イタリアを楽しもう!

<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

思いがけず美味しかったレストラン(Civita Castellana編)

先月Romaより北のLazio州をうろうろしている時に
ランチを求めてCivita Castellana(チヴィタ カステッラーナ)
という町に立ち寄りました。
というわけで、街には全然期待していなかったのですが(ごめんなさい)、
Il Forte Sangalloという要塞があり:
c0077533_21233731.jpg

外観はこんな感じ。かなり立派です。
(この写真↓は正式サイトから引用)
c0077533_21255246.jpg

中世期に建設されたこの建造物は軍事上だけでなく
教皇の住まいにも使われ(1800年代まで)、
1846年からは軍隊の刑務所、そして教皇領の政治家拘留者の
刑務所に使われたとのことです。
内部は見事なフレスコ画が描かれています。
現在は考古学博物館となっていて、
各年代の陶磁器など見学することができます。
説明してくれた係の方は、この町がいかに由緒正しい街なのかを
熱心に語ってくれました。

ということで かなり私情の入った説明を聞きながら見学をして(笑)
それからランチに行きました。
美味しいと勧められていったレストランは予約客でいっぱいだったので、
その近くにあったレストランに行きました。
前者が気軽なトラットリアという雰囲気だったのに比べると
こちらは内装もちょとお洒落な感じ。

●Zuppa di Pasta e Ceci
美味しかった♪
c0077533_21322226.jpg

スープの具は
(grattoniというパスタ、ヒヨコマメ、セロリ、にんじん、ローズマリーノ)
c0077533_21335766.jpg


●Strozzapreti all'amatriciana 
(アマトリチャーナ風 ストロッツァプレティ ←パスタの名前)
名前が面白い♪♪ パスタは歯ごたえがしっかりしてました。
"Strozzare" (イタリア語で 絞め殺す、喉につかえるという意味)
"Preti"(イタリア語で 司祭)
名前の由来はご想像ください。笑
c0077533_21341353.jpg

●Tris(欲張りさんに3種セット)
・Lasagna Bianca ai Carciofi
・Crepes ai formaggi
・Cannelloni di carne
c0077533_21343375.jpg


クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]

魚介料理がお勧めのレストラン(Matera マテーラ編)

先月Matera(マテーラ)に行った際に、美味しいレストランを
沢山紹介してもらいました。
その中で、このレストランのSpecialita'は魚介料理とのこと。
新鮮な魚介が手に入るのは一週間に1回だけのマテーラですが、
ここのオーナーは自ら毎日買い付けに行っているそうです。
店内に入ると船の形をしたショーケースが。(巨大なヨーロッパ版舟盛?♪)
c0077533_17372339.jpg

新鮮な魚が並んでいます。
c0077533_17381865.jpg

他にも(貝、ウニ、アカザエビ など)
c0077533_17583142.jpg

アンティパストが次から次へと運ばれてきます。
c0077533_1746211.jpg

c0077533_1759116.jpg

c0077533_17403444.jpg

c0077533_18162127.jpg

c0077533_17412021.jpg
c0077533_17414045.jpg

どれもこれも美味しくて大満足♪♪
この後、プリモ、セコンドを食べたのですが
その頃にはお腹がはちきれそうで写真どころではありませんでした。

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]

メーカー訪問第25回(2) 養蜂場(巣箱)

ミツバチの巣箱を見せてもらいました。
本当はネットを頭から被って蜂が住んでいる巣箱を見ることも
できたのですが・・・蜂・・・・怖い!!!ということで
現在ミツバチが住んでいない巣箱をみることに。(意気地なし・・)

巣箱。
中に約10枚の「巣枠」(写真3枚目参照)が入っています。
箱の下に「巣門」と呼ばれる出入り口があります。
c0077533_23571543.jpg


このように、蜂の数に応じて巣箱を2段(写真↓)にも3段にも
することができるそうです。
c0077533_23581314.jpg


巣枠。
ミツバチたちが巣をつくるのが「巣枠」という木製の枠です。
体からミツロウを分泌してこの枠に巣を作りますが、
巣をつくりやすいように、巣の基礎になる形をミツロウで作ったもの
を巣枠にあらかじめ貼り付けておくそうです。(巣礎というそうです)
c0077533_054255.jpg


季節によって通気孔の大きさをかえるそうです。
指で指しているところから順番に時計回りで
①冬ー春(餌が足りなくなる季節なので10日に1回くらいシロップをあげる)
②夏 ③秋 
c0077533_03368.jpg


室内が暑い時はミツバチ達(働きバチ)は羽をブンブンいわせて
風を送って温度をさげるそうです。

とにかく新しいことばかりでいい勉強になりました。

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]

メーカー訪問第25回 養蜂場訪問 ミツバチの世界では雄は働かない?

メーカー訪問第25回目 イタリアの養蜂場を訪問してきました。
(ちょと前のことになりますが・・)
美味しい蜂蜜をつくってくれるミツバチについて丁寧に
説明をしていただきました。
実は・・・虫・・・怖い~!ので、ハチの巣を見るなんてとても
恐怖だったのですが、ここは我慢・・・。
話を聞いている最中、ミツバチがぶ~んと側を飛んでいきます。
きゃ~!(内心・・・怖い~っ!)

ミツバチの巣の中には1匹の女王バチと
数千~数万匹の働きバチ(メス)
そして、数百~数千匹のオスバチが住んでいます。

女王バチ:
子供を産めるのは女王バチだけ!
他のハチと違い特別な部屋でローヤルゼリーを食べて育ちます。
4月~6月頃羽化して一週間後くらいに、巣の外に飛び立ち
多数のオスと交尾します。その後、巣の中で大量の卵を生みます。
次の春に、新しい女王バチが誕生したら、古い女王バチは
巣をでて新しい巣を作って繁殖を続けます。
女王バチの寿命は4年もあるそうです。(働きバチの40倍とか・・)

働きバチ(メス←くどいって?笑)
受精卵から生まれるメスバチ。
卵は産みません。
掃除、子育て、女王バチに餌を運んだり、巣作り、
食料の保存、食料を取りにいったり・・と 
それぞれ仕事の役割が決まっています。

オスバチ・・・・・。
無精卵から生まれるハチ。
食料を取りに出かけることもなく、ぶらぶらと常に
暇をもてあましていて、女王バチが交尾に出かける時期に
空中で女王バチと交わり(不思議なことに、巣の中で交尾を
することはないそうです。また女王バチと同じくらいに高く空中を
飛べないオスは女王バチに近づくこともできないそうです。)
生殖器の一部を女王バチの体内に残してその直後に
死んでしまいます。
女王バチと交尾しなかったオスバチは、働きバチから花蜜や
花粉をもらって巣の中で暮らし続けますが、秋になって、
これらの食料が減り始める時期になると巣から追い出されて
死んでしまいます。。

これを聞いたときに、同行したイタリア人のMちゃん、
ほら~オスは用なしなのよ~!人間の世界と同じ!と
大共感しておりました。 爆

さて、ミツバチの食事は、主食であるはちみつとおかずの花粉。
そして特別食のローヤルゼリー、これは女王バチと
女王バチ候補の幼虫だけが食べることができるそうです。

花蜜→はちみつ:
働きバチが集めてきた花蜜を、巣の中で待機している別の
働きバチに口移しで渡します、その際に、体内の酵素の働きに
よってショ糖が果糖とブドウ糖に変化します。
その後、貯蔵の小部屋に運ばれはちみつへと熟成していくそうです。
この際に、働きバチは花蜜の水分を飛ばすため羽ばたきをして
風を送るそうです。
花粉: 
花粉は団子状に丸めて貯蔵室に保存されるそうです。
ローヤルゼリー:
貴重なローヤルゼリーは、働きバチが花粉を食べる際に
合成されます。たんぱく質、ミネラル、ビタミンなどが含まれていて
栄養分がいっぱいで、特別なハチ、つまり女王バチと女王バチ候補の
幼虫だけに与えられます。

ところで!
訪問中、Mちゃんの携帯の呼び出し音がなり、それはタイミングよく
「Ape Maia」(アペ マーヤ)でした。笑 
イタリア語でApeはミツバチのこと。というわけで、イタリアでは
「ミツバチマーヤの冒険」は 「Ape Maia」と呼ばれています。
実は私・・・マーヤのことをずっと他のキャラクターと誤解していました。
イタリア人の友人の誰に聞いても、Ape Maiaは、クルクルの金髪で
いつも元気でポジティブなハチ・・ 金髪???
私がイメージしていたのは、いつもなぜか不幸で涙を流しているハチ・・・。
青と黄色の縞々の帽子をかぶっていたような気が・・・。
もめにもめた挙句、インターネットで調べてみたら・・・
そう、これは 「Ape Maga'」(アペ マガ)とイタリアで呼ばれている
「みなしごハッチ」のことだったんです。
私の勘違いでした・・。
ミツバチマーヤの冒険(イタリア語版)By YouTube(←突然歌が始まるのでご注意!)
c0077533_2331680.jpg

みなしごハッチ(イタリア語版)By YouTube(←突然歌が始まるのでご注意!)
c0077533_2335119.jpg


長くなりすぎたので巣箱については後日~♪

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]

Vinitalyでワインの試飲

見本市でメーカーのスタンドをまわって試飲をするのは
もちろんですが、テーマを決めての試飲も各場所で行われます。
今年はいくつか参加することができました。
そのうちの1つ、Campania州のトップワイン(赤)
席について説明をききながら6種のワインを試飲しました。
c0077533_17362076.jpg

すべてブドウの品種はAglianico(アリアニコ)。
アルコール度数 13%~14.5%
同席した方達がピエモンテでAIS(イタリアソムリエ協会)のコースに
通ってワインの勉強をしているということで、うんちくを述べながらの
試飲になりました。
(ワインをかじり始めるとこれも楽しみの1つだったりする?苦笑)
ワインはそれぞれ個性が違って、
香りは 花、チェリー、森のベリー、熟したフルーツ、スパイス、タバコ
革、動物、などなど 個性が全く違います
タンニンが強すぎてギシギシしたり、まろやかだったり、
調和が取れていたり、後味が残るもの、残らないもの などなど

とにかく楽しい試飲となりました♪

おまけ
先日のレストランには期間中2回行きました。
2回目に行った際のアンティパスト
その後の、プリモ、セコンド、ドルチェは写真なしです(残念)
しかもこれは携帯で撮ったもの↓ 画像がいまいちですよね・・。
c0077533_18163747.jpg

合わせたワインはAlto Adige州のSt.Michael-Eppanの
Sauvignon2006
Sauvignonらしい刈り取った牧草、グレープフルーツ、ライムなど
すばらしく調和が取れている、まろやか 

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]

Veronaワイン見本市:Vinitalyの会場

Vinitalyの会場内は、独自のブースを持っているメーカーや
他のメーカーと共有しているところや、組合などで出展している
ところなど様々です。
カウンターがあって、その奥に小さいテーブルスペースがあるだけ
のところや、お金があるメーカーは敷地も広く、豪勢なつくりに
なっていたり工夫をこらしてあります。
赤いカーペットが敷いてある通路に面して、ブースがあります。
オープンになっているところもあれば、壁が作ってあるところも。
c0077533_0351750.jpg

コーナーをゲットしているメーカーのブースは人が立ち寄りやすいです。
でも大手のメーカーではただワインを飲みにくる冷やかしの客には
用がないので(苦笑)壁で囲ってあり、入り口にスーツを着たメーカー
の方が立っていて、とっても立ち寄りにくかったりします。。

あるメーカーのブースでこんな面白いものを見かけました。
写真では見にくいのですが(って・・・全然読めないじゃん!!!)、
ピンクのやじるしの下にはこう書いてあります。
silenzio...i nostri vini stanno diventando grandi.
silence...our wines are growing up.
c0077533_0362671.jpg

可愛いワインが眠っています。(美味しく育てよ~)
c0077533_037576.jpg

また、州によってパビリオンの内部がこんな風になってるところも。
これはカンパーニア州(そういえば昨年も同じでした・・ってそう簡単に
毎年変えれないよね。費用もかかるし。)
c0077533_0504190.jpg


会場内部の話題ではないのですが、Hello Kittyラベルの
ワインもありました。
Hello Kitty、イタリアで人気です。
c0077533_152642.jpg


クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]

Vinitaly(ワイン見本市)の楽しみ

Vinitalyに来ています。広い会場を不効率的に
歩き回ってます。苦笑
もっと計画的に行動すれば、こんなに無駄に歩きまわる
必要はないかもしれないのですが・・・。
さてさて、見本市の楽しみは・・メーカーの皆さん仕事の時は真剣、
遊びにも手抜きはしません!(笑)というわけで、
毎日9時~18時30分までのお仕事が終わったら、
美味しいレストランに、その後はバー、ディスコへと繰り出します。
さすが、食品関係者ばかりなので、皆さん美味しい店、
お洒落な店に詳しいです♪
昨晩は、すっごい盛り上がるメンバー(かなり羽目はずしメンバー)の
お誘いに参加してレストランでセコンドのお肉まで食べてから、
沢山の人でごった返すバーへ。
寝れた時間は正味2時間・・・。苦笑

今日は、毎年5日間のVinitaly期間中一度は足を運ぶレストラン。
Verona近郊にあります。
親しいメンバーと行って来ました。
このレストランは魚介料理がお得意♪
今日食べたのは・・
アンティパスト(全て新鮮な生)
分かりにくいかもしれませんが、
小さなガラスの小皿にホタテ、エビ。
スカンピ、エビ、牡蠣(以前も書いたことがあるのですが生牡蠣は
あたる体質らしいことが経験上分かったので食べません・・)
奥に見えているのは、魚の身のタルタル2種
c0077533_71346.jpg

プリモはホタテとエビのパスタ
・・・写真撮り損ねました・・・・ 

セコンド
c0077533_6584444.jpg

デザート前にチョコレートの塊
お好きなだけ削ってどうぞ
c0077533_725134.jpg

デザート
c0077533_734065.jpg
さあ!明日も頑張るぞ~♪♪

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]

2008年 Vinitaly @ Verona

Verona(ヴェローナ)で毎年この時期にワイン見本市「Vinitaly」が
開催されます。今年は4月3日~4月7日まで。
今日は初日です。
朝9時にオープンなのですが、さすがイタリア(?)
まだあたふたと用意している展示スタンドや、
まだ誰もいないスタンドも沢山。。
コーヒーとか飲みに行ってるのかな?(苦笑)
友人のスタンドを通りかかったら、まだせっせと用意をしていたので
手伝ってあげました。(「前日に用意しようよ~!」)
会場は12パビリオン(7B含む)+A~D 
とっても広いです。。全部見て回ろうなんて無理!
c0077533_9204715.jpg

c0077533_9372152.jpg

今日は歩き回るだけであまり試飲をしなかったので、明日から
頑張って試飲してきます~♪♪

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]