イタリアを楽しもう!

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Luccaのレストラン

ルッカの老舗のレストラン。
c0077533_5511148.jpg

こちらで頂いたのは
お勧めメニューの
Minestra al Farro alla garfagnina
FARRO(スペルト小麦)好きにはたまりません。
c0077533_5502310.jpg

La faraona all’uva
ホロホロチョウ ブドウの実添え
c0077533_6135451.jpg

ドルチェ
c0077533_6221610.jpg

c0077533_6224650.jpg


ワイン
La Braccesca
Santa PIA
Vino Nobile di Motepulciano DOCG
c0077533_6233775.jpg

原産ぶどう種:
100% プルニョーロ ジェンティーレ種

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]

Carnevale di Viareggio(ヴィアレッジョのカーニバル)

Viareggio(ヴィアレッジョ)のカーニバルの開催日
2009年 2月8日、15日、22日、24日、3月1日

Viareggioはトスカーナ州の北、海沿いにある街で、
ヴェネチアと共にカーニバルでも知られています。
ヴェネチアとの違いは、海沿いの通りを閉鎖するので
見学するには入場料がかかること(1人15ユーロ)。
また仮装行列と共に、巨大で派手な山車が何台も
練り歩くのも特徴です。

駅から海に向かって歩いてくるその通り沿いの家には
こんな風に飾りや旗などが飾ってあります。
c0077533_618371.jpg

c0077533_619844.jpg


15時から山車の行進が始まりますが、その頃には
好きな格好に仮装した見学者などでごったがえします。
ワンちゃんも人ごみにヘトヘト・・・。
c0077533_6201736.jpg


カーニバルの雰囲気がかなり盛り上がっているところで
気になるのは・・・・・
小さい紙ふぶきなどを撒き散らしたり、人の頭に
パラパラとかけてきたりするするのは楽しくていいの
ですが、気分を害するのはスプレー、そしてムース。
ムニューとした細いチューブみたいなスプレーは
すぐにとれば大丈夫ですけど、ムースはアルコール?
油分?を含んでいて、結構べったりと後まで残って
しまうので、洋服にかけられるとシミになりがちです。
とにかくお洒落をしていくと、嫌な思いをするので
要注意です。

さて、これが山車です!
激しく揺れ動くヴェルルスコーニ。その笑顔が怖い・・。
c0077533_6211617.jpg

隠れていたキングコングが現れてぐわ~!と叫びます。
c0077533_6222688.jpg

がーがーと うるさい・うるさい。笑
c0077533_6241416.jpg

c0077533_6282664.jpg

綺麗(?)なお姉さん(男性)達が山車の上で
踊ってます。
c0077533_6295166.jpg


まだまだ沢山の山車があるのですが、全部載せていると
すごい容量になるのでとりあえずここまで。。。

すっごい人ごみで疲れましたが、とっても楽しかった
です!!!

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]

メーカー訪問第31回 Bressanone(ブレッサノーネ)のワイナリー

メーカー訪問第31回目は、ブレッサノーネのワイナリー訪問
です。小規模な家族経営のこちらのワイナリーでは
高品質でとても上品な白ワインを醸造しています。
オーナーのファミリーが何百年にも渡って所有していた
土地・住宅を改築し、ここのカンティーナとしてのワイン作り
をはじめたそうですが、それにはオーナーの奥様の協力が
なければありえなかったという話をうかがいました。
お会いした奥様はとっても明るくて元気で働き者!という感じ
の方、オーナーはとってもまじめで寡黙な方という印象を
受けましたが、オーナーにカンティーナを見せていただき、
お話を聞いて、ワインの試飲をしながらワインに対する情熱
を静かに語ってくださるのをうかがっていて、ふと気がついたら
思わず長居をしていました。
とても貴重な体験ができたと思います。

改築されたカンティーナはとても清潔です。
c0077533_439462.jpg

c0077533_4394660.jpg


生産量は少数ですが、今はこれ以上増やす予定はないとの
ことです、消費者としては残念な気がしますが、無理に量を
増やすことで品質を下げたくないとのことでした。
栽培しているブドウ品種は下記の4種
Riesling
Sylvaner
Gewurztraminer
Veltliner

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]

メーカー訪問第30回(ボルツァーノのワインメーカー)&ブドウ畑での剪定

ボルツァーノやその近郊には沢山のワインメーカーが
あります。急に日程が決まったため事前にコンタクト
をすることができなくて、直前に電話をしたのですが
やはり受け付けてもらえないところが多かったです。
(この時期はブドウ畑やワイナリーでの仕事も比較的
穏やかな時期なので、交代で休みをとったり、ここぞ
とばかりに修理などを行ったりすることが多いようです)
そんな中、気前よく応じてくれたワイナリーもありました!
明るく迎えてくれたオーナーにカンティーナを案内して
もらいました。家族経営のワイナリーです。
c0077533_613655.jpg

後で知った話ですが、もし一日ずれていたらオーナー
は仕事でミュンヘンへ行っていて不在だったそうです。
よかった~。

畑にも興味があると伝えたら、じゃあ畑を見に行こう!
という話になり2箇所の畑に連れて行ってもらいました。
この時期はブドウ畑に行っても実がなっているわけでも
緑の綺麗な葉っぱが見られるわけでもないのですが、
とても興味深い時期です。
というのも秋の収穫が終わって落葉したら、ブドウの木は
休眠にはいるのですが、その時に剪定の作業を行います。
果実がつく芽の数を決めるという大事な作業です。

木の仕立て方にはいろいろな方法があります。
私の要望どおりに、グイヨー(GUYOT)と
ペルゴラ(PARGOLA)という仕立て方をしている畑
を見せてもらいました。

こちらはグイヨー(GUYOT)。
c0077533_6144834.jpg

このように昨年使った(果実がなっていた)枝を
ざっくり切り落とします。
春に近づき枝が柔らかくなって切り口から樹液
が出てくる頃になったら枝をこのように曲げて
ワイヤーに縛っていきます。
(私のためにわざわざこうやってするんだよと
言って枝を曲げて見せてくれました)
c0077533_6155016.jpg

c0077533_6164635.jpg


剪定作業の際に、グイヨーはそれほど難しくないの
ですが、ペルゴラは熟練の人でないと簡単に剪定が
できないそうです。 こちらがペルゴラ。
どの枝を残していくかを見極めるのが難しいのです。
(納得・・・)
c0077533_62228.jpg

今回はカンティーナも興味深かったのですが、
畑にまで連れて行ってもらえてとても幸せでした。

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]

Bolzano(ボルツァーノ)

Bolzano(ボルツァーノ)
ボルツァーノの町にもポルティコがある通りがあります。
c0077533_023320.jpg

町の中心には市場が開かれている通りがあり賑やかです。
チーズとサラミ・ハム類
c0077533_032739.jpg

お菓子が並んだショーウインドー
c0077533_042782.jpg

マジパンで作られた可愛い豚さん
c0077533_04659.jpg

ボルツァーノその近郊には沢山のワインメーカーがあります

今回、メーカーを訪問することがでました!
次回に続く~。

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]