のパスタ。
見た目も可愛いです。
パスタの産地グラニャーノのコシがあるパスタです。
c0077533_1474240.jpg


その後、カプリ地区に降りてきて中心の広場へ。
さっきまでいたアナカプリ地区の上空は黒い雲が・・!
c0077533_221670.jpg


こちらのジェラッテリアはコーンをその場で焼いてくれます。
香ばしい香りにフラフラとつられてしまいます。
c0077533_2215248.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2012-04-24 02:04 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(6)
シチリアに来たからにはウニも堪能。

知人を誘ったのですが・・・。
先日、パンとワインを持参して猟師さんの所へ行き、猟師さん
が獲るウニをその場で割ってもらいバクバク沢山食べたので
暫くウニは見たくないと・・。
なんと贅沢な。そんな機会があったら誘って欲しいです。

ちなみに過去にプーリア州でこんなウニの食べ方をしました。
知人もこんな風に食べたのかな?いやいや・・もっとワイルド
に海から引き上げたと同時にパクついていたに違いない。

さて、こちらはスパゲッティーで。
c0077533_17365810.jpg


こちらはリゾット。
実はリゾットで食べたのは初めて。
c0077533_17371947.jpg


そして!リリーさんにデザインしてもらったウニ
c0077533_17393392.jpg

ちょこんと名刺のシチリアのところにデザインされています!

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-08-29 17:41 | Sicilia(シチリア) | Trackback | Comments(2)

海をはしご@シチリア

昨日の続き・・・
少し南下した所にある海岸へ。
c0077533_1723940.jpg

c0077533_1733240.jpg

こちらではパラソルとサマーベットをレンタル。
海に入っていると心地良いので、ほとんど利用することは
ありませんでしたが。
c0077533_174216.jpg

遠くから見ると鮮やかなブルーでしたが、近くで見ると
グリーンの入浴剤を入れたような綺麗な色!
c0077533_1754159.jpg

そしてこちらも遠浅の海なので肩まで浸かるまで歩きに歩いて
ふと振り返ると砂浜が遙か遠くに見える感じ。

ここの砂を白いと表現していることもあるようですが、厳密に
は白ではないです。
でも薄い色なので海の底が綺麗に見えます!!

海で魚が足元をチラチラ泳いでいることはよくあるのですが、
ここでは魚達が水面を泳いでいて楽しい~!
一緒に戯れて泳いできました。
海からあがるのを忘れてしまうくらい心地よい海でした。
c0077533_1761643.jpg


さて、お次。(翌日です)
場所を移して
c0077533_17235439.jpg


こちらも海は透き通っていて綺麗!
なんと!
厳しい審査を通して厳選された綺麗な海に与えられる優良海水
浴場の認定「Bandiera Blu/ブルーフラッグ」を
獲得しているそうです。

砂というよりは土、次第に硬くなってくるので夜中?もしくは
早朝に土を掘り起こしているようです。
だからその部分はフカフカ。歩くと気持いい!
c0077533_18151735.jpg

砂(土)の色が濃いのでどうしても濁ったように
見えますが。水は澄んでいます。
今回行った海は全て遠浅でしたがこちらも驚くほど遠浅。

追記:
遠浅でしばらく膝くらいの深さ、途中でちょっと深くなってお腹まで、
そしてまた腰の高さ位になるので遠くから見ると海中にニョキ~と
立つ巨人みたい。笑 (ときにはペタンと座れちゃうくらいの浅さ!)
c0077533_18153589.jpg

建造物に統一感がないため景観があまりよくないのが残念。
c0077533_1816157.jpg


西方面に移動して・・・

こちらの海も綺麗でした。
日が落ちるのが早いので19時頃にはすっかり夕暮れ時。
さすが南端ですね。。
この時期は20時30分頃まで明るいのに。
c0077533_18162487.jpg

このビーチで驚くべきものを目撃!
お父さんと10歳くらいの息子がじゃれて遊んでいたのですが
よくよくみると!違う!!
お父さん、かなり本気で息子の頭を海中に沈めて・・ぶくぶく
と泡があがってくるのが少なくなり、バタバタもがく足の動き
が鈍くなったところで、引き上げる。
「どうだ、参ったか!?俺のほうが強いだろ!」
え?!絶句

脚を掴んで逆さまにして水中に沈めたり・・・
そんなことを何度も繰り返しているのです。
何かにとりつかれたかのように何時間も。

親子で楽しく遊んでるとはとても思えない光景でした。

もし何かあった際に助けられるように気持ちスタンバイして
ました。
c0077533_18164671.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-08-28 16:53 | Sicilia(シチリア) | Trackback | Comments(6)
シラクーサから南に約50kmに位置するヴェンディカリ
(VENDICARI)自然保護地区内にある海に行って
きました。
つまり逆三角形の形をしたシチリア島の丁度尖った辺り。
珍しい植物と、多種の渡り鳥が見られる野生生物のオアシス。
海岸沿いの南北約8kmに広がる敷地内には古代遺跡や
トンナーラ(マグロ加工工場)跡もあります。

地元の人がお勧めの青く美しい海ということで期待大!

入り口で入場料を払うのかと思ったら、出身地を聞かれた
だけ。(特に身分証明書を提示することもなく、自己申請)

湿地に作られた橋の道を歩いていくと
(植物には目もくれず一目散に海に向かいます。笑)
c0077533_18142737.jpgc0077533_18134983.jpg


海に出ました!!

実は海はとても綺麗だけれど、丸い海草が沢山あると聞いて
いました。
これ!キウイがゴロゴロ転がってる感じ?
c0077533_18161284.jpg


海水が透き通っていて綺麗~!
遠浅で波もとても穏やかでした。
c0077533_18183114.jpg
c0077533_18185025.jpg
c0077533_1819983.jpg


残念ながら写真では分かりませんが、綺麗なブルーの海。
こんな風に座っていたら何時間でもいられそうです。
c0077533_18214081.jpg

トンナーラの加工工場跡地
c0077533_1822156.jpg


海岸にはBARやパラソル・サマーベッドのレンタル、
シャワーなどといった施設が全くありません。
サマーベッド等を持参している人も沢山いまいたが、もし持参
していない場合は、砂浜にゴロゴロ落ちているキウイ(笑)の
上にビーチタオルを直接ひくことになります。

私達は最初から海をハシゴするつもりでいたので、暫くここで
楽しんだ後、次の海へ移動です!

追記:シラクーサってどこ?
いったいどの辺りの海なの?という質問に答えて・・
この辺りです~!
c0077533_1911314.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-08-27 18:35 | Sicilia(シチリア) | Trackback | Comments(10)
シチリアでのブドウの収穫作業はまだまだ続きますが
私は打ち合わせ等もあり時々畑を抜け出してました。
ごめんね~みんな。差し入れに飲み物を。。

ところでブドウ畑に入る時にだけ使っていた運動靴がぱっかり
と壊れました。長年使っていたので当然といえば当然・・。
(最近、靴やサンダルが豪快な壊れ方をします。笑)

週末はついに海!!!

暑いシチリア、グラニータは欠かせません。
何度もご紹介してますが、どんなにシチリアのグラニータ
が美味しくて絶賛しているかはこちらをどうぞ!
(もしくはブログ内の検索で「グラニータ」と書いて検索
していただくと過去記事が全部でます)

ジェラートをブリオッシュに挟んで食べるのをご存知ですか?
こちらも美味しいですが、グラニータにブリオッシュを浸して
食べるのはシチリアでは基本中の基本だそうです。
BARに行くと、みんな思い思いのグラニータにブリオッシュを
浸して美味しそうに食べてます♪

アーモンド 普通のタイプと炒ったタイプ
どちらも美味!
c0077533_2001374.jpg

c0077533_2004143.jpg

ピスタチオとアーモンド(普通のと炒った物のミックス)
ここのブリオッシュはとても美味しかった。
表面はサクッ、中はふわふわ。
c0077533_19364920.jpg

手前はレモン、奥はアーモンド(普通の白いタイプ)
水分補給でフルーツも
(パイナップル、プラム、ピーチ、スイカ、メロン、
ブドウ)
c0077533_201397.jpg


いつもシンプルなグラニータを注文していましたが、新しい
グラニータの食べ方を教えてもらいました。
帰るまでに食べれるかな?できたらご紹介します♪♪

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-08-26 19:35 | Sicilia(シチリア) | Trackback | Comments(8)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia