<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お待たせしました。
次ぎは2012年9月に開通したトレド駅。
トレド通りはナポリを支配したスペインのトレド総督が16
世紀に作ったもの。正式名称はトレド通りなのですが、
ローマ通りとも呼びます。

ここに地下鉄の駅が開通したのはかなり大きいです。

内部はこんな風になっています!
なんだと思います?
キラキラと輝くこの感じは072.gif
まるで海底のような~。
このキラキラはモザイクならではの美しさ。
c0077533_0322512.jpg


エスカレーターの上空には穴があり光が差し込むようになっ
ていて上を見上げると一枚目の写真のように見えるのです。
これは上り(↓)
c0077533_0314274.jpg

これは下り(↓)
c0077533_038167.jpg

水族館内部にありそうなこの波打つ感じとか、
とっても綺麗です。
と思っていたら、モチーフは海底だそうです。
c0077533_0325737.jpg


改札付近はモザイクの壁面が装飾されています。
c0077533_0403881.jpg

これは改札をでてから撮ったもの(↓)
c0077533_0414891.jpg

改札をでると・・・
巨大なモザイクの壁画が現れ、
c0077533_044842.jpg

ナポリの地下そのまま保存した作りのトゥーフォ(凝灰岩)
のレンガの壁。
c0077533_0414268.jpg

このまま綺麗に利用されることを祈るばかりです!
c0077533_0494746.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2014-02-28 00:30 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(6)
ナポリの地下鉄LINEA1(1号線)は芸術の地下鉄、
地下にある美術館などと評されているようです。
世界有数の芸術家・建築家が手掛けていて各駅テーマ
があって楽しいです。

1993年頃から丘の上にあるヴォメロ地区で各駅が開通し、
2001年にヴォメロの中心ヴァンヴィテッリ駅から考古学
博物館があるムゼオ駅まで繋がりました。
さらに2002年にはダンテ駅が完成し歴史地区のある旧市
街から丘の上にあるヴォメロ地区が繋がってアクセスが
とても楽になりました。

その後もゆ~っくりとではありますが他の駅も完成して
いっています。
最終的には中央駅ー市内ー郊外ー空港が繋がり
イタリア初の環状線の地下鉄になる予定です。

過去の記事もご覧ください:
2011年3月26日に開通した「Universita'(大学)」駅
下記の駅の写真も有り:
考古学博物館(MUSEO)駅
ダンテ広場駅
マテルデイ駅

2012年9月17日に開通した「Via Toledo(Via Roma)
(トレド駅)」


さて、2013年12月31日にはついに待望のナポリ中央
駅地下のガリバルディ駅が完成!
今迄、ナポリ中央駅に到着しても地下鉄LINEA2(2号
線)に乗りムゼオ駅でLINEA1(1号線)に乗り換えて
いましたが、これですっごく楽になるはず!

ところが・・・
2014年2月末現在、中央駅の地下と地下鉄駅がまだ
工事中なので一旦外にでる必要があります。
(中央駅を背にして地下鉄乗り場に向かいます
写真は振り向いて撮った中央駅にある本屋 ↓ )
c0077533_7431872.jpg

(地下鉄のMマークが見えます↓ )
c0077533_7434373.jpg

この工事が終われば地下通路で繋がります(↓)
c0077533_749241.jpg

さて地下鉄乗り場へ降りていきましょう。
なんか都会っぽい雰囲気。笑
c0077533_7501615.jpg

鏡に地下鉄利用者が写っているような作り。
c0077533_7512196.jpg

c0077533_7514567.jpg

ホームには巨大なGARIBALDIの文字が
c0077533_754396.jpg


続きます~。

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2014-02-24 06:28 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(2)
突き出しにこちらのお料理
まずお料理のお皿が運ばれてきて、それから温かい玄米茶の
スープをかけてくれました。
とっても面白い組み合わせに驚きました。
c0077533_64447.jpg

卵好きの私が選んだアンティはこちら
この半熟加減が絶妙!
c0077533_65835.jpg

トリュフのリゾット
c0077533_673593.jpg

ドルチェには
なんと餡子が登場!
まさかイタリアのレストランで餡子に出会えるとは♪
c0077533_6113127.jpg


どのお料理も繊細でとっても美味しかったです。
日本のテイストが盛り込まれていてこれまた嬉しい
驚きでした。

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2014-02-19 05:56 | Toscana(トスカーナ) | Trackback | Comments(2)
イタリア語でひよこ豆をCECI(チェチ)といいます。

ナポリ料理でPasta e ceci(パスタとひよこ豆)と
いうお料理があります。

茹でたひよこ豆をピューレ状にしてそこにショートパスタを
加えて煮たものです。
ひよこ豆は完全にピューレ状にしてもいいし、一部を粒状で
残したりして、触感の違いが楽しめます。

これは白いんげん豆などでも作られます。
個人的にはひよこ豆が大好きなので、Pasta e ceci
の方が好みです。

こちらは少し前にトスカーナのお店で食べた
Zuppa di Ceci ひよこ豆のスープ
フィッシュボールが入ってました。(↓)
面白い取り合わせでしたが美味しい~。
c0077533_8225957.jpg


プリモは、オルベテッロOrbetello(場所はこちらを参照
の特産品の1つFemminelleを使ったリングイーネ
Femminelleはラグーナ(干潟)に生息する小蟹のこと。
甲殻類は大好きですが、蟹は食べるのが大変。
ところで、蟹を食べる時って静かになりがちですよね。笑

この小蟹は小さいし殻が固いのでナイフ・フォークで食べる
のはかなり難しく、手で持ってシャコのようにチューと吸い
ながら食べるのが適しているようです。 
残念ながら私は手で持ってチューと食べるのは苦手なので
かなり格闘しました。
c0077533_8231974.jpg

 
c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2014-02-17 07:50 | Toscana(トスカーナ) | Trackback | Comments(2)

土足禁止は無理・・

帰国した際に姉がくれたこの可愛いスリッパ。
c0077533_642847.jpg

色といいキャラといい全てが私好みです。大喜びでイタリア
に連れてきました。スリッパとして履いて床の掃除もできて
一石二鳥と言いたいところですが、いくら玄関で部屋履きに
履き替えるようにしているとはいっても日本の家のように
一段高くなっているわけではないので、外履きを禁止にする
のはちょっと難しく、日本の家のようにはいきません。
というわけで勿体無くて履けないので、床をピカピカ✨✨に
掃除した直後に履いて愛用してます。笑
おかげで家が綺麗に保てています。

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2014-02-16 06:01 | Varie(いろいろ) | Trackback | Comments(0)
日本では東京で積雪30cm近くと聞いていますが、
こちらも悪天候。
イタリア各地で川が氾濫したり洪水や床上浸水が起こって
います。1月末にはローマでも道が川のように溢れて通行
できず大混乱。もちろん地下鉄もストップ。
雨量はもちろんですが、こんなに度々浸水するのは排水設備
が整っていないからなのだと思いますが、この問題が解決され
ることがあるのでしょうか・・。

幸い私は被害には合っていませんが、移動中に道路に
ぼっかり穴があいているところでは要注意。
かなり気をつけて運転しないととんでもないことになりかね
ません。

天気が悪いと週末出かけるのも憂鬱なのですが、
地元客でにぎわっているお店にてランチ。
予約がないと入れないところをなんとか待ちに待って
座らせてもらうことができました。

店内はこんな雰囲気
ラツィオ州北部・トスカーナ州南部特有の火山性の黒っぽい
凝灰岩で作られた内部。
c0077533_2274877.jpg

c0077533_228964.jpg

新鮮な巨大なお肉の塊が冷蔵ケースに置かれていました。
アンティパスト
c0077533_2323021.jpg

プリモはフンギと黒トリュフ
c0077533_2324269.jpg

セコンドはお肉の炭焼き
c0077533_2325555.jpg

かなりワイルドな感じですが、お味はもちろんボリュームと
値段が魅力的で週末のランチはいつも満席のようです。

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2014-02-08 01:11 | Toscana(トスカーナ) | Trackback | Comments(5)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia