<   2011年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ナポリ港には実はひっそりとショッピングモール(と呼ぶには
あまりにも寂しい・・)があります。
と同時に大型クルーズ客船の発着港となっています。

イタリア各地にクルーズ船が発着する港がありますが、ジェノ
ヴァ、ヴェネツィア、リヴォルノ、チヴィタヴェッキア、ナポ
リ、パレルモ(?) などありますが、町によっては町の外れ
に停泊するようになっています。

が、ナポリはカプリ島やイスキア島などへの高速船発着港
があるモロベヴェレッロ港にどか~ん!と大型客船が
停泊するので、乗客は町へのアクセスも楽々~♪♪で便利
そうだなぁと いつも大型客船を眺めながら思います・・。

さて、話がそれましたが、
(といってもさほどそれていないのですが・・)

その大型クルーズ客船の発着場&ショッピングモールにて
(写真の左側に写っているのはクルーズ客船です)、
c0077533_110888.jpg

『Cioccoland (チョッコランド)』 と題した、チョコレートの
フェアが開催されました。10月28日~11月2日迄。
c0077533_185938.jpg


期間中には毎日何かしらイべェントが催されていました。
そしてチョコレートメーカー20社くらい(?)出展していて
試食させてもらったり、購入することができます!

ネジやペンチのような形をしたチョコ。錆びた感じが本物
みたい。
c0077533_1113646.jpg

ナポリのカフェティエラ(ナポリの家庭には必ず1つはある
エスプレッソ器具)や、ハイヒールまで!
c0077533_1125027.jpg

美味しそう~!!
c0077533_1193960.jpg
c0077533_1201530.jpg


手前にはサラミの形をしたチョコレートのお菓子!
c0077533_1204933.jpg

沢山の種類があって悩めますよね~。
c0077533_1212486.jpg


これって!お棺と骸骨??!
c0077533_1233310.jpg

頭蓋骨。これ食べるのってちょっと・・・。
c0077533_1235942.jpg


最後に・・・
フォルツァ ナポリ!(頑張れ ナポリ!)
c0077533_1245218.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-10-31 01:47 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(10)
こちらボルセーナ湖周辺。
オリーブの収穫が始まっています。
奥には湖が(ちょっと見えないかな~)
c0077533_20551343.jpg

この写真なら分かりますよね。
c0077533_21491065.jpg

美味しいオリーブオイルができるかな~♪♪
c0077533_2055359.jpg


今回私は冷やかし程度で、本格的な収穫作業には
参加しませんでした。

《こちらソーセージとチンタセネーゼの炭焼き》
c0077533_20595159.jpg

豚肉の部位の名称、よく分かりませんが・・
特に写真の真ん中にある、チンタセネーゼのバラ肉(?)
パリパリと香ばしくてとっても美味しかったです!

チンタセネーゼ(Cinta Senese)とは
トスカーナ州シエナ近郊で生産される豚の品種。
真っ黒な豚ですが、白色(ピンク?)の帯状の縞模様が背中
から肩、そして胸部を取り巻いて、前足の部分まで及んで
います。
耳は小さめで、目を保護するように少し下がり気味だとか。
c0077533_21381349.jpg


「Cinta(チンタ)」とはイタリア語で「帯」という意味。
シエナ近郊原産の豚の品種なので、「シエナの」という意味の
「Senese(セネーゼ)」。

普通の豚に比べて、どんぐり・栗・きのこなどが食べられる
森の中など広い場所で放牧して飼育する必要があること、
普通の豚は6ヶ月で成長するのに対して1年以上かかること
などから、絶滅しかけたこのチンタセネーゼ。

脂身が少なめで柔らかく肉の品質が良い美味しい豚を絶滅
させないようにという動きがあり今では絶滅の危機を逃れる
ことができたそうです。

お陰で美味しいお肉を食べることができます。

《こちらはイノシシ肉の煮込みとポレンタ》
先日のイノシシの煮込みとはまた違ったタイプ。
黒胡椒の粒がピリッとアクセントに。
(先日のはトマトとお肉をしっかり煮込んだラグーでしっかり
こってり、ローズマリーが爽やかさを添えていました)
c0077533_21402848.jpg


ポレンタ
北イタリアの伝統料理で、とうもろこしの粉を水で煮込み、
練り上げたもの。
食糧難な時代には、パスタやパンなどの変わりに食されたのが
始まりだそうです。
煮立ったお湯に塩を加え、とうもろこしの粉を入れてひたすら
混ぜます。ねっとりした柔らかい状態で食したり、バットなど
に入れて冷まして、それをカットして焼いたり揚げたりといっ
た食べ方もあります。

付け合せなどとして使われます こんな感じ↓:
・柔らかいタイプ(ラツィオ州北部で)
・硬めのタイプ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州で)
・硬めのタイプ(ヴェネツィアで)

今回のポレンタの硬さは、ちょうどこれらの中間くらいでしょうか。。

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-10-30 20:48 | Lazio(ラツィオ) | Trackback | Comments(16)
秋、栗の季節ですね!
この時期になると各地で栗のサグラが催されます。
今年は、ラツィオ州の北端(ほぼトスカーナ州との州境)、
ボルセーナ湖の西側にある小さい町(村?)Latera(ラテラ)
という場所に行ってきました。

こんなことでもなければ足を踏み入れなかったであろうこじん
まりとした町。ほんの少し北上するとGradoli(グラドリ)
というワインの生産地として知られている町があります。

道中、道を間違えて、ひぇ~こんな道運転するの嫌~と
叫びつつ舗装されていない道も通って何とか到着。ほっ。

まだまだ知らない小さい町(村)が沢山あるので、
こういった何かのサグラなどの機会に新しい場所を発見する
ことができるのは嬉しいです。

さて、今回の主役の栗。
イタリア語ではCastagna(カスターニャ)といいます。

栗をほおばりながら、新酒のワインを頂きました。
c0077533_559018.jpg


その後、サグラの楽しみである食事!

なんだか・・ほぼ一番乗り。苦笑
その後、この店内が満席に!
よかった~早く来て。
c0077533_653957.jpg


メニュー
c0077533_557541.jpg


・アンティパスト
サラミや生ハムなど、トマトのブルスケッタ、もうひとつは
ナスのペーストが塗ってあります。
c0077533_5593722.jpg


これがラテラの町の外観です!!
(30分もあれば全て見て回れるくらい?)
c0077533_602836.jpg


プリモ
・フンギポルチーニ(ポルチーニ茸)のスープ
絶品!(これ本当に美味しかったです!!)
・イノシシの肉のパッパルデッレ
こちらも美味しい~。
c0077533_624218.jpg

セコンド
・イノシシ肉の煮込み
ホロホロに煮込んであるのでナイフは必要ないくらい。
c0077533_67191.jpg

c0077533_672824.jpg


でも、煮込みを食べ始めた段階ですでにお腹がはちきれそうに
なっていました。ポルチーニ茸のスープにもカットしたパンが
入っていたしなぁ~。(食べ過ぎですよね。苦笑)

このブログを書いている今もまだお腹が一杯です・・。

最後に、栗のペーストのロールケーキ
c0077533_662174.jpg


全てがとっても美味しくて満足です♪♪
(でも 苦しい~。笑)

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-10-29 05:55 | Lazio(ラツィオ) | Trackback | Comments(7)
ローマの老舗のカフェ
Sant'Eustachio Il Caffe'
(カフェ・サンテウスタキオ・イル・カッフェ)
http://www.santeustachioilcaffe.it/

外観はなんの変哲もないカフェですが・・
c0077533_2335858.jpg

近づくと美味しい~香りが漂ってきます。
c0077533_2312968.jpg


パンテオンやナヴォーナ広場の近くにあります。
何種類かの厳選した豆をブレンドし、薪を使う旧式の焙煎方式
で作られるコーヒーが売り、そしてお勧めはこちら!!!

Gran Caffe' グラン・カフェ
ちょっと大きめのエスプレッソ
クレマがすごい!!

クリーミーな泡(クレマ)と酸味のまろやかさに幸せ♪
を 感じることができます。
c0077533_23254862.jpg



Gran Cappuccino
グラン・カップッチーノ

ちょっと大きめのカップッチーノ
c0077533_22585316.jpg


そうそう・・・特に気にしていなかったのですが、
「秘密主義?」028.gifだからか、バリスタの手元は見せないことに
なっているそうですよ。

写真の(↓) 左側がレジ、右側にバンコ(カウンター)が
あります。
c0077533_2313369.jpg


通常のバールと同じように先にレジで会計をして、レシートを
受け取ります。
基本はバンコ(カウンター)で立ち飲みがイタリア式。
地元の人でごった返していますので、頑張って前に進んで
レシートをバリスタに渡しましょう!
通常は「砂糖入り」なので(もしくはバリスタの方が聞いて
くれることもあります)、砂糖無しがよければその際に
伝えましょう!

他にも沢山の飲み物や、コーヒー豆をチョコレートでコーティ
ングした「Chicchi di Caffe'キッキ・ディ・カッフェ」、
エスプレッソ風味のお菓子「Baci al Caffeバーチ・アル・カッ
フェ」、リキュールなど、美味しいお土産にもってこいかも。
c0077533_23132965.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-10-25 22:32 | Lazio(ラツィオ) | Trackback | Comments(10)
(これは少し前の話ですが)マテ貝が手に入りました。
ニョキニョキ動いてます。
c0077533_7363361.jpg

先月、生きている状態のマテ貝を恐る恐る食べましたが、
今回はパスタと。
c0077533_737017.jpg


モッツァレッラ・ディ・ブファラのボッコンチーニ
(一口サイズの水牛のモッツァレッラチース)

メモ:
「ブファラ」とは”水牛”、「ボッコンチーニ」とは「ボッカ」
が”口”で「イーニ」が付くと”小さいとか可愛らしい”
みたいな意味が加わるので、”一口サイズの”といった意味に
なります。

ミルキーでジューシーで美味しい♪♪
c0077533_7403025.jpg


ドルチ
休日になるとパスティッチェリーアでお菓子を買い求めようと
する人の列ができることもあるくらい。
みんな甘いもの好きですね~。
c0077533_7505374.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-10-23 07:32 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(8)

おまけ@ヴェネツィア

そういえば過去のブログを見ていて、サン・マルコ寺院を
アップで撮っている写真がないかも?と思いましたので
この夏に撮ったものを。
左側修復中なので右側寄りの写真になってますが。笑
c0077533_23405517.jpg


大好きなスカンピ
ポレンタが添えてあるのがこちらの地方っぽい?
タコの煮込みやイカの墨煮などに添えられることも
多いです。
c0077533_0535033.jpg


動物の仮面の店。かなりグロテスクです。
お部屋に置いてあったら怖いかも。
c0077533_0541874.jpg


これで今回のヴェネツィア編終了です!
カーニバルの頃にまた行きたいな~。
な~んて。

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-10-22 23:17 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(8)
どれだけヴェネツィアが好きなの・・・って感じですが。
お付き合いくださいませ。

<サン・マルコ寺院>
いつも大行列ができているのに数人並んでいるだけ。
これは入るべきでしょう~!
久しぶりに入りました。
やっぱり素晴らしいです。
内部は光が入りにくいことと、さらに曇り空のため金色の輝き
があまりよく見えませんでしたが、それでもこの一面金色の
モザイクは圧巻です。
c0077533_2185688.jpg

外のモザイクも素晴らしいです。
c0077533_2203044.jpg

そして、外にでてきたらすっごい列ができてました。
ラッキー♪

<鐘楼>
高さは96.8mあります。上部へはエレベーターであがる
ことができて、素晴らしい街並みを眺めることができます。
さて、鐘楼の前を通りかかると・・・
c0077533_2285091.jpg

これまた列に誰も並んでいない。いつも長蛇の列なのに。
これは上に登りなさいってことでしょう。笑
(8ユーロ)

鐘楼からのサン・マルコ広場の眺めです。
端っこしか写っていませんが右端にサン・マルコ寺院が
あります。
c0077533_2293839.jpg


サン・マルコ寺院
c0077533_238232.jpg


広場に左手に小さく白いものが沢山見えますが、
カフェ・フローリアンのテーブルと椅子です。
右手には2つカフェがあり、こちらでも演奏が聴けます。
c0077533_2401194.jpg


時計台
下は広場をぐるっと3辺を囲むように作られているアーケード
と路地へと続く門と一体化しています。
時計の円盤は金細工の12星座で飾られています。
上にはサン・マルコの獅子像があり、一番上にムーア人2人の
彫像が時間になると大きな鐘を打って時を告げます。
c0077533_2412440.jpg


また、とても興味深いのは各建物の屋根にテラスが作られて
いること!
c0077533_33352.jpg


ちゃんとしたテラスもありますが、ええ?!こんな足場に?!
と驚くような所に強引に作られたものも!笑

日本の物干し台のようなこのテラス、ヴェネツィアでは
ALTANA(アルターナ)と呼ぶそうです。
c0077533_17163610.jpg
建物に挟まれた細い路地を歩いていると、上にこんな素敵な
空間が作られているなんて想像つきませんよね。

左側の柱の上には、ヴェネツィアの守護聖人である聖マルコの
象徴となっている翼のついた獅子の彫像。右側の柱の上には
聖テオドーロの彫像があります。
中世にはこの柱の間に死刑執行台を設置したため、ヴェネツ
ィア人は柱の間を通り抜けないのだとか(嘘か本当か・・)。
c0077533_3131760.jpg


高いところから町並みを見るのってとっても楽しいです。
ヴェネツィアは建物に挟まれた道幅が狭い路地だけに、
上から見る景色はさらに面白いです。

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-10-21 03:17 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(6)
c0077533_918239.jpg

夕暮れ前。
オレンジ色の光の反射が見えてきます。
ところで・・・すっかり日が短くなりましたね。
c0077533_9173450.jpg


翌日・・天気が崩れてきました。
晴天はもちろん綺麗ですが、こんなどんよりした空でも
なぜか絵になるヴェネツィア。
c0077533_9471352.jpg


最終日やっと昼間に散策する時間が取れました。

ゴンドラの座席の背もたれがハート♥。可愛い。
c0077533_952469.jpg

この角度からゴンドラに乗るの難しそう。
(運河に落ちないように気をつけて!)
c0077533_955447.jpg

つくづく・・・
ヴェネツィアは人々と運河が共存しているから面白い。
日常生活の中に溶け込んでいる運河。。
運河が観光目的のためだけに利用されていたなら、ここまで
魅力を感じないと思います。
c0077533_9554071.jpg


今年の8月にもヴェネツィアに来ていますが、写真を見比べる
と8月のは晴天で青い空というのもありますが、躍動感が感じ
られます。
こういった人が少ないオフ時のヴェネツィアも素敵です。
c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-10-20 10:21 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(8)

ヴェネツィア夜の散策

今日もまた夜だけ町を散策できました。

サン・マルコ広場
c0077533_10373861.jpg

広場では4箇所のカフェで演奏が行われています。
席に座ると高いチャージが。
とくに夏場は立ち見・聞きの人も沢山ですが、さすがに
シーズンオフだからか人もまばらでした。
c0077533_10381578.jpg

仮面のお店のショーウインドー
厳つい顔してるのに衣装が。笑 ^^
c0077533_10391426.jpg

あてもなく迷路のような細い路地歩いたり橋を渡ったり。
この橋は幅も広いし見晴らしがいいけれど、細い路地の突き
当たりが橋だったり、道に対して橋がまっすぐではなく斜めに
運河を渡ることになったり、いろいろで面白いです。
c0077533_10384671.jpg

(左)運河沿いに建つこの建物内には橋を渡って入るようです
(右)結構細い路地(もっと細い通りもあるんですよ)
他の町はでこんな路地を夜に歩いたりしないのですが
ヴェネツィアは別!
c0077533_10395347.jpgc0077533_1050221.jpg

アンティパスト
c0077533_10423111.jpg

魚介のスパゲッティ
c0077533_10425033.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-10-19 10:35 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(6)

ヴェネツィアの夜景

ヴェネツィアに来ています。
今回は観光のお仕事ではないので、街を散策できるのは
仕事が終わって夜になってからだけ・・・。

夜のウインドーショッピングを楽しみ。

手頃で可愛いアクセサリーも。綺麗!!
c0077533_928678.jpg


サン・マルコ広場では相変わらず素敵な演奏が奏でられて
いました。こちらはフローリアン。
c0077533_9283967.jpg

いつ来ても綺麗だな~と感動。
c0077533_9292850.jpg

リアルト橋から。リアルトのふもとにおりたら
ねずみが!!!きゃ~!!!!
c0077533_9295796.jpg


ところでヴェネツィアは夜が早い。。治安が悪くならないよう
に?夜中の12時にはお店は閉めることになっているとか。
お陰で治安は良いですが、夜遅くまで飲んだりする場所が
少ないのが残念~。。

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-10-18 09:42 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(10)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia