<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

引退にはまだ早いカバン

全然イタリアネタではありませんが、私、物を捨てることが
できない人でして・・。
本や雑誌、展示会で貰ってきたパンフレットとか、すごいこと
になっています。展示会などは次々と開催されるのでここで
思い切って不要な物を捨てようと片付けをはじめたのですが、
本は読み直しちゃったりしてなかなか先に進みません。
ところで、年季の入った旅行カバン。まだ使えるけど、もう
使わないだろうな~、これそろそろ捨てようかな?と思って
取り出したところ、カバンの閉じ口についている金具で手の
甲に長さ3センチ程の引っかき傷が。
そんなに強く引っかいたとは思わなかったのですが、
結構深かったみたいです。痛い~。
これはまだこのカバンの引退時ではないってことでしょうか?
まだ出番があるのかも。

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-02-28 02:10 | Varie(いろいろ) | Trackback | Comments(4)

Chianti Classico Collection 2011

先週の話になりますが・・・・
毎年この時期になると各地で「アンテプリマ」とも呼ばれる
新ビンテージ発表会が行われます。
「キャンティ・クラッシコ・コレクション」に行って来ました。
c0077533_43648.jpg

会場はフィレンツェのレオポルダ駅跡
期間は2日間:
2月15日はプレスのみ(生産者も立ち入り禁止)
2月16日午前中プレスのみ(生産者は各スタンドに
てワインを紹介)、午後は業界関係にも開放

キャンティ・クラッシコDOPのオリーブオイルのスタンドも
並んでいました。

こちら2010年2月14日に開通したフィレンツェのトラム
TRAMVIA。
フレンツェ中央駅(サンタ・マリア・ノヴェッラ)駅から1つ
目の駅がPorta al pratoですので、レオポルダ駅会場
にも簡単にアクセスできます。
c0077533_4362768.jpg


会場に入ってみると、コルクでできたガッロ・ネーロ
(キャンティ・クラッシコのシンボル黒い鶏)が。
c0077533_4373982.jpg


これは商談用スペース。
c0077533_439330.jpg


一堂にキャンティ・クラッシコの生産者が並んでいます。
地域別に並んでいるので、地域でのみ比べをするのも
面白いです。毎度のことですが、ワインの試飲会では最後の
方になってくると酔っ払っている人達もでてきます・・。
c0077533_443491.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-02-27 04:50 | Vino(ワイン)&ワイン見本市 | Trackback | Comments(6)
トスカーナ州を代表するワイン「キャンティ・クラッシコ」
その生産地の内の1つ、ラッダ・イン・キャンティの広場
にあるエノテカでランチに合わせてテイスティングをして
きました。

まずはアンティパスト
全部美味しかったです!!
c0077533_051467.jpg

時計回りに
・トスカーナの生ハム
・フェンネル入りサラミ
・薄くスライスしたラルドとルッコラとバルサミコ酢
・クロスティーニ・ネーリ(レバーペースト)
隠し味に最後にヴィンサントを入れて煮ている
そうです!美味!
・イチジクのジャム
・ペコリーノチーズ(熟成)
・ペコリーノチーズ
・チンタセネーゼのサラミ
・コッパでチーズを巻いたもの

試飲したワインはもちろんキャンティ・クラッシコ
色も綺麗に透き通ったルビー色、果実(チェリー)の香り
が心地よく、口の中にも広がります。
面白いくらいにアンティパストのどれにでも合いました。
クセのある脂っぽいものは、酸味があり程よいタンニンが
あるワインとピッタリ。脂っぽさが消えて口の中がすっきり。

・Ribollita(リボッリータ)
トスカーナの家庭料理。温かいお料理はこの時期嬉しいです。
c0077533_1484850.jpg


・Pici cacio e pepe(ピチ カチョエペペ)
ピチはシエナ産パスタ
カチョはチーズのこと(ペコリーノ)
ペペは胡椒
こちらのは、ペコリーノがスライスしてあるタイプでした。
お店によってレシピが違いますが、私はどちらかというと
クリーム状になっている方が好きです。
c0077533_1491941.jpg

これはこれで美味しかったのですが、クリーム状のソースで
はないので胡椒が絡まりにくく、胡椒の味も引き立っていまし
た。胡椒大好きなので美味しくいただきましたが、あわせる
ワインは先のワインよりボリュームがあるワインの方が
合っていました。

店内はこんな風にワインがぎっしり並んでいます。
(これは昨年5月に撮ったもの)
c0077533_2333167.jpg

この辺りに行く時には何度か訪れているのに名前が・・。
分かったら後で付け加えます!

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-02-23 01:53 | Toscana(トスカーナ) | Trackback | Comments(4)
2011年1月1日から新しく施行されたレジ袋全面禁止に
ついて。

その後、情報収集したところ・・・

このビニール製レジ袋とは環境破壊の一因となるポリエチレ
ン製の袋を指しています。
それに代わってbiodegradabileつまり生分解性の素材で作ら
れた袋(つまり自然分解可能な素材)が使われるようになった
とのことです。

ポリエチレン製の袋の製造は中止され、レジ袋は在庫がある分
は無料で配布され(一応在庫処分期間が決まっているそうです)
生分解性の袋は有料で販売するとのことです。

ただいくつか問題があって、

生分解性の袋は
1. コストが高い
2. 強度に問題がある
(買い物をしてレジで詰めている段階で既に破れたり、重さ
に耐えられず切れたりすることもあります)
3.再利用が難しい
(次の買い物の際やゴミ袋として使用しようと思ってもすぐに
破れるため再利用することが難しい)
4.正しい素材を使用していない偽物流通の可能性
他に
5.新しく制定された決まりが明確でない
6.違反についての罰則が統一されていない
(罰金の金額は州や自治体ごとに決めるそうです
でた!これがさらに混乱の元に・・)
7.大型・小型店舗、消費者への情報提供不足
(相変わらず・・・)

という現状のようです。

コストが高く、強度が弱い生分解性の袋は、これらの弱点に
より、イタリアでもついにマイバックが普及し始めるかも?

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-02-13 01:23 | Varie(いろいろ) | Trackback | Comments(4)
「Pizzeria e Friggitoria La figlia di Ernesto Cacialli」
「エルネスト・カチャッリの娘」という店名のピッツェリア
&揚げ物店

エルネスト・カチャッリ氏はナポリピッツァ職人の重鎮の内
の1人。ピッツェリア「Il pizzaiolo del presidente
(イル・ピッツァイオーロ・デル・プレジデンテ)」のマエス
トロピッツァイヨーロでした。なぜ過去形かというと、
2009年11月にこの世を去ってしまったからです。

この店名の由来について:
ナポリの名店のうちの1つDi Matteoでビル・クリントン
元大統領とそのスタッフ総勢70名にピッツァを作ったのは
エルネスト氏でした。
「プレジデンテ」とは「大統領」という意味です。
この時に「大統領のピッツァイヨーロ」となったわけです。
その後、独立して2001年に「Il pizzaiolo del presidente」
をオープンしました。

P.S. 中目黒のピッツェリア「ダ・イーサ」の山本尚徳さん
はエルネスト氏のもとで修行をし師弟関係を結ばれたとのこと。
ナポリの大会で何度も優勝されています!
まだお邪魔したことがありませんが、ぜひ行ってみたいと
思っているお店です。

前置きが大変長くなりましたが、今回行って来たのはエルネス
ト氏が亡くなった翌年に娘さんのマリアがオープンしたお店
です。
c0077533_20202020.jpg


外から一階の店内を覗くと窯が見えます、揚げ物やピッツァの
テイクアウトはここで。
地下一階に続く階段を下りていくと、ナポリの凝灰岩で作られ
た壁やアーチで作られた広い店内、ナポリらしい雰囲気の装飾
で飾られています。

まずはコロッケを
c0077533_20113661.jpg

4人で行ったのですが、そのうちの1人がなかなかメニューを
決めることができなくて、しかたがないので待っている間に
他の揚げ物も頼んでしまい、ピッツァがでてきた時には既に
満腹感。

リピエノ
リコッタがたっぷり!
c0077533_20111885.jpg


ディアボラ
唐辛子のピリ辛とサラミ
ピリッと辛いディアボラ(悪魔)
c0077533_208318.jpg


ビスマルク(目玉焼きを乗せたピッツァ)
これは残念ながらなかなか希望するピッツァに出会えません。
生でも硬くてもダメなんです。半熟のとろ~んとした
目玉焼きを求めているのですけど・・・。
特に白身が生だった場合は最悪です。。
c0077533_2073611.jpg


メニューにもナポリの絶景とエルネスト氏が描かれています。
c0077533_2019583.jpg


Via del Grande Archivio, 23/24
NAPOLI
Tel. 081.286738
11.00 ~ 24.00
日曜休み(11月・12月)


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-02-11 20:23 | ピッツァ関係&大会等 | Trackback | Comments(6)
イタリア全土で2011年1月1日からスーパーや小売店での
ビニール製レジ袋の配布が禁止になりました。
このレジ袋は今まで有料で配布されていました。

日本でもレジ袋は有料となってエコバックを持ってお買い
物に行くことは普通になってきていますよね。ところが
イタリアでは徐々に慣れていくなんて方法はとらずに
(というか強引な方法じゃないと無理とみた?)一斉に
レジ袋配布禁止!
ところが、まだ在庫を持っている店舗では無料でもしくは
有料で?配布しています。(指定された期日までに処分する
ことになっているようです)。

法律ができてもまだまだ実際には流通しているだろうと思って
いたのですが、年明けにスーパーに行った際に「レジ袋は
有料でも配布しません!」と言われて慌てました。
袋無しで大量に購入した食材を持ち帰るか(どうやって?)
バックを購入するかの選択で、購入したのがこれ。
大きい~。
c0077533_2362450.jpg


こちらのオレンジ色のは、友人から貰ったもの。
会社のプロモーショングッズらしく会社のロゴが入ってます。
c0077533_23101426.jpg


折りたたんだらコンパクトになるのかって?
見てください!これが精一杯です。苦笑
c0077533_23102957.jpg

コンパクトではないのでカバンに入れて持ち歩くには大変
不便ですが、かなり丈夫で厚紙が入ったマチがあるので、
重い荷物を持つ時には便利なのでなんとなくそのまま活用
してます。

日本から可愛いコンパクトなエコバックを持ってきているので
すが、可愛さ重視で重い荷物を入れたら破れてしまいそう。
今度日本に帰る時には可愛くて丈夫なエコバックを探そうと
思っています。

むむっ!お土産に使えるかも?!

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-02-09 23:19 | Varie(いろいろ) | Trackback | Comments(14)
アレッツォ近郊で美味しい所があると聞いたので早速行って
きました。家族経営のところでとても温かい雰囲気。
お料理はクラッシックな郷土料理なのですが、美味しいの
はもちろん、見せ方がスマートなのが気に入りました。

アンティパスト
1.左)タマネギのスフォルマート
(実は私しっかり火が通っていないタマネギは苦手・・)
タマネギの甘さがでていてとってもデリケート!美味。
以前も巨大なスフォルマートの写真を掲載しましたが、
これもスフォルマート。特に定義はないようです。
2.右)ポレンタ(上にイノシシ肉がのっています)
c0077533_0201979.jpg


3.インゲン豆と豚の皮の角煮?
見た目から少し苦手な味だと思ったのですが、恐る恐る
食べたこのお料理、臭みもなくコラーゲンたっぷりといった
感じでこれまた美味しい。
c0077533_0204380.jpg


4.パッパ・アル・ポモドーロ
(Pappa al Pomodoro)
Pappaは、粥とか離乳食といった意味があります。
古くなった硬い塩気のないトスカーナパンとトマトで作る
トスカーナ料理。トマト風味のパン粥。
c0077533_021384.jpg


5.コロッケとクロスティーニ(レバーペースト)
このパテもとてもコクがあって美味しかったです。
c0077533_021319.jpg


アンティパストが沢山だったのでプリモは飛ばして
セコンド
1.鴨のロースト
c0077533_1141561.jpg


2.トスカーナ風肉のミックスフライ
(ウサギ肉、子牛肉、アーティチョーク)
こういったフライがトスカーナの郷土料理とは知りません
でした。一見クセがありそうですが食べやすい味でした。
c0077533_1354851.jpg


あれ!ドルチェの写真がない。。そして何を食べたか覚えて
いません!(こんなに直ぐに忘れてしまうなんて。
やっぱりちゃんと写真を撮っておかなくてはダメですね)

ワインは微かにブショネ?と思ったのでコルクを嗅がせて
貰いその旨を伝えました。嫌な顔ひとつせず違うボトルを
開けてくれました。サービスも良かったし又行ってみたい
と思ってます。


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-02-05 01:46 | Toscana(トスカーナ) | Trackback | Comments(12)

おまけ ボッコンチーノ

Bocconcino(ボッコンチーノ)とはイタリア語で
「一口」くらいの少量を意味する言葉。
モッツァレッラのサイズにもいろいろありまして、
30g~50gくらいのひと口サイズの小さなモッツァレラ
をボッコンチーノと呼びます。

エスプレッソのカップを側に置いてみました。
こんなに小さい一口サイズ。可愛いでしょ♪ 
そのまま口に放り込んで食べられるので美味しいジューシーな
ミルクを逃がしません。
c0077533_23291678.jpg


コロコロとミニトマトのサラダとあえても見た目も鮮やかで
可愛い~。
実はボッコンチーノを沢山並べて写真を撮ろうと思っていたの
ですが、あっという間にみんなの口に消えて、はっ!写真!
と思った時にはこれ1個だけ残ったというわけです・・苦笑。

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-02-01 23:32 | cibo(食べ物関係) | Trackback | Comments(6)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia