<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

番犬? 

知人宅のワンちゃん。
知らない人が来ると、太い声で「バウッ」と一声ほえます。
え?それだけ? と思いますが、いつもおとなしいので
この一声で飼い主である知人は、何かおかしい 
と気がつくのだそうです。
というわけで、勝手にバウちゃんと命名してるのですが
私が行っても、眠たそうな目でちらっとこちらを見るだけで
お昼寝を続けます。苦笑
散歩に連れて行ってくれないって知っているから無関心なのかなぁ・・・。
c0077533_0203181.jpg


クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2008-09-24 00:22 | ワンちゃん | Trackback | Comments(8)
トスカーナ州、キャンティ(Gaiole)地区のワインメーカー

9月の半ばになって天候が変わりました。
雨が降って気温も下がり涼しくなり、今回4度目の雹が降りました・・・・。
ここのメーカーがある地域では幸い今のところ雹の被害を
受けていませんでしたが、今回の雹で終わったな・・・(涙)と
思っていたところなんと奇跡的に、助かったそうです!
葉っぱがブドウの房を守ってくれたそうな。
よかった~♪♪
c0077533_22222957.jpg
↑Sangiovese(サンジョベーゼ)という品種のブドウです

キャンティクラシコに使われている主要なブドウ品種は
このSangioveseですが、地域が変わるとその品種の特徴も
変わってきます。例えばトスカーナ州のMontepulciano(モンテプルチャーノ)、
Maremma(マレンマ)や、ウンブリア州で栽培されるSagiovese品種の特徴は?
といった興味深い話を聞く機会もあったので、またブログに書こうと
思っています。

ちなみにSangiovese品種には40ものクローンがあり、それぞれ
どの土地にどのクローンが合うのかという研究も長年行われています。

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2008-09-21 22:54 | La visita(メーカー訪問) | Trackback | Comments(2)
友達のところのワンちゃん、犬が嫌いな人のことがよく分かるらしく、
犬が好きな人のところにだけ寄ってきます。
(それでは番犬にならないよね?! 爆)
とっても甘えん坊で自分の体の大きさに構わず、
うき~っ!(サル?)と喜んで突進してきて甘えます。
すごく可愛いのです。
彼にはそっくりの兄弟がいて一緒に住んでいますが、
最近さらに新しいお友達が増えました。
微笑ましいのは、意地悪をするではなく、まるで自分の子供のように
お世話をしているのです。でも、飼い主である友達があまりにも
この小さいワンちゃんを可愛がりすぎると、拗ねちゃいます。苦笑
一番可愛がられているのが自分だって分かったら満足するみたいです。

こうやって仲良くお昼寝をしている姿もよく見かけます。
c0077533_153520.jpg

写真撮るよ~♪ の声に反応してカメラ目線。
c0077533_1533978.jpg


あっ、そういえばこのワンちゃん(大きい方)友達に似てる~。爆

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2008-09-12 15:29 | ワンちゃん | Trackback | Comments(2)
シチリアで行われているブドウの収穫作業風景です。
前回の写真のように、ブドウを手摘みしてバケツに入れていきます。

そして、運搬トラクターが回収していきます。↓
c0077533_22115183.jpg

バケツの中に入っているブドウを荷台の上にある大型のケースに移します。↓
c0077533_22112093.jpg

これは、Syrah(シラー)という品種のブドウ
(念のため: もしゃもしゃの毛深い腕は私のではありません。笑)↓
c0077533_2221455.jpg


他の地域の状況はといいますと:

トスカーナ州のキャンティ地区
・8月の半ば
昼は暑く夜は涼しく好ましい状態
過去の収穫時期に比べると10日くらいブドウの成熟状態が遅い
まとまった雨が降っていない
・9月に入って
キャンティクラシコのブドウの成熟の遅れが取り戻せた

ピエモンテ州
8月の半ば頃に雹が降って被害がでたところもある

また情報が入ったらご連絡します~。

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2008-09-07 22:51 | La visita(メーカー訪問) | Trackback | Comments(8)
夏だ、海だ!と浮かれている間もなく(それは私だけ?)、
ワイナリーでは今年のVendemmia(ブドウの収穫)が近づき
神経を使う時期になってきました。
c0077533_11305686.jpg
(収穫作業は手摘み。腰をかがめての作業は大変です)

イタリアは南北に長いため、その地域によって収穫時期も違います。
収穫というと、なんとなく秋!というイメージがありますが、
特にシチリア島では、8月に収穫が始まります。
私の知っているワイナリー(シチリア島の南東部)では、
8月15日過ぎにはSyrah(シラー)というブドウ品種の収穫が始まっています。
というのも、ブドウ品種によって成熟時期に違いがあるので、
早く熟すブドウ品種は早い時期に、反対に熟すのが遅い品種は
後から収穫していくことになります。
そして、ここでは、このSyrah(シラー)を先に畑の3分の1だけ収穫し、
残りを27日、28日に収穫することにしました。
それは、先に収穫したブドウからフレッシュなワインを作るためだそうです。
シチリアでは酸度があるワインを作るのはそう簡単ではないため、
こうして同じ品種でも時期を変えることによっていろいろな特徴を
引き出していきます。そうして最後にブレンドするのです。
ちなみに、27日、28日の収穫の際に、Syrah(シラー)の畑の
残り3分の2の収穫が行われましたが、各1本のブドウの木から
4分の3の房を残して収穫することになりました。 
もちろん1回で全部収穫できれば手間もかからなければ経費も
抑えられます、さらに同じ品種のブドウ畑を時期を分けて収穫する
のはまだ簡単です(と言っても2度手間ですが)、
しかし、さらに各一本の木から・・となると房を確認しながら選別して
収穫しなければなりません、でもこのように手間をかけるのは、
収穫したブドウはもう後戻りができないからです。
来年にならないと次のブドウを見ることができないのです。
今までの努力が、収穫時期を間違えるだけで水の泡になってしまう
こともあるからです。 
というわけで(熱く語ってしまいましたが・・笑)、
残された分は最高の状態に熟した時に収穫されます。
(それまでに天候などで被害がないことを祈ります。)

一方、シチリアのブドウ品種の代表選手といえば、
Nero d'Avola(ネーロ ダボラ)。
収穫の時期が例年だと9月の10日から15日あたりだったのが、
今年は少し早まりそうです。

あっ、ところでシチリアのように暑い地域では収穫したブドウが発酵
をはじめてしまうのを避けるために、日中の暑い時間帯を避け、
夜の涼しい時間帯に収穫する地域もあります。夜、ブドウ畑が
ライトアップされるさまはその地域の風物詩になっています。
っていっても、作業してるほうは「ライトアップされて綺麗~♪」
とか思いながら作業なんてしてませんよね。
こんなに重労働なのに。(お疲れ様です)

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

こちらもよろしく~♪070.gif

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]
by infoitalia | 2008-09-03 11:52 | La visita(メーカー訪問) | Trackback | Comments(6)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia