イタリアを楽しもう!

シチリア: 巨大な植木鉢、壺

 グラニータとブリオッシュの朝食をとった帰宅途中に、
(巨大な)植木鉢、壺を売っているお店(屋台?車?)
を発見。
友人は早速物色をはじめました。
こんなところで買う人がいるのか?と思っていたら、
あとから続けてたくさんお客さんがやってきました。
c0077533_6222144.jpg

 
 3つ購入して車に積んで帰るところ。
(これからも度々登場するであろうこの車は
友達の愛車。高速道路もびゅんびゅんと運転して
いきます。というわけで風がすごい音で会話なんて
できません。笑)
こんな積み方をして、落ちて割れるのでは?
などという心配はご無用でした。笑
c0077533_6231449.jpg

[PR]

シチリア: メッシーナ近郊の海

 友達の家のテラスからの眺め
ここはメッシーナの近郊の小さな町です。
正面にリパリ島、ブルカーノ島が見えます。
観光地化されていないため、穏やかに綺麗な海を
満喫できます。

(写真の左端に見えているのがリパリ島)
c0077533_635434.jpg

E' bellissima !!
[PR]

シチリアの朝食: グラニータ(シャーベット)とブリオッシュ

c0077533_3254161.jpg

 シチリアで朝食と言えば、グラニータ&ブリオッシュ!
「シチリアに来て、グラニータ&ブリオッシュの朝食を
とったことがないなんてまだまだ甘いわね!(笑)」と言う
友達と共にBARに向かいました。
じゃ~ん。これです。
 レモンか、コーヒー+生クリームがお勧めというので、
コーヒー+生クリームを選びました。
出来立てのまだ暖かいブリオッシュをちぎってグラニータに
浸して食べます。
喉越しがとってもよいので暑い夏には欠かせません。
あたりを見渡したら、み~んなグラニータ&ブリオッシュの
朝食を食べています。
 しかし・・・・・・レモン味のグラニータが人気みたい。
私も次回はレモン味を試してみようと思います。
(イタリアのどこでもグラニータは食べることができますが、
うわさ通りシチリアのグラニータは美味しかった。
氷がジャリジャリしてなくてデリケート。
後日またグラニータについて書きます!)
[PR]

シチリア島行きの電車

 シチリア州のメッシーナ近郊へ行くために電車に乗った時
のこと。本土からシチリア島へ渡るには?橋を渡る?
海底トンネルを通る?どちらも NO です。
本土とシチリア島は、橋で繋がっていません。
橋を建設するプロジェクトは、何度も持ち上がっては
消えて・・を繰り返しています。
と言うわけで、トラゲット(船)に乗って渡ることになる
のですが、電車によっては、そのまま電車から降りずに
トラゲットに乗ることができます。
本土のヴィッラ・サン・ジョヴァンニから、シチリア島の
メッシーナまでは目と鼻の先の近さですが、電車が
切り離されトラゲットに入り、海を渡り、降りるまで
所要時間一時間半!!!!
その間、電車の空調は切られるので夏は暑いっ!!
荷物の心配が無ければ、トラゲットの甲板に上がって
景色を眺めることをお勧めします!
 ところで、注意しなくてはいけないのは、
電車が切り離される際に、指定された号車に乗って
いないと、電車がトラゲットから降りた際に切り離された
電車はパレルモ方面、カターニャ方面と行き先を変えて
走っていきます。
電車に乗ったままトラゲットに乗って海を渡るのはかなり
時間がかかりますが、一度経験してみるのも楽しいかも!
[PR]

ナポリ: 観光客に腕時計をプレゼント?

 スリ対策として、観光客にプラスチックの腕時計を
プレゼントするとか・・・。
ロレックスなど高価な腕時計が狙われやすいので、
このプラスチック製の腕時計をして
安心して観光してくださいとの意向らしいです。
ほんとに~?
[PR]

2006年FIFAワールドカップ

 期間限定!とか、記念品グッズとかに弱い私・・
ワールドカップのイタリア優勝記念として発行された雑誌を
買うためにエディコラ(新聞雑誌の売店)に行ったら、
売り切れ! 涙
手に入らないと思った途端に欲しさが増すもので、いろんな
エディコラに行ってみたけど、どこも売り切れ。。
最終的には、よく通っているエディコラのおじさんに、
入り次第取り置きしておいてくれるようにお願いして、
やっとのことで入手しました。苦笑
[PR]