<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アルバの白トリュフ祭り。
毎年10月~11月1週目迄、土日に開催されます。
会場は、今年から町の中にあるCortile della Maddalena
に変わっていました。

会場への入り口
この門をくぐると
c0077533_2011250.jpg


有名人が大きい白トリュフを手に笑顔で迎えてくれます
c0077533_19553058.jpg

c0077533_19563015.jpg


会場内は私のように冷やかし半分の人、真剣に購入している
人、試食を目指している人、などなどでごった返してました。
c0077533_2024557.jpg


無表情で白トリュフをわしづかみにしてこちらに向けて、
匂いをかげ!と。 爆 
クンクンかがせてもらいました。
c0077533_1956211.jpg


各スタンドで立ち止まって手にとってもいいかたずねてから、
匂いをかがせてもらいました。強烈な香りにうっとりです。
c0077533_19575628.jpg


トリュフだけでなく、ワインの試飲ができたり、
ポルチーニやサラミなど、特産品のスタンドも並んでいました。

その後は会場内をでてアルバ市内を散策です。
続きます~。
クリックよろしくお願いします~♪emoticon-0169-dance.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2009-10-29 20:20 | 食材見本市 | Trackback | Comments(3)
アルバといえば白トリュフ!
前々から行きたかった白トリュフ祭りに行ってきました!
毎年10月~11月1週目迄、土日に開催されます。

まずはアルバ近郊での夕食
ピエモンテの郷土料理が堪能できるトラットリア。

アンティパスト 5種
●Acciughe in salsa di nocciole
アンチョビとヘーゼルナッツのソース(手前)
●Pane fritto con salame cotto
フライ、自家製サラミ(奥)
c0077533_055793.jpg


●Insalata(右奥・・ほとんど食べてしまってますが・・)
サラダ
チーズやセロリなどがたっぷり入ってました。
これまたすっごいボリュームでした。
●Carne cruda(手前)
生肉
フレッシュな牛肉を叩いてオリーブオイルとレモン汁等で
味付けしたもの。
このまま食べても十分美味しいですが、今回は
白トリュフと頂きました!
c0077533_0563913.jpg


●Bagna cauda
バーニャカウダ
アンチョビとニンニクをオリーブオイルで煮込んだソースに
野菜をつけて食べる料理
ここではアレンジされていてカリフラワーを煮込んでクリーム
状にしてその上にアンチョビ・ニンニクのソースがけ。
c0077533_0583621.jpg

途中でこのように白トリュフが運ばれてきました。
好きなのを選んで(というかお財布と相談ということですが
・・笑)重さを量ってもらいます。
(100グラム=350ユーロ)
小市民の私はお財布とよ~く相談して小さい中でも
香りが良さそうなのを選びました。
c0077533_06267.jpg


選んだ白トリュフを上のcarne cruda(生肉)と
プリモのTajarin(タヤリン)という卵を使った手打ちパスタに
スライスしてもらって食べました。

プリモ
●Tajarin(タヤリン)
白トリュフをスライスしてもらいました。
c0077533_0594886.jpg

●Agnolotti dal plin(アンニョロッティ・ダル・プリン)
ひき肉やチーズなどを包んだラヴィオリ
(写真を撮りそこねました)

セコンド
●Coniglio
ウサギ肉のワイン煮込み(奥)
●Stinco di Manzo
牛のすね肉の煮込み(手前)
c0077533_111256.jpg

ドルチェ
●Bunet(ブネ)
アマレット風味でプリンのようなデザート。
ピエモンテのデザートとして必ず名前があがります。
(そういいながら写真を撮り忘れた私・・・・。
他のトラットリアで撮ったので次回アップします!)
●Semifreddo alle castagne
栗入りアイスクリームケーキ
c0077533_12471.jpg

トラットリアは名前の通り、ブドウ畑の中にありました。
夜だったので景色はよく見えませんでしたが、昼間は目の前に
広がるブドウ畑がとっても美しいと思います。
お店の雰囲気もいいしお店の方もみんな感じがよく
そしてお料理もとっても美味しかったです。

"Trattoria nelle Vigne"
Via S. Croce, 17 12055 Diano d'Alba
Tel. 0173.468503

ピエモンテの話はまだまだ続きます~。
クリックお願いします!!emoticon-0169-dance.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2009-10-25 00:25 | Piemonte(ピエモンテ) | Trackback | Comments(8)
ローマのバールでCappuccinoを頼んだら
こんな綺麗なデザインカップッチーノが。
c0077533_0321594.jpg

お隣の常連客らしい女性の方には、Buongiorno
と書かれていました。

なんだか楽しくなりますよね!

カップッチーノに絵を描くことをラテアートかデザイン
カップッチーノと呼ぶそうです。
初めてイタリアを旅行した時にシチリアのカルタジローネの
広場のバールでカップッチーノを頼んだ時、ハートが描か
れたものが運ばれてきました。「わ~可愛い!」と
バリスタさんの方をみたら、笑顔でウインクをしてました。

日本でも可愛いクマさんが描かれたカップッチーノが
運ばれてきたことがあって、嬉しくなって写真を撮ったはず
なのですが、その写真がみあたりません~。残念

クリックお願いします♪emoticon-0169-dance.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2009-10-22 00:39 | cibo(食べ物関係) | Trackback | Comments(4)

PIZZO(ピッツォの特産品)

PIZZOの特産品。
前回のブログ中に広場の写真がありますが、そこには何軒か
BARが軒を並べています。どこが一番老舗なのか分かり
ませんが、とにかくその内の1店に入ってみました。

そこで食べた物はこれです!
1.TARTUFO(トリュフ)
c0077533_1725243.jpg

トリュフとは言っても本物ではなく、アイスクリームです。
へーゼルナッツとチョコレートのアイス、中からとろ~り
チョコレートが出てきます。PIZZO発祥のアイスクリーム。
ゲンコツくらいの大きさがあります。

カラブリアのTROPEA(トロペア)地域といえば、これ!
2.Cipolla rossa di Tropea トロペアの赤タマネギ
c0077533_17212548.jpg

皮が赤く、少し細長い形をしていて、とても甘いそうです。
(サラダにしても美味しいよ!と言われましたが
タマネギ・・・嫌いなので試してません~。)

カラブリアといえば、ご存知。
3.Peperoncino(唐辛子)
カラブリアといえば、唐辛子 というくらい唐辛子を使った
料理が多いことでも知られています。
激辛を示す爆弾のような包装になっているのが面白いでしょ。
c0077533_1730165.jpg


Crema di Peperoncino
唐辛子ペースト

Nduja(ンドゥーヤ)
不思議な名前でしょ。
簡単に説明すると、柔らかいサラミ、塗るサラミ!?です。
豚肉、脂身、塩、香辛料、たっぷりの唐辛子が材料の、
辛いパテみたいな感じです。
とっても辛いですが癖になる味。

本物の唐辛子もよくこのように吊るしてありますが、
陶器でできた唐辛子もお部屋の飾りに可愛いかも。
c0077533_1822658.jpg


辛い物が食べたくなった方~クリックお願いします♪emoticon-0169-dance.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
 
[PR]
by infoitalia | 2009-10-06 18:11 | Calabria(カラブリア) | Trackback | Comments(6)
カラブリアではTropea(トロペア)という町がお気に入り
なのですが、もう1つお気に入りが増えました。
Tropeaと同じくティレニア海側にあるPizzo(ピッツォ)と
いう町です。とっても小さな町ですが、断崖に作られた町
の景観と町からの景色はとっても素敵です。

町の中はこんな風に階段状の細い通りが沢山あります。
奥に見えているのは海。
c0077533_22452031.jpg

町の広場
c0077533_223434.jpg

広場の端まで行ってみると
アラゴン城
c0077533_2211555.jpg

城への入り口
c0077533_2223248.jpg

この眺め!
c0077533_2213715.jpg

海の色がすっごく綺麗です!!
c0077533_222085.jpg


クリックお願いします~♪emoticon-0169-dance.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2009-10-01 22:56 | Calabria(カラブリア) | Trackback | Comments(8)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia