イタリアを楽しもう!

トスカーナでの食事

トスカーナでの食事
日本人に親しみ深い食材も使われていて
素材や味の組み合わせがとても楽しい。
目にも美しい料理たち。

・子牛の胸腺の黒キャベツソース
カリフラワー添え
・カカオと鳩の燻製サラミ リゾット
・ウズラのカンパリ、オレンジ、ポロネギソース
c0077533_19254540.jpg
・タリアテッレに見えるイカは海草ソースと
キノコ添え。
・羊のリコッタのラヴィオリはオマール海老と栗を
添えて。
c0077533_19275403.jpg
c0077533_14315657.jpgビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。
2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

魚貝料理続き

魚貝続き
ほたるイカのフライ
すり身のフライ&カボチャのクリーム
たこのサラダ
美味しい♪
c0077533_03315986.jpg
それから
アンコウのパッケリ(パスタ)
イカとジャガイモとグリーンピース
ムール貝
c0077533_03353158.jpg
さらに!
甘エビ
スカンピ(アカザエビ)
うに♡
うにのソースをかけたリゾット
c0077533_03381893.jpg
美味しいものを食べれることができる幸せ。


c0077533_14315657.jpgビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。
2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

魚貝料理を堪能

ここ最近大好きな魚貝料理を食べる機会に恵ま
れています。
例えばこんなお料理。
アンティパストに沢山の種類がでてくると
嬉しいです。

シラスがたっぷりのブルスケッタや
カリッカリに揚ったフライや
ぷりっぷりの蛸
c0077533_19483369.jpg
  
魚貝のグラタン
エビも上手に揚っています
アンコウのパスタはコシがしっかりした
シャラティエッリというパスタで
c0077533_04165957.jpg
c0077533_14315657.jpgビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。
2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

2017年 新年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年もナポリで新年を迎えました。
まずは街中いたるところから打ち上げられる
花火、爆竹と共に年明け。
その後、卵城から打ち上げられる豪快な花火を
見に行ってきました。
1時30分からとのことでしたが、結局始まっ
たのは2時頃。。。

こんなイメージ
c0077533_156346.jpg


教会へ挨拶に。

2017年、健康で楽しく過ごせますように。
幸せな1年であることを心から祈ります。
c0077533_157960.jpg

c0077533_1573346.jpg

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

Catacombe di San Gennaro

イタリア各地にはギリシャ時代、ローマ時代の遺跡が
ゴロゴロしていて遺跡好きには堪らないのですが、
そういった歴史を垣間見ることができる地下壕はさらに
ワクワクします。
例えばここ。
Sotterraneaと呼ばれるナポリの地下壕
Napoli Sotteranea(ナポリの地下)

2016年は年明けからナポリの
Catacombe di San gaudioso
(サンガウディオーゾの地下墓地)
Il Cimitero delle Fontanelle
(フォンタネッレ墓地)を見学しに行ったので
年末に墓地見学をして年を閉じようと決めて
いました。

2016年も新しい経験や出会いなど素晴らし
いことも沢山ありましたが、悲しい出来事も。 
なので、区切りとしてこうして1年を終え、
新しい年をスタートさせたいと思います。

さて今回訪れたのは

Catacombe di San Gennaro
(サンジェンナーロのカタコンベ)
カタコンベとは、初期キリスト教時代に設けら
れた地下墓地のこと。
ナポリの守護聖人ジェンナーロが一時的に奉ら
れていた地下墓地です。カポディモンテの丘へ
の坂の途中にあるブオン・コンシリオ聖堂
Basilica dell'Incoronata Madre del Buon
Consiglioの裏にあります。

ライトアップされ綺麗に整備されているので、
地下墓地といっても怖いイメージではありません。
2層構造になっていて、下の階に残っている教
会は現在も利用されています。

c0077533_1155615.jpg

フレスコ画。幼い女の子を含む家族3人が埋葬
されていたそうです。
c0077533_1192097.jpg

c0077533_1194736.jpg

ちなみに
サン・ジェンナーロの遺体がこの地に埋葬され
たのは4世紀。その後、831年に生誕地のベ
ネヴェントへ遺体が移されたので、現在残って
いるのは、サン・ジェンナーロの墓穴跡と、
フレスコ画の肖像画だけです。
c0077533_1422263.jpg



c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]

ナターレ 2016 no.2

今年のクリスマスは穏やかに過ごしました。
例年の如くギリギリになってクリスマスプレゼ
ント探しで街中をさまよう歩くという・・。
来年は早めに買っておこうと思います。
(毎年言ってます 笑)

今年もしっかり食べました。
c0077533_052692.jpg

c0077533_055888.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]