イタリアを楽しもう!

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Costiera Amalfitana(アマルフィ海岸)

最近、仕事・仕事でストレスがたまっておりましたが、
そんな合間をぬってアマルフィ海岸へ行ってまいりました。
サレルノ方面から出発。久しぶりだったので、こんなに道が狭かったことを
すっかり忘れていました。対向車がバスだと、こんな風になって大渋滞。
道が狭い上に、カーブ続きなので大変です。
c0077533_050501.jpg

途中の道で、こんなお店が。メロンのような大きなレモンも並んでいました。
このレモンから美味しいレモンのリキュール、リモンチェッロが作られるんですよ。
(人間の頭くらいの大きさのものもあり!)
c0077533_0583520.jpg

この地域は、沢山のりモンチェロメーカーがあり、
手作業で作っているところも多々あります。
実は自宅でも簡単にできますから、お試しあれ!
私も大きなレモンを買ってきて自分で作ってみました♪
海に切り立つ断崖にはレモン畑が広がっています。
雹などの被害を受けないように黒いネットがかけてあるそうです。
c0077533_1224337.jpg

この日、私は海に入りませんでしたが(高台から眺めただけ)、
すでに海水浴可能!との友人談。ああ~海に行くのが楽しみ~。
c0077533_1385976.jpg

[PR]

SAGRANTINO DAY

SAGRANTINO DAY

Montefalcoのワイン組合とAIS(イタリアソムリエ協会)が共同で、
4月16日、イタリアの20州の主要都市にて「SAGRANTINO DAY」
というイベントを開催しました。
イベント内容は、6種のSagrantino di Motefalco DOCGと
6種のRosso di Montefalco DOCを試飲するというもの。
さらに、ウンブリア州の特産品であるサラミやチーズも試食します。
c0077533_18424741.jpg

このイベントを知ったときは、きっといつものように、テーブルが並んでいて
6メーカーから各2種類ずつ持ち寄られた、合計12種類のワインを立ち飲みで
試飲するものだと思っていたのですが、会場に着いてびっくり、
各自の席が設けられていて、12のグラスと資料がセットされていました。
こういうの大好き!笑
ワインはメーカー名が分からないように、布の袋に入れてあり、ソムリエの方達に
よって注がれました。最終的に、どのワインが気に入ったかの点数をつけるように
アンケート用紙がおいてありました。
AISのソムリエの説明のもと、各ワインを試飲していきます。また6メーカーのうち
2メーカーの方がいらしていて、ワインの特徴や、土地の特徴について説明して
くださいました。
Montefalcoがある高台は、タンニンが柔らかく、Bevagnaのような低い地域
では 力強く、スパイシーで、Funghiの香りがするものもあるそうです。
実際に6メーカーのワインを比べてみましたが、
タンニンが強すぎで口がギシギシするものもあれば、
柔らかく心地よいものもありました。香りについても、
花の香り、森のベリーの香りがするものや、最初からスパイシーな香りが
飛び込んでくるものなどがあり、メーカーが違う、同じ品種のワインを
一度に飲み比べる機会は少ないのでとてもいい経験になりました。
c0077533_10213262.jpg

[PR]

メーカー訪問記第17回: ヴェネト州のチーズメーカー

メーカー訪問記第17回は、Veneto州にあるチーズメーカーです。

ここでは、主にGrana Padana そしてAsiago, Montasio,
Monte Veroneseなどを扱っています。
Grana Padana地域の厳選された農家からミルクが
送られてきます。1キロのチーズを作るのに、16リットルの
ミルクが必要だそうです。
丁寧に手作業で時間をかけて作られたチーズは最終的に
熟成に入ります。15℃~22℃、80%~90%の湿度の部屋に
15~16ヶ月間置かれます。
その期間中には、カビが生えないように表面を拭いたり、
1つ1つ丁寧に手入れがなされます。(30ヶ月まで熟成するものもあります。)
対応してくださった女性は、とっても気持ちがよい応対で、
スライドを見せながら会社やチーズ、また市場の動向について
説明をしてくださいました。
ここでは、熟成を行っており、Grana Padanaの熟成庫を見てきました。
圧巻。
遠くに床を拭いている作業員の方が見えます。
常に清潔に気を使っています。
c0077533_7225557.jpg

[PR]

VINITALY4

VINITALYの会場前。開館時間は9:00~18:30までなので、終了と同時に
TAXIに乗ろうとする人でごった返します。
TAXI乗り場はすごい列。初日は帰りの時間をあまり気にしていなかったため、
この列に並ぶこと一時間近く。。。。
その後は、ホテルのシャトルバスという便利な機能を利用させていただき、
ほとんどお抱え運転手状態で、私達が会場の出口からでてくるところを
車が待っていてくれているといういたりつくせりのサービス。
会場からホテルまでスムーズにいって10分、渋滞にはまって30分くらいでしょうか。
c0077533_18305666.jpg

ワイン仲間(?)の友人達と、後日VINITALYはどうだったか話をしましたが、
みんなホテルが遠かったり、渋滞にはまったり大変だったと嘆いていました。
私は今回3回目のVINITALYでしたが、毎年ホテルの予約などで苦労しております。
来年の予約はお早めに!笑 
[PR]

VINITALY3

5日間に渡るVINITALYが終了しました。
4200もの出展メーカーがあったにも関わらず見ることができたのは
ほんの少し。。でも、いろんな楽しい経験がありました!
有名なピエモンテの醸造家の方と話ができたり、これまた
トスカーナの有名な醸造家・コーディネーターの方と話ができたり、
F1のTrulli選手のメーカーにも行き、当の本人とお話ができたり。
貴重な経験がありました。
ピエモンテのカリスマ醸造家の方は、意外や意外、とっても気さくで
身のこなしもとても素敵で、もっと突っ込んだお話を聞きたかったのですが
人気者なのでとっても忙しくされており、またの機会にゆっくりとお話が
できればな~と思っております。
また、トスカーナの醸造家の方は、とってもキュートな方でした。
ワインのことを語る時の素敵な笑顔とキラキラ光る少年のような目が印象的でした。
しかしいつも派手な服装だと噂で聞いていましたが、本当でした。
今日も、ピカピカ光ってました。笑
Trulli選手は、商売に関してはあまり首を突っ込んでいないのかと思っていたら
結構突っ込んでいらっしゃるようでした。
そういえば、とても気さくな年配の方がいらして、とても楽しく話をしたり、
自分のところで作っているオリーブオイルを試飲させてもらったりしたのですが、
なんと、お父様でした!!つまりここのオーナー。はははっ。
c0077533_4532282.jpg

[PR]