「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

クリスマスに食べる物2.

26日のクリスマスランチをクリアーし、疲れた胃を休ませるためにも
27日は朝昼兼用にクロワッサンを食べて、夕食はりんごのみ。
(でもとりあえず食べるのね?!という声が聞こえる気がしますが・・・。
何も食べないのは身体によくないと思うので。。)
c0077533_910567.jpg

クリスマスイブには魚貝類系をメインに という習慣があり、
Antipasto(前菜)のSalmone,Mozzarella,Prosciutto&Melone,
Oliveなどに続いて、Primoピアットは例年Spaghetti alle vongole
(アサリのスパゲッティ)なのですが、
今年はSpaghetti agli scampi(エビ)に決定!
(写真左上)
Secondoピアットはヒラメ。Baccalaという塩漬けタラのフライ。
そしてみんながお待ちかねの、Capitoneという太いウナギの
ぶつ切りを揚げた料理。
(写真右上)
ウナギの蒲焼は大好きなのですが、残念ながらぶつ切りフライの
ウナギは苦手です・。
他にも付け合せのお野菜(カリフラワーやにんじんなどを
酢漬けにしたサラダ。
これは一応お約束でクリスマスに作るのですが
ほとんど誰も手をつけないのも恒例です。)や、
Scarolaというレタスの仲間のような野菜をオリーブの実と松の実と
共に煮込んだ料理などなど。
ドルチェは、Cassata(リコッタチーズのクリームたっぷりのドルチェ)、
小型版のCassatina、Struffoli(小麦粉と卵を練り、
小さく丸めて油で揚げ、その上に蜂蜜をかけたお菓子) 
さらに、胡桃、ドライフルーツ、チョコレート、チョココーティング
されたナッツ類。 食後のリキュール類。
これがイブの夕食でした。
[PR]
by infoitalia | 2006-12-28 09:46 | cibo(食べ物関係) | Trackback | Comments(4)

Natale

 Nataleはいつも24日の夕食、25日のランチ、26日の
ランチをイタリア人家庭で食卓を囲みます。
しかも長時間にわたります。
24日の夜は恒例、うなぎのぶつ切りをフライにしたものを食
べます。(うなぎは大好物で、日本の関西風、関東風、
ひつまぶしなど 大大好き!なのですが。
このぶつ切りフライだけはどうしても好きになれません。)
 Nataleの夕食、ランチに出される品数は半端じゃないので
かなりの覚悟をしてかからないといけません。笑
じゃあ、全部食べなくてもいいじゃないか?というと・・・
そうはいかないんですよね~。残すのは大変失礼だし、それに
一番の問題は腕をふるって作られる家庭料理は本当に美味しい
のです。
というわけで、ドルチェまでたどりついた時には、もうはち
切れんばかりのお腹をかかえてしまうというわけです。
 現在25日のランチまでをクリアーしました。(ドルチェを
食べて食後のコーヒーを飲み始めたのが18時)
残すは26日のランチ!笑  
今日は(今日も?)、食べすぎで苦しいのでまた落ち着いたら
写真もUPします!
[PR]
by infoitalia | 2006-12-25 08:16 | cibo(食べ物関係) | Trackback | Comments(0)

クリスマスイルミネーション9.(SALERNO)

 クリスマスのイルミネーションの写真を各地で撮っている
ことを知っているサレルノ出身者に、サレルノにも綺麗な
イルミネーションが沢山あるよ!と言われ、早速行って
来ました。あまり期待していなかったのですが(ごめん!)
とっても綺麗な場所が沢山ありました!
(左上・右下:Piazza S.Francesco。 
右上:Piazza Gioia広場が円形なので広場を取り囲んでいる
建物もカーブしています。建物の色もピンクとイエローなど
カラフルで可愛い!ルッカみたい♪ 
左下:Via Mercanti)
c0077533_2237259.jpg
サレルノには何度も訪れているのに、こんな裏道があったの?
と発見が沢山!
Lungomare、Via Romaといった大通りに平行・垂直に小さな
裏通りがあり、今でこそ飲食店や可愛いお店が並んでいますが
昔は足を踏み入れるにはとても危険な地域だったそうです。
貧窮な人達が多く住んでいたため、危険な地域と化していた
この旧市街を立て直すためにも、市の政策として郊外に
居住地を作り、旧市街の貧窮な住民達に与えることによって
(言葉は悪いですが)追い出したそうです。
その後、危険が少なくなったこの地域に新しくお店が
立ち始め、人が戻ってきて今の旧市街があるそうです。

下の写真は、お洒落にラッピングされたPanettoneとPandoro
です。背が高いほうがPandoro。スーパーなどで安く
売っているものでなければ、やっぱりこのようにラッピング
にこだわって差をつけるべきですね♪c0077533_2332673.jpgc0077533_2334436.jpg

[PR]
by infoitalia | 2006-12-24 22:25 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(2)

クリスマスに食べる物1.

 ドライフルーツ&NOCI 胡桃&チョコレートコーティング
されたナッツ

この時期になると、ドライフルーツ(イチジク、なつめやし、
プルーン、アプリコット)や胡桃などが店頭に並び始めます。
ケーキに入れるドライフルーツ以外では、日本では便秘解消を
祈ってプルーンを食べていたりしましたが(日本であんなに
苦しんでいたのに、幸いイタリアでは便秘で苦しむ
ことがないのです。嬉)普段はあまり食べません。
でもこの時期になるとどのお家に行っても、
食後に登場するので食べる機会があります。
これはドライフルーツやチョコレートなどで飾られた
ショーウインドー。
c0077533_2310373.jpg


パネットーネ Il PANETTONE
ミラノが発祥だといわれています。
レーズンやオレンジピールなどを含んだ甘味のあるスポンジ
のパン。
パンドーロと比べて生地がしっかりしています。
甘めの発泡性ワインと合います。
私は朝食にカップチーノと一緒にも食べますが・・・。

パンドーロ Il Pandoro
こちらはパネットーネとは違って、ドライフルーツなどが
入ってないふわふわとしたスポンジ系の大きめのケーキ。
卵を多く使うことからパンドーロ(黄金のパン)と呼ばれる
ようになったそうです。
ヴェネト州が発祥といわれています。
ふわふわしているので知らないうちに沢山食べてしまうの
ですが、たっぷり卵、バターが入っているので要注意!笑
パンドーロの箱には「粉砂糖」の袋が付いていて、
パンドーロが入っているビニールの袋に直接振り入れ、
袋の口を閉じて振ることによって、まんべんなくパンドーロに
お砂糖がかかるようにします。

 共に大手のメーカーが大量に作るものと、
職人が手作業で作るものでは値段も全く違ってきます。
クリスマスの時期になると他の人のお家にうかがう時に
手土産として持っていくのに最適です。
[PR]
by infoitalia | 2006-12-23 18:34 | cibo(食べ物関係) | Trackback | Comments(0)

クリスマスイルミネーション8.(Vietri sul Mare) 

 Salernoの隣にVietri sul mareという町があります。
ここはとってもカラフルな陶器で有名で、町のいたるところに
陶器屋やタイルで出来た壁画があったり、迷路みたいな町並み
もとっても可愛い所です。
ここからの景色も抜群!!坂を降りていった海岸沿いにある
Marina di Vietriは夏になると海水浴の人達でにぎわいます。
そんな南イタリアがぎゅっと詰まったVietriですが、
本日は雨・風・寒~。というわけで、あの美しいVietri
はどこ?(涙)と思うくらい、寒々としておりました。
 またまたちゃっかりと用事に絡ませて、
この町の陶器をクリスマスプレゼントに選んでいこうと
張り切っていたものの・・・あまりの寒さにショッピングする
元気がわかず、動きも鈍くなり収穫がよろしくなかったです。
残念~。
c0077533_2053457.jpg

でも、食欲だけはいつも通りで、お皿にたっぷりとのって出て
きたSpaghetti allo scoglio(甲殻類入りスパゲッティ)を
いただきました。
[PR]
by infoitalia | 2006-12-22 20:26 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(5)

クリスマスイルミネーション7.(SIENA)

 SIENAにて仕事の打ち合わせがありました。
もし自由な時間があれば、ゆっくり見て回りたいところや、
いつも楽しいブログを書いていらっしゃる方が厨房に立って
いるかもしれないTrattoriaを突然襲撃してみたい!
(実際にお会いしたことはないのですけど・・・笑)
などとたくらんでいたのですが、あいにく今回は断念・・・。
c0077533_18463010.jpg

 明るいうちは事務所にこもって仕事だったので、
仕事を絡めた夕食に向かう際に、日本人らしく
(写真を撮るのが大好きということで日本人は有名です。笑
私は写真を撮るのが上手ではないので、撮ることがあまり好き
ではなかったのですが、仕事での必要性やブログをはじめて
から、いろいろ気になったものなどをマメに撮るように
なりました。)パシャパシャと写してきました。
c0077533_1843234.jpg
Sienaには何度も来ていますが、本当にいい町だと思います。
今回、イタリアで住みやすい町のナンバーワンに選ばれ
ました。街中に住んでいる人に言わせると渋滞も多いし
大変だとのことですが。
他の町に比べたら全く問題ないと思います。
また治安が良いので、Centro(中心街)を夜遅く歩いていて
も平気です。
(もちろん、これはどこへ行っても同じことですが、狙って
ください!と言わんばかりの人通りのない暗闇や
Centroから離れた車が通る通りなどを、一人で歩いたり
するのは辞めたほうがいいと思いますが)
トスカーナの町の多くがそうですが、
ここも中世の町並みがそのまま残っています。
又、パリオでも有名です。
今度は自由時間も作ってゆっくり来ようと思います。
[PR]
by infoitalia | 2006-12-20 10:51 | Toscana(トスカーナ) | Trackback | Comments(4)

LUCCAで衝動買い&クリスマスイルミネーション6.(LUCCA)

 夏にオーストリアへ行った時にショーウインドーに並んで
いる財布に一目ぼれしました。即、購入♪ 
大満足だったのですが、イタリアに戻ってきてから、
ふとどこのメーカーなのかと探してみたら・・・・
なんとイタリアのメーカー!!!海外まで行って、わざわざ
イタリアのメーカーの物を買ってきたとは・・・。
どうりで色使いが鮮やかだと思いましたよ。苦笑
お店はLuccaにあるのですが、MilanoとFirenzeのセレクト
ショップでも扱っているとのことだったので、機会を見つけて
行ってみたのですが、品揃えが少なくがっかり・・。
 そういえば、昨年の秋頃Luccaに行った時には、ちょうど
昼休みの時間帯に行ったからか、そのお店の存在に
気が付きませんでした。さらに悔しさ倍増。
インターネットでも注文ができるとのことですが、
一度お店を見てみたかったので、近いうちに機会があったら
(機会を作って?)行こう!と思い続けていました。
ついに実現。 
クリスマスのプレゼントを買い込んでしまいました。。
c0077533_3104331.jpg


 Luccaは、広い城壁で囲まれた中世の町です。
円形競技場跡にできたメルカート広場は、広場を
ぐるりと円形に建物が取り囲んでいます。
広場の真ん中にポツンとイルミネーションが。
c0077533_3572964.jpg

[PR]
by infoitalia | 2006-12-19 02:02 | Toscana(トスカーナ) | Trackback | Comments(2)

Presepi&クリスマスイルミネーション5.(SALERNO近郊)

 昨日の「di Vino Natale」が行われた、Convento S.
Francesco内でプレゼーピオの展示が行われていました。
(2.5ユーロ)
12月1日から1月7日まで行われているようです。
ご存知(?)のように、プレゼーピオ大好きな私がこれを
逃すわけがない!笑
というわけで、ワイン試飲の前に入ってみました。
Campania州、Trentino Alto Adige州、ドイツ、ポーランド
のプレゼーピオが展示されていました。
その州や国の特徴が現れていて、例えば、ドイツのプレゼーピ
の羊達は綺麗に列を作って並んでいたり、Trentino Alto
Adige州のは木を使ったものや、雪景色だったり、
とてもシンプルな作りのものが多い気がしました。
一方、Campania州のはハムやサラミやチーズがぶら下がって
いたり、ワインの樽やピッチャーが転がっていたり、魚貝を売
っているお店があったり。。。

(下の写真2枚はCampania州)
c0077533_1183743.jpg

c0077533_1194664.jpg


(下の2枚はTrentino Alto Adige州)
c0077533_1221061.jpg

興味深いのは、オリジナリティー溢れるたくさんのPresepioが
あったことです。

これ↓は、温かさが伝わってくる作品です。
c0077533_1261714.jpg


(下は陶器で有名な町Vietriの作品)これは私のお気に入りの
うちの1つです。1枚目の写真の右下辺りをアップにしたのが
2枚目の写真です。馬小屋に入っているロバと牛があまりにも
可愛いかったので。
c0077533_1435434.jpg

c0077533_1295824.jpg


またこんな遊び心いっぱいものも!携帯のスクリーン部分に
プレゼーピオが。
c0077533_1341920.jpg


最後に、通りのイルミネーションです。
c0077533_1361650.jpg

[PR]
by infoitalia | 2006-12-18 01:02 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(6)

di Vino Natale

 Salerno近郊のGiffoni Valle Pianaで「di Vino Natale」
というワインのイベントが行われました。
Camania,Piemonte,Sicilia,Toscana,Umbiria,Veneto州の
14ワインメーカーのワインを試飲しながら、さらに6州の
料理も試食できるというもの。
さらにセミナーにも参加可能。 チケット10ユーロ。
試飲・試食した部分にチェックをしてもらいます。
ワインメーカーは下記の通り:
Berta Distilleria(Piemonte),Dievole(Toscana),Donnafugata(Sicilia),
Feudi di San Gregorio(Campania),Fontanafredda(Piemonte),
Falesco(Umbria),La Bruna(Piemonte),Combination(Campania),
Mazzei(Toscana),Moris Farms(Toscana),Planeta(Sicilia),
Santa Sofia(Veneto),Terre da Vino(Piemonte),
Villa Matilde(Campania)
c0077533_2121691.jpg

行われたのはConvento S. Francescoの中。  右の写真は内部の回廊です。c0077533_2153443.jpg
c0077533_21131035.jpg

Convento内部。なんて優雅な空間なんでしょう・・。

c0077533_21141781.jpg

試飲をしながら、その州の料理と合わせます。左はToscana、
右はVeneto
c0077533_2116636.jpg
c0077533_21162588.jpg

隣の教会内で1時間くらいのセミナーが行われたので参加して
きました♪ 試飲の仕方など、楽しい内容でした。
c0077533_21531350.jpg

[PR]
by infoitalia | 2006-12-17 20:17 | Vino(ワイン)&ワイン見本市 | Trackback | Comments(0)

クリスマスイルミネーション4.ROMA)

クリスマスイルミネーション第4回目は、またローマです。
Galleria A.Sordiにツリーが飾ってありました。
SWAROVSKI(スワロフスキー)のクリスタルが飾り付け
られています。
c0077533_9134768.jpg

Via Vittorio Veneto ヴィットリオ ヴェネト通りのホテル。
c0077533_9293725.jpg

[PR]
by infoitalia | 2006-12-16 09:09 | Lazio(ラツィオ) | Trackback | Comments(2)


通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
La visita(メーカー訪問)
Vino(ワイン)&ワイン見本市
食材見本市
ピッツァ関係&大会等
cibo(食べ物関係)
FriuliVeneziaGiulia
Trentino-Alto-Adige
Veneto(ヴェネト)
Piemonte(ピエモンテ)
Lombardia(ロンバルディア)
Liguria(リグーリア)
Toscana(トスカーナ)
Emilia Romagna
Umbria(ウンブリア)
Molise(モリーゼ)
Lazio(ラツィオ)
Campania(カンパーニア)
Basilicata(バジリカータ)
Puglia(プーリア)
Calabria(カラブリア)
Sicilia(シチリア)
Sardegna(サルデーニャ)
Varie(いろいろ)
ワンちゃん
Giappone(日本)
海外編
未分類

検索

お知らせ

★イタリアへビジネスでいらっしゃる方への通訳、現地視察・調査等、イタリア個人旅行の方へのコーディネート、イタリア各地のワイナリー見学や美食ツアーを行っています。
サイトをご覧ください。
     ↓
c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



★2つのブログランキングに参加しています。どちらとも1日に1クリックよろしくお願いします。 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ




★トリップアドバイザーの
おすすめブロガーに認定
頂いてます。
旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー


日欧商事様の「イタリア・ワイン・フード情報ブログリンク集」にリンク頂いています。
ブログリンク集



★このブログの記事、
写真等の無断転用は
お断りいたします。


★excite以外のブログ
☆Zucchina Allegra
☆日伊文化交流協会
☆CHICCO式イタリアdall'AallaZ
☆イタリア料理紀行 LA VITA A ROMA
☆aiutoイタリア!
☆TOLOSのぶろぐ
☆イタリアお気楽日記
☆イタリアお気楽日記第二章
☆くまちゃんと一緒
☆Dialetto osakano
☆かたつむりの国だより*イタリア料理留学記
☆イタリアワイン エノテカイタリアーナ
☆世界一のピッツァ職人パシュクアーレ
☆とあるイタリアンシェフの脳みそ
☆チーズ天使と! ほっと! HOT! リリータイム!!
☆ちょこっとしょこらな手作りお菓子

お気に入りブログ

イタリア食材「ベリッシモ...
kihachi* a s...
2008年にイタリアンレ...
*イタリア料理紀行
宮村浩樹のブログ
8階のキッチンから   ...
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
奈良 野菜ソムリエの店 ...
HEROのアナログな生活
It's a うさラビ ...
CLUB AMATORI...
お気楽フィレンツェ暮らし
Piccoli Pass...
カッラーラ日記 大理石の...
あわじしまっこ、フィレン...
パルマの食と生活
東京生活
ナポリピザ窯共同組合のブ...
つばさ雲
ロンドン&猫日記
NO ANCHOVY, ...
Q503Daily Photo

最新のコメント

初めまして。台湾の台北市..
by 台湾人 at 11:08
門田様。コメントありがと..
by infoitalia at 22:52
イタリアの大気汚染問題、..
by 門田 at 16:12
Ciccioさん。絶対楽..
by infoitalia at 19:04
Ciccioさん。 ラ..
by infoitalia at 19:03
うわッ!! 俺、このお..
by Ciccio at 12:04
ラグーも羊ですか? や..
by Ciccio at 12:02
お久しぶりです!コメント..
by infoitalia at 23:48
お久しぶりです、此処はも..
by jose at 02:44
楽しい季節ですが、今年の..
by infoitalia at 22:15
BirraとPizzaの..
by Ciccio at 09:31
joseさま!こんなに更..
by infoitalia at 11:23
おひさしぶりですブログは..
by jose at 02:42
randan0815さま..
by infoitalia at 17:43
これを見てると気分はちょ..
by randan0815 at 11:22

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
more...

最新の記事

魚貝料理続き
at 2017-02-03 03:44
魚貝料理を堪能
at 2017-01-31 04:23
2017年 新年明けましてお..
at 2017-01-01 01:01
Catacombe di S..
at 2016-12-28 23:56
ナターレ 2016 no.2
at 2016-12-28 00:06
ナターレ2016
at 2016-12-24 20:55
2016年秋 中国(上海)
at 2016-12-06 03:33
ナポリの市場(魚屋)
at 2016-12-04 17:28
2016年秋 中国(舟山群島)
at 2016-12-02 01:37
2016年秋 中国(四川省)
at 2016-12-01 19:00

最新のトラックバック

ラベンダーバンドルズ
from おいしい田舎から...dal..
1日で「ラ・ビコッカ」と..
from 旨い!ナポリピッツァ
駒沢でタイカレー&ロシア..
from 旨い!ナポリピッツァ
中世の村モンテリッジョーニ
from Piano piano-イタ..
アマルフィ 女神の報酬
from 日伊文化交流協会

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧