「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

マッジョーレ湖周遊3 マードレ島(Isola Madre)

いよいよ3つ目の島 マードレ島へ。
c0077533_5415849.jpg

島全体が植物園になっています。船から下りて階段を登ったら
右手に植物園の入り口(植物園には入場券が必要)。
もし植物園に入らないとなると、植物園の入り口を背にして
一本道を進んでいくとBAR兼レストラン兼お土産屋がありま
す。でもそれだけしかないので、植物園に入る気がないなら
この島に行っても退屈してしまうと思います。
なんとこの島には管理人さんしか住んでいません。

植物園の中には、南国風の花や、珍しい植物、柑橘類の木が
溢れています。ゆっくり散歩しながら歩くのは楽しいけれど、
暑い中は大変でした。この島にも白い孔雀や孔雀が放し飼いに
なっていて私達の前を突然横切ったりして、こちらの方が気を
使って立ち止まったりしました。

ボッロメオ家の館からの景色も綺麗でした。この館の中は少し
薄暗く、ところどころにマネキンが置いてあって、1人で夜に
この広い館内を歩くのは怖くてできないと思いました。

ボッロメオ家の当主は演劇に興味があったようで、マリオネッ
トやプルチネッラなどが飾ってあり、小さい劇場のような部屋
もありました。
(下の写真右)この写真は館から見た景色です。このオレンジ
色の建物は館ではありません。中に小綺麗なBAR兼ショップが
ありました。
c0077533_545799.jpgc0077533_5452297.jpg

とにかく今回マッジョーレ湖に来てボッロメオ家の財力にも
驚きましたが、趣味の良さ(このマリオネットとか小劇場とか
はともかく・・・)にも感心しました。

島巡りを終えて、今度は車で湖畔を北上してスイスまで行きま
した。国際映画祭で知られるLocarno(ロカルノ)という町に
行きましたが、ケーブルカーで展望台に行きさらに上まで登る
と美しい景色を見ることができるそうです。
また周辺にはスイスらしい美しい自然や小さな可愛い村々が
あるようです。
私達は、今回中心の町を見ただけでまたイタリアに戻りま
した。

ゆっくりと山の自然を満喫してみるのも楽しいだろうなと思い
ました。

長々とマッジョーレ湖について書いてきましたが終了です。

2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-07-30 06:43 | Piemonte(ピエモンテ) | Trackback | Comments(10)

マッジョーレ湖周遊2 ベッラ島(Isola Bella) sanpo

ベッラ島に到着です。
ペスカトーレ島と違って、大きな建物がお出迎え!
c0077533_0361448.jpg
この建物はボッロメオ家のカルロ3世が妻への愛の証として建
てたものだそうです。

この島は向かって左側が宮殿、右側が10段の階段状の
ピラミッド型の庭園になっています。(この写真はガイドより
拝借)つまり島全体がボッロメオの所有。
c0077533_0371072.jpg

ボッロメオ宮殿内部は写真撮影ができないのですが、上品な
調度品と優しい優雅な造りの内部で豪華ながらも調和がとれて
いて全く嫌味がありません。舞踏会の間もあります。
これはペスカトーレ島側の窓からの景色。広い窓からは美しい
湖の景色が広がります。
c0077533_0374065.jpg

ヴェネツィアのシャンデリアで飾られたナポレオンが宿泊した
部屋もあります。
この宮殿の見所のうちの1つ、地下の部屋は凝灰岩や貝殻や
大理石で飾られた洞窟風になっています。上階の天井が高い
部屋に比べるとここは天井が低いこともあって、さらに海の底
にいるような不思議な感覚にとらわれます。
床も壁も天井も凝灰岩や貝や大理石や小石がびっしりと敷き
詰められています。(歩き疲れていたので、サンダルを脱いで
丸い石が敷き詰められた床を裸足で歩きたくなりましたが、
ぐっと我慢)c0077533_0381888.jpgc0077533_0383960.jpg

宮殿から続く庭にでると、白い孔雀がお出迎え。雛も歩いてい
て可愛い♪ 気品があって堂々としています。
時々羽を広げるサービスも。c0077533_041836.jpgc0077533_0413020.jpg

彫像や花が咲き乱れてとても綺麗。
c0077533_0421219.jpg

ところで・・・ なんか笑えるんですけど。何のポーズ?
(真ん中の一角獣はボッロメオ家の紋章だそうです)
c0077533_0423333.jpg

反対側にまわってみると、綺麗に手入れされた庭園が見えます。
c0077533_0491646.jpg

c0077533_0493577.jpgc0077533_0495334.jpg


素敵な景色!でも暑くて汗でびしゃびしゃです。
次は最後の島 マードレ島です。
飽きずにお付き合いくださいませ!
2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-07-27 00:55 | Piemonte(ピエモンテ) | Trackback | Comments(13)

マッジョーレ湖周遊1 ペスカトーリ島(Isola Pescatori)

お待たせしました。マッジョーレ湖の3島巡りです。
3島巡りというと大袈裟ですが、ぽっかり浮かぶ美しい島々
は湖畔から見ることができる近さです。
マッジョーレ湖のボッロメオ湾(湖の西側)にはLe isole
Borromeeボッロメエ諸島と呼ばれる5つの島があり、遊覧船
で観光することができます。その中でも有名な3島。
Isola Pescatori(ぺスカトーリ島)
Isola Bella(ベッラ島)
Isola Madre(マードレ島)

ところで、度々登場する「ボッロメオ(Borromeo)」とは金融
で財を成したミラノの貴族。この一帯は15世紀以来ボッロメ
オ家が領有していました。

先日述べたストレーザという町は観光の中心(ミラノからスト
レーザまで電車でアクセス可能。約1時間)。このストレーザ
から島巡りだけでなく他の湖畔の町への遊覧船がでていますが
私達は隣町のヴァベーノ(Vabeno)というところから
乗ることにしました。

ヴァベーノの町。30分くらいで町を見てまわれます。笑
町の中心はどこですか?と聞いて、「ここだけど(なにか?)emoticon-0112-wondering.gif
といわれて、「・・ですよね~っ!」と応えるしかなかったと
いうこじんまりしたところでした。
(左)教会
(右)個人営業のボート乗り場
c0077533_14028.jpgc0077533_1402566.jpg
チケット売り場の側には、個人営業のボート(↑)が客引き
しているので、それに乗る気がない場合は大きな建物の中に
あるチケット売り場へ。
セットになったチケットなど、いろいろあって迷いますが、今
回は3島巡りをして、さらにマードレ島の宮殿+庭園、ベッラ
島の植物園を観光する気でいたので、入場料もセットになった
ものを購入。
3島を自由に行き来できる1日チケット 12ユーロ
ベッラ島の宮殿+庭園とマードレ島の植物園の入場券17.5
ユーロ。ちょっとお高い気がしますが、見る価値ありです。

乗り場側からチケット売り場を見た様子(みんな少ない日陰
にきっちり入ってます。笑)
c0077533_1471278.jpg

(左)遊覧船乗り場(右)乗り込んだ遊覧船から(ギラギラ照りつく太陽から避けるために中に。
窓から撮ったため反射しちゃってます・・) 
c0077533_1474928.jpgc0077533_1483639.jpg

5分も経たずにペスカトーレ島に到着。
漁師の島というだけあって、3島の中で唯一住民がいる島でホ
テルや土産物屋などがあって生活感が感じられます。
(左)到着~。湖に張りだしたトラットリアや緑や花がいい
雰囲気。
(右)使わなくなったボートに花が植えてあってこれも可愛い
c0077533_293096.jpgc0077533_263834.jpg

島の反対側
とっても爽やかそうな景色ですが・・ 実はこの日は
すっごく暑くて、体中べとべとでした。
湖の水は綺麗で、泳いでいる人沢山いました♪
c0077533_220437.jpg

細い路地があったりとっても可愛らしい島。
c0077533_2213541.jpgc0077533_2245569.jpg

一度に3島ご紹介できると思ったのですが、載せたい写真が
沢山ありすぎて、ダラダラと長くなりそうなので、分けること
にします!
ペスカトーリ島を後にして、泳いでも行けそうな場所にある
ベッラ島に向かいます。奥に見えてるのがベッラ島
(近っ!)。
c0077533_235253.jpg

ペスカトーリ島(可愛い♪)
c0077533_2354128.jpg

船に乗り込んでそのまま中に入らず立っていきました。
ヴェネツィアのヴァポレット(水上バス)みたいな感じ。
じゃ~ん!これがベッラ島!立派なボッロメオの宮殿がそびえ
たっています!
c0077533_2355977.jpg

次に続きます~♪
2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-07-26 02:51 | Piemonte(ピエモンテ) | Trackback | Comments(4)

Stresa(ストレーザ)の湖畔

気にかかっていた仕事が1つ終わって、ちょっとほっとしている
ところです。

*************************

さて、マッジョーレ湖の続き。
湖畔の向こうにはアルプス山脈が眺められとても美しい景観。
マッジョーレ湖の中でも、Stresa(ストレーザ)は観光の中心地。
多くの文豪に愛されてきた場所です。貴族の保養地として栄え
てきたというのがうなずける、別荘や、豪華ホテルが立ち並ぶ
高級リゾート地ですが、客層のせいか穏やかな空気が流れています。
c0077533_18432136.jpgc0077533_18435342.jpg


Grand Hotel Des Iles Borromees
5星ホテル 屋外プールはもちろん、乗馬、ゴルフコースなど
併設していて広大な敷地・・・全体を撮ろうと思ったら上空か
ら撮らないと無理?・・ということでドアップの写真を。
c0077533_1845593.jpg

Hotel Regina Palace
4星ホテル こちらは湖畔側からの眺めですが、後ろに素敵な
庭園が広がっています。
c0077533_18455755.jpg

c0077533_18474614.jpg


このように素敵なホテルが沢山立ち並んでいます。
花の町といわれるこの一帯、3月~10月は花が咲き乱れて
とても綺麗です。

次は湖に点在するボッロメオ諸島巡りをご紹介します♪

2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-07-22 19:29 | Piemonte(ピエモンテ) | Trackback | Comments(18)

Maggiore(マッジョーレ)湖

イタリア北部のリゾート地、Maggiore湖(マッジョーレ)。
西岸はピエモンテ州、東岸はロンバルディア州、北部はスイス。
イタリアで2番目に大きい湖です。面積は約212平方km。
(ちなみに1番はガルダ湖)

湖には美しい小島がいくつかあり、その島々と湖畔の主要地は
遊覧船が定期的に運行しています。湖畔の町散策だけでなく、
遊覧船での島巡りは必見!夏季のシーズンには頻繁に運行して
いて気軽に行き来できて便利です。
c0077533_1132133.jpg


湖畔の散歩中
首が痛くなるくらい飼い主のおじさんを見つめて
「ジェラートちょうだい!」のワンちゃん。
c0077533_1114773.jpg

私達も暑いけど、ワンちゃんも暑いよね。
マッジョーレ湖畔もミラノと変わらないくらい暑いです。
湖の話題、続きます。

2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-07-18 01:31 | Piemonte(ピエモンテ) | Trackback | Comments(14)

海に想いを

暑いですね~。イタリア中どこに行っても暑いです。

海に行くチャンスがなかなかありません~。
先月クルーザーで行った時の写真を懐かしみつつ眺めて
・・・我慢。
c0077533_2104940.jpg


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-07-14 02:14 | Varie(いろいろ) | Trackback | Comments(12)

フルーツそのままのジェラート

暑い夏に欠かせないジェラート。
c0077533_20505514.jpg


フルーツの果肉をくり抜いてジェラートにして元の果皮に詰め
たものです!
オレンジ、レモン、桃、柿、ざくろ、ライム、みかん、キウイ、
イチゴ、栗、胡桃 などなど。
c0077533_21163540.jpg


フルーツの素材の味がそのままで美味しいし、見た目も
可愛い♪♪ 

このフルーツをくり抜いて作ったジェラートを名物にしている
ジェラテリアはイタリア各地にいくつかあるようですが、
いろいろ話を聞いていると発祥は、カンパーニア州サレルノ
近郊にあるジェラテリアのマエストロが研究に研究を重ねて
作り上げたものだそうです。

2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-07-12 21:45 | cibo(食べ物関係) | Trackback | Comments(14)

AKA SHIRO ワイン?

5月にナポリで開催されたワインの展示会。
会場は卵城(Castel dell'Ovo)内。

向かいのホテルの屋上テラスからの眺め
c0077533_1750669.jpg

(左)桟橋を渡って城の入り口へ。
城の周りにはレストランやBARなどもあります
(右)夕暮れ時
c0077533_17404729.jpgc0077533_1740166.jpg

卵城は豪華なホテルやレストランが立ち並ぶサンタルチア地区
の海に突き出した状態で建つ城。
今でこそナポリのフォトスポットとして欠かせない場所ですが
(ちなみに観光客だけでなく、結婚式を挙げたカップルの多く
がここでも記念撮影)この城、12世紀に要塞として築かれ、
海軍基地として使用されていたそうです。卵城という名前の由
来は幾説かあるようですが、建設の際に、基礎部分に卵が埋め
込まれて、「この卵が割れた時にはこの城はおろかナポリにま
で危機が迫る」という呪文がかけられたことからというのが
一般的のようです。

見本市は城の内部の洞窟のような広間や部屋を巧みに利用して
各メーカーのブースがつくられていました。
全てが繋がっているわけではないので、隣の部屋に行くために
外にでたり、城壁に沿って坂や階段を登ったりと(エレベー
ターも有)なんとなく観光気分が味わえます。
c0077533_18233855.jpg


ワインといえば料理!イタリア南部の州から選らばれた若手
シェフ達が腕を競うコンテストもあり、著名な食のジャーナリ
ストが一同に集まり、料理を試食し採点しました。
(私は関係者ではないけれど試食に参加させてもらいました)

ワインの話に戻りますが、ワインと寿司のマリアージュといっ
たセミナーがあり、そこで、こんなワインが披露されました。

ワインメーカーと和食レストランのコラボワイン
その名も「aka」「shiro」斬新!?笑(そのまんまっ!)
c0077533_18214774.jpg

AkaはAglianico種とカンパーニアの他の品種
ShiroはFalanghina種とカンパーニアの他の品種

お寿司とあわせるということで、まず寿司の説明から・・
c0077533_18205377.jpg


魚介類の素材を生かしたものではなく、
みりんを使った照り焼き風の鮭、アボガド、ゴマ、卵、
とんかつソース などを使ったものでした。

日本人ということでこの寿司について感想を求められ
ちょっと困りました。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-07-10 18:39 | Vino(ワイン)&ワイン見本市 | Trackback | Comments(14)

ソレント近郊

これまた前の話になりますが、ソレント近郊まで行った時の
ことです。

レストランと宿を併設しているこの建物の屋上のテラス
からの眺め!
遠くにカプリ島が見えます。
ナポリ側から見ても、ソレント側から見ても、カプリ島が
見える景色というのは絵になるものです。
c0077533_22474437.jpg

(左)ナポリ方面の景色。あいにく見えませんが。
(右)ブーゲンビリアが咲き乱れ、美しい~。
(でもよく見たら、枯れかけてるのもちらほら・・。苦笑)
c0077533_22484173.jpgc0077533_2249738.jpg

このレストラン外観はいまいちですが。中に入るとこんな感じです。
c0077533_22513064.jpgc0077533_22515573.jpg

(左)さらに奥に入ると、3方がガラス張りで素晴らしい景色!!
上のテラスで見た景色が見えるというわけです。
(右)下方に見える邸宅では何かのパーティーが開かれているようです。
c0077533_2254430.jpgc0077533_2259518.jpg


お勧めというアンティパスト。
うん、悪くないけど。でも普通?
c0077533_22564128.jpg

Scialatielli(シャラティエッリ)というパスタ
コシのあるうどんのようなパスタです。
(左)フンギポルチーニ (右)魚介 
c0077533_2255015.jpgc0077533_2334781.jpg



感想としては、サービスも良かったし、レストランからの景色
は最高だったし、お料理も悪くないけど、でも普通?
普通のカジュアルなトラットリアでも食べれるかもという
感じ。にしては、お値段が高い。というのが感想です。

2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-07-08 23:12 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(8)

ナポリピッツァ Da Michele(ダ・ミケーレ)

今まで、個人で行ったり、ピッツァ食べ歩きのお供などで
撮りだめてきたピッツェリアの写真が沢山あるので、
特に旬な話題がない時に、UPしていこうと思います。

ナポリのピッツァ好きで知らない人はいない?

Da Michele ダ・ミケーレ
こちら、創業1870年の老舗のピッツェリア

いつ行っても沢山の人。でもせっかくナポリに行くからには
はずせないお店。
このピッツェリアは他のお店と違って、2種類のピッツァしか
ありません。
・マルゲリータ(普通、中、モッツァレラチーズ2倍)
・マリナーラ(普通、中、大)

お店に着いたら人込みを掻き分けて中に入り、レジの側にいる
人に人数を告げて番号が書かれた紙切れをもらって外にでて待ち
ます。番号はイタリア語で読み上げられるので注意。もし数字
が聞き取れないと不安な場合は、周りの人に「自分の番号はこ
れ!」という感じで紙を見せておくと、なんとなく周りの人が
教えてくれたりすると思います。
(ちなみに席は相席なので、人数によっては順番が前後することも有)

待っている間は、「いや~ん、待ちきれない♪」などと思わず
恋人と抱き合うもよし、雑談をするもよし、これから食べる
ピッツァを想像しながら瞑想するもよし、他の周りの客と話を
するもよし、でも呼ばれる番号に耳を傾けるのをお忘れなく!
c0077533_18504442.jpg

内部は天井が高く広々した印象、奥にもう1つ部屋があり
ます。(写真の左側が入り口。奥の部屋側から撮った写真)
c0077533_1853155.jpg

ここでは相席が鉄則。知らないお客さんと相席になってもご心
配なく、美味しいピッツァに思わず笑顔がこぼれます。

どんどん焼きあがるピッツァ。
忙しいのにカメラを向けるとポーズをとってくれたり
サービス精神旺盛。みんなキビキビ働いてます。
c0077533_18522763.jpg

きたっ!マルゲリータのモッツァレッラ2倍
コルニチョーネが美味しい!
c0077533_1912571.jpg


Da Michele
Via Cesare Sersale, 1/3 Napoli
日曜休み
10時~23時(休憩なし)

2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-07-07 19:21 | ピッツァ関係&大会等 | Trackback | Comments(14)


通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
La visita(メーカー訪問)
Vino(ワイン)&ワイン見本市
食材見本市
ピッツァ関係&大会等
cibo(食べ物関係)
FriuliVeneziaGiulia
Trentino-Alto-Adige
Veneto(ヴェネト)
Piemonte(ピエモンテ)
Lombardia(ロンバルディア)
Liguria(リグーリア)
Toscana(トスカーナ)
Emilia Romagna
Umbria(ウンブリア)
Molise(モリーゼ)
Lazio(ラツィオ)
Campania(カンパーニア)
Basilicata(バジリカータ)
Puglia(プーリア)
Calabria(カラブリア)
Sicilia(シチリア)
Sardegna(サルデーニャ)
Varie(いろいろ)
ワンちゃん
Giappone(日本)
海外編
未分類

検索

お知らせ

★イタリアへビジネスでいらっしゃる方への通訳、現地視察・調査等、イタリア個人旅行の方へのコーディネート、イタリア各地のワイナリー見学や美食ツアーを行っています。
サイトをご覧ください。
     ↓
c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



★2つのブログランキングに参加しています。どちらとも1日に1クリックよろしくお願いします。 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ




★トリップアドバイザーの
おすすめブロガーに認定
頂いてます。
旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー


日欧商事様の「イタリア・ワイン・フード情報ブログリンク集」にリンク頂いています。
ブログリンク集



★このブログの記事、
写真等の無断転用は
お断りいたします。


★excite以外のブログ
☆Zucchina Allegra
☆日伊文化交流協会
☆CHICCO式イタリアdall'AallaZ
☆イタリア料理紀行 LA VITA A ROMA
☆aiutoイタリア!
☆TOLOSのぶろぐ
☆イタリアお気楽日記
☆イタリアお気楽日記第二章
☆くまちゃんと一緒
☆Dialetto osakano
☆かたつむりの国だより*イタリア料理留学記
☆イタリアワイン エノテカイタリアーナ
☆世界一のピッツァ職人パシュクアーレ
☆とあるイタリアンシェフの脳みそ
☆チーズ天使と! ほっと! HOT! リリータイム!!
☆ちょこっとしょこらな手作りお菓子

お気に入りブログ

イタリア食材「ベリッシモ...
kihachi* a s...
2008年にイタリアンレ...
*イタリア料理紀行
宮村浩樹のブログ
8階のキッチンから   ...
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
奈良 野菜ソムリエの店 ...
HEROのアナログな生活
It's a うさラビ ...
CLUB AMATORI...
お気楽フィレンツェ暮らし
Piccoli Pass...
カッラーラ日記 大理石の...
あわじしまっこ、フィレン...
パルマの食と生活
東京生活
ナポリピザ窯共同組合のブ...
つばさ雲
ロンドン&猫日記
NO ANCHOVY, ...
Q503Daily Photo

最新のコメント

初めまして。台湾の台北市..
by 台湾人 at 11:08
門田様。コメントありがと..
by infoitalia at 22:52
イタリアの大気汚染問題、..
by 門田 at 16:12
Ciccioさん。絶対楽..
by infoitalia at 19:04
Ciccioさん。 ラ..
by infoitalia at 19:03
うわッ!! 俺、このお..
by Ciccio at 12:04
ラグーも羊ですか? や..
by Ciccio at 12:02
お久しぶりです!コメント..
by infoitalia at 23:48
お久しぶりです、此処はも..
by jose at 02:44
楽しい季節ですが、今年の..
by infoitalia at 22:15
BirraとPizzaの..
by Ciccio at 09:31
joseさま!こんなに更..
by infoitalia at 11:23
おひさしぶりですブログは..
by jose at 02:42
randan0815さま..
by infoitalia at 17:43
これを見てると気分はちょ..
by randan0815 at 11:22

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
more...

最新の記事

魚貝料理続き
at 2017-02-03 03:44
魚貝料理を堪能
at 2017-01-31 04:23
2017年 新年明けましてお..
at 2017-01-01 01:01
Catacombe di S..
at 2016-12-28 23:56
ナターレ 2016 no.2
at 2016-12-28 00:06
ナターレ2016
at 2016-12-24 20:55
2016年秋 中国(上海)
at 2016-12-06 03:33
ナポリの市場(魚屋)
at 2016-12-04 17:28
2016年秋 中国(舟山群島)
at 2016-12-02 01:37
2016年秋 中国(四川省)
at 2016-12-01 19:00

最新のトラックバック

ラベンダーバンドルズ
from おいしい田舎から...dal..
1日で「ラ・ビコッカ」と..
from 旨い!ナポリピッツァ
駒沢でタイカレー&ロシア..
from 旨い!ナポリピッツァ
中世の村モンテリッジョーニ
from Piano piano-イタ..
アマルフィ 女神の報酬
from 日伊文化交流協会

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧