タグ:ゴンドラ ( 12 ) タグの人気記事

c0077533_918239.jpg

夕暮れ前。
オレンジ色の光の反射が見えてきます。
ところで・・・すっかり日が短くなりましたね。
c0077533_9173450.jpg


翌日・・天気が崩れてきました。
晴天はもちろん綺麗ですが、こんなどんよりした空でも
なぜか絵になるヴェネツィア。
c0077533_9471352.jpg


最終日やっと昼間に散策する時間が取れました。

ゴンドラの座席の背もたれがハート♥。可愛い。
c0077533_952469.jpg

この角度からゴンドラに乗るの難しそう。
(運河に落ちないように気をつけて!)
c0077533_955447.jpg

つくづく・・・
ヴェネツィアは人々と運河が共存しているから面白い。
日常生活の中に溶け込んでいる運河。。
運河が観光目的のためだけに利用されていたなら、ここまで
魅力を感じないと思います。
c0077533_9554071.jpg


今年の8月にもヴェネツィアに来ていますが、写真を見比べる
と8月のは晴天で青い空というのもありますが、躍動感が感じ
られます。
こういった人が少ないオフ時のヴェネツィアも素敵です。
c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-10-20 10:21 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(8)

ヴェネツィア最終編

長々とお付き合い頂いたヴェネツィア編、やっと終了です。
そんな間にも、トスカーナ州・ラツィオ州・ウンブリア州
の各地へ、そして今はシチリアに来ています。

また追々UPしていく予定です。

最後にヴェネツィアの景色。
c0077533_13392220.jpg

リリーさんの作品とのコラボです。^^
こちらも名刺にデザインしていただいたイラストです♪
可愛い~。近々ヴェネツィアに行ったらその写真とコラボ
させようと思っていたのですが、早々に実現しました。

c0077533_8343049.jpg

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-08-23 13:57 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(12)

Narrow house (幅が狭い家)

カナル・グランデ(大運河)にかかる4つの橋の内の1つ。
アッカデミア橋。
c0077533_9455769.jpg

橋を渡りながらカナル・グランデの美しい景色を。
c0077533_9474610.jpg

あれ?!

あの家、なに?!笑
c0077533_951639.jpg


幅がすごく狭い家。
中に入ってみると廊下も幅が狭くて太っていない人でも通る
のが大変。笑

キッチン 
キッチンシンク等だけでなくテーブルや椅子にも注目。
お皿も幅が狭い!
c0077533_957925.jpg


リビング
家具に注目
c0077533_9581886.jpg


トイレ
この便器に座るのは難しいですよね~!
c0077533_9585693.jpg


浴室
浴槽も狭い~!誰が入るんだろう?笑
c0077533_10223558.jpg


ヴェネツィアでは、6月から11月まで現代アートの祭典
「ビエンナーレ国際美術展」が開かれています。
1895年から始まり、2年ごとに開催されています。
万博博覧会のように国単位の出展で、メインの会場には各国の
パビリオンがあります。
その関係で、町中いたるところにアートがあふれています。

ビエンナーレを見てきましたが、詳しくは後日。

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-08-18 10:17 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(6)

ヴェネツィアらしい風景

ヴェネツィアといえばゴンドラ。
c0077533_17301656.jpg

c0077533_17304343.jpg

どこを撮っても絵になります。
幅の狭い通りを通るときは足で壁を蹴って進んだり、低い橋を
くぐるときにはひょいっと屈んだり、ゴンドラでも渋滞があるので
巧みに操縦したり、その合間にも携帯のメッセージをチェック
したり(笑)お見事です!
c0077533_17311758.jpg


ここの乗り場はいつも大混雑です。
c0077533_17314763.jpg


ミッキーも!かっこいい~!
c0077533_17321577.jpg


ヴェネツィアといえば迷路。

ヴェネツィアのホテルはエレベーターがなかったり、部屋が
狭いことも多いのですが、こんな面白いホテルもありました。
廊下がまっすくじゃないんです。
c0077533_17324334.jpg


実はこのホテルは5つくらいの建物が上で繋がっています。
クラッシックなタイプとモダンなタイプの2つのホテルが繋がって
迷路のようなつくりになっています。
道幅の狭い路地を歩いていると両脇を壁に挟まれて圧迫感、
上空を眺めることが少ないのですが、実はこんな風に繋がって
いることもあるんです。
c0077533_17331952.jpg


日本でいう1階にはホテルや店が入っていて、上がホテルの
客室であるということは注意をしてみないとわからなくて、
面白いです。

上のホテルの外観です。
c0077533_1734912.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-08-12 17:36 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(4)
ゴンドラ、水上タクシー、運搬用のボートなどが
通過する為に橋は平らではなくアーチ型で階段がついて
いるので、上り下りする必要があります。

この辺りにはレストランや大型のホテルなどもあり、毎日
食料品の運搬船が来て搬入していました。
c0077533_22412440.jpg


近くで見ると、水のボトル6本セット。
重いのに、ひょいっと投げて渡してます!
c0077533_22423812.jpg


こんな風に上ったり下りたり。
c0077533_22431364.jpg


通りを歩いていても、「アッテンツィオーネ!」と
大きな声を張り上げて荷物を運ぶ人達とすれ違います。
こんな仕事を毎日続けていたらムキムキになりますね!^^

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-08-11 22:37 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(0)

Traghetto(トラゲット)

乗り物編が続きます。
今回はTraghetto「トラゲット」

ヴェネツィアの運河には大小無数のアーチ状の橋がかかって
います。その橋を上り下りして対岸に渡ります。

しかし本島の中央を「逆S字型」に流れるカナル・グランデ
(大運河)には4つしか橋がかかっていません。
・リアルト橋、
・鉄道駅の近くのスカルツィ橋
・アッカデミア橋
・駅前広場とローマ広場を結ぶ橋

そこでトラゲットは橋の無い場所を行き来するための
市民にとっても貴重な存在です。

トラゲットとはゴンドラを使った「渡し舟」のこと。
ゴンドラでの観光とは全く趣旨が違いますが、雰囲気を味うの
にはいいかもしれないですね。

何と言っても便利、安い(50セント)、結構揺れるので
スリルが楽しめます。
基本的には立って乗るのがルール。
でも特に混雑していない場合には座っていても大丈夫
のようです。
こんな感じです、様子がわかるでしょうか?
c0077533_836078.jpg


では、乗ってみましょう!
ユラユラと揺れるトラゲットにはつかまる所がないので
バランスをとりながら立ちます。
前の人との距離が近すぎてわかりにくいですが・・。
c0077533_8384910.jpg

ちょっとよけてもらって ^^
c0077533_8393182.jpg


高潮で町中が水浸しになってしまうことをアックア・アルタ
といいますが、この現象はアフリカの季節風シロッコ、
地盤沈下、独特の地形等 さまざまなことが要因です。
さらに地球温暖化で、通常起らなかった時期にも浸水する
ことがあるとか。

でも町中が同じように浸水するわけではなく、海面高度や運河
からの距離などにもよるようです。

魚市場の近く。少し浸水してますね。
c0077533_9113030.jpg

こちらはゴンドラです。
このまま岸に乗り上げて来れそう。苦笑
c0077533_9114933.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-08-08 09:15 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(2)
ヴェネツィアへは電車を利用、もしくは飛行の場合にはバスに
乗ってローマ広場までという方法をとることが多いのですが、
今回は待ち合わせ場所がサンマルコ広場だったため水上バス
に乗ってみました。

Alilaguna(アリラグーナ)社の水上バス
行程は約75分
料金は15ユーロ、インターネットで購入すると13ユーロ。
バウチャーを印刷し空港内の71番の窓口でチケット引き換え
とのことでした。
実際には窓口に行ったものの(たまたまその時だけだったのか
わかりませんが)直接水上バスの乗り場まで行って、そこの
チケットオフィスに行くようにいわれました。
また無料のシャトルバスみたいなものが走っていると聞いて
いたのですが、そんなものはなく歩きで・・。

ちなみに
ATVOV社のバス利用でローマ広場までは3ユーロ 5ユーロ
(2ヶ月前に2ユーロUPして5ユーロになっています)
直通で快適 所要時間20分
そこからバポレットに乗ると荷物込みで6.5ユーロします!
9.5ユーロ 11.5ユーロ

さて・・・・
ひたすらこのアーケードに沿って歩きます。
c0077533_16543875.jpg

振り向いて撮った写真。奥は空港の建物。
c0077533_165557.jpg

水上タクシー乗り場が手前、水上バス乗り場は奥に
あります。

サンマルコ広場へは1番から
Linea Blu
c0077533_1656759.jpg

リアルト橋へは2番から
Linea Arancio
c0077533_16554185.jpg


スーツケースは乗り込んだ直ぐの入り口付近に積んで
いきます。

船旅の始まり~。
Linea Bluは
ムラーノ島、病院、リド島、アルセナーレ(造船所)、
サン・マルコ広場 等にとまります。

滑走路めがけて低空飛行の飛行機。
c0077533_179153.jpg


遠くに本島が見えてきました。
c0077533_171017.jpg


水上タクシー。
空港から水上タクシーを利用したこともありますが
(贅沢~♪♪)かなりお高いです。。
でも運河沿いのホテルに宿泊している場合は直接到着できる
ので便利でした。
c0077533_171247100.jpg

DHLのボート
小包、郵便物などもこうやってボートなんですね。
c0077533_17152174.jpg

病院前。救急車もボート
c0077533_17155386.jpg

写真に収まらないような長~い客船
c0077533_17163175.jpg

個人の所有でしょう。豪華なクルーザー
c0077533_17165937.jpg

ゴンドラ!
使用していない時はシートがかけてあります、
c0077533_17174042.jpg


*コメントのお返事が遅くなっていて申し訳ございません。
落ち着いてからお返事します!!!
c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-08-05 17:25 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(8)

久しぶりにヴェネツィア

さて、ところ変わって今はヴェネツィアに来ています。

これは本当のヴェネツィアの景色です。
(ミニチュアではありませんよ~。笑)
c0077533_1593730.jpg

サン・マルコ広場
沢山の環境客でごった返しています。
c0077533_223435.jpg


今回はいつもと違うアクセス方法でヴェネツィアに来て
みました。次回に続きます~。

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-08-04 02:06 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(6)
 部屋から下を眺めると、丁度ゴンドラが通っていました。
車や、スクーターでいつも大渋滞の街中に住んでいると、
車の走っていない環境に思わずほっとしますが、その代わり
に、サン・マルコ広場やリアルト橋付近は、観光客でごった
返しています。それと鳩のすごいこと!!!!
(ここは街の中心であるにも関わらず、幸い人通りが少ない
裏通りです) 
 交通手段が船か歩くしかないので、ベビーカーを押したママ
さんも、買い物帰りのおばあちゃんもみんな橋を上り下り
して行きます。この重労働が、健康の秘訣??
橋が平らだったらね~。
でもそうするとボートやゴンドラが橋の下を通れないですね。
ゴンドリエーレも低い橋の下を通るときは身をかがめて通って
いますから。
c0077533_252831.jpg
 ところで、どの季節に行っても大好きなヴェネツィアですが、
何の行事もないオフ時が狙い目。
ある友人(イタリア人)が、ヴェネツィアは寂しいからあんまり
好きじゃない!って言ってたけど・・・。う~ん。
人が誰もいない時期の物悲しい感じも、私にとっては魅力の
1つです。
[PR]
by infoitalia | 2006-09-17 01:03 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(0)
 CANAL GRANDE (カナル グランデ)、サンタ・ルチア駅
からサン・マルコ広場までヴェネツィアの中心を逆S字に走っ
ている大運河。
Canal grandeからの眺めは、やはりメイン通り沿い(運河
ですが)だけあってルネッサンス、バロック、ヴェネチアン
ゴシックなど、各時代の様々な建築様式の建物が運河に
正面を向けて立ち並んでいて壮観です。
(遠くに見えるのが、リアルト橋です)
c0077533_17173910.jpg

 大運河から横道の狭い運河に入り込み、建物の裏側を生活感
を感じながら通り抜けるのも楽しみの一つ。
細い通りを、角にぶつけることなく見事に曲がって行きます。
交差点(?)に差し掛かった時には、「ん?」その奇妙な
掛け声は?と思われる掛け声で、ゴンドリエーレの間で合図
をしあっています。
 でも、どんなプロでもやっぱり失敗はあるらしく、お客さん
の前で、ゴンドラから落ちてしまったり、携帯を落としたり 
いろいろ やらかしてるそうです。笑
そういう時にどんな風に振舞うのか見てみたい~。笑
c0077533_1741128.jpg

[PR]
by infoitalia | 2006-09-16 01:11 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(0)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia