イタリアを楽しもう!

<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Siena(シエナ):パリオ

シエナ: この町も大好きな町のうちのひとつ・・。
c0077533_1635812.jpg

シエナといえば、パリオ!毎年7月2日と8月16日に
カンポ広場で行なわれる競馬のことです。
コントラーダといわれる自治組織対抗のレース。
中世から脈々と続くコントラーダは、シエナ市街を
17分していて、パリオに参加できるのはそのうちの
10だけです。10のうち7つは、前年出場できなかった
コントラーダで、残りの3つは抽選で選ばれます。
各コントラーダはワシ、毛虫、カタツムリ、フクロウ、竜、
キリン、ヤマアラシ、一角獣、雌オオカミ、貝殻、ガチョウ、
波、ヒョウ、森、亀、塔、山羊 といったような、それぞれの
名で呼ばれ、そのシンボルを旗印にしています。
(不謹慎ですが、微妙に可愛くない動物の柄も多々あり・・)
c0077533_1621941.jpg
 パリオの6日前に馬場作りが行われ、カンポ広場には土が
運び込まれて、石畳の上に敷き詰められます。(一番上の
写真から分かるように、通常はこのような石畳の広場です。)
土が敷き詰められたパリオ間近!という雰囲気の広場を
訪れるのもなかなか感慨深いものです。え?私だけ?笑
 パリオはただのお祭りではなく、セネーゼ(シエナ市民)
にとっては、この年2回のパリオのために一年があると
いってもいいほどの、地域に密着した熱狂的な祭りです。
時期が近づくとその話題でもちきり。
c0077533_16101931.jpg
 

 レースが始まる前にこのように旗振り隊の行進や、フラッ
グショーがあります。レース自体は、馬が一列に並んで
(この馬が一列に並ぶまでが長いのです)、スタートが切ら
れてから、広場を3周というたった1分半の間のことですが、
観戦しようとやってくる人で、ぐちゃぐちゃになります。
人!人!人!
広場内も観戦客でもみくちゃになりながら何時間もその
スタートを待ちます。(びっしりと埋まっている観戦客の数
・・・すっごいでしょ!?)
c0077533_1692580.jpg

 私は幸い、「バルコニーから観戦(ラッキー!☆)」と
いうチャンスに恵まれたのですが、座って観戦していても、
暑さや人の熱気やいつスタートするのか?という状態の
中でクラクラしてきます。あまりの暑さと熱気と人ごみで
気を失って倒れてしまう人もいるほどです。広場の中心
部分で立って観戦している人達はさぞ大変でしょう。
私のセネーゼの友人達も大いに盛り上がり旗を振り回し
ていました。
[PR]

シチリア: トラゲット

 シチリアのメッシーナから、本土に渡るときのこと。
トラゲットと呼ばれる船(右の大きい方)ではなく、
ここメッシーナではザッテラ(左の方)と呼ばれている
小さい船に乗る予定だったのですが、乗客を搭乗させる
気配全くなし・・・。
c0077533_1113199.jpg
尋ねても「いつ出るか分からない・・・」と。
予約をした電車にはもう間に合わない・・!(汗)
結局、横に止まっていたトラゲットに乗ることにして
出港直前のところに滑り込みました。
これに乗れたおかげで、乗りたかった電車の
一時間後の電車をGETできました!
 イタリアでは乗り物が時間通りに来ないのは当たり前。
焦らず騒がず怒らず対応するのがイタリアを楽しむコツ
でしょう。苦笑

c0077533_1125615.jpg
これはザッテラ。

下の写真はトラゲット。
トラゲットにはそのまま電車が乗り込んでいけるように線路
がひいてあります。
乗車口は違いますが、車ももちろん乗り込めます。
私はそのまま甲板に上がり、綺麗な景色を眺めながら
その場に居合わせたイタリア人とおしゃべり。
c0077533_1164718.jpg

こういったハプニングの際に、おしゃべり好きのイタリア人
となんだかんだと文句を言いながら話すのも楽しいもの
です。
c0077533_1231628.jpg

[PR]

シチリア: メッシーナ近郊 プライベートビーチ

 しばらく脱線しておりましたが、またシチリアネタに
戻ります。
c0077533_254238.jpg
友人宅の美しいテラスからの写真を先日載せましたが・・・
実はこの一帯はプライベートビーチ化しています。
なぜプライベートではないビーチを、プライベートとして
キープできるのか?
c0077533_2552366.jpg

一般道からアクセスできないようにさりげなく柵を作る
ことによって、部外者がはいってこないようになって
いるのです。この圧迫感によって、よそ者を寄せ付け
ないのが秘密?笑
c0077533_323856.jpg

さすがに柵があると、通ってはいけない気がしますよね。
さらに、こんなに綺麗にタイルなどが貼ってあると
やっぱりここを通って海へ行きにくいですよね。
c0077533_33598.jpg

というわけで、海を独り占め!!!
[PR]

Napoli(ナポリ): スパッカナポリ

 ナポリの旧市街は世界遺産に指定されています。
c0077533_23221610.jpg
その旧市街には東西に伸びる直線の道があり、旧市街を二分
していることから、“ナポリを真っ二つに割る”と言う意味
で、SpaccaNapoliスッパカナポリと呼ばれています。
(ナポリの町の創始者は、ギリシャ人。
ギリシャ時代の跡が町のあちこちに見られます。
そのうちの1つは、碁盤の目状に区画整理された旧市街に、
東西に3本の主要道路が通っていることです。
下からSpaccaNapoli, Via Tribunali, 
Via della Sapienza・Via Anticaglia)
 さて、ナポリに来たからには、ぜひスパッカナポリを
歩いてみましょう。
Gesu' Nuovoジェス・ヌォーヴォ教会、そして
Santa Chiaraサンタ・キャーラ教会をはじめとして
いたるところに教会があります。こんなところにこんな立派
な教会や、建造物が隠されているなんて!などと感動し
ながら、東方向に進んでいくと、さらに下町の風情が増し
てきます。ガラクタ(骨董品?)を教会の階段に並べている
お店や、露店など、ザワザワとした雰囲気を楽しんで
みてください。
 ところで、スパッカナポリのちょうど中間辺りにある
BARの壁に・・・
c0077533_23234499.jpg
(マラドーナの写真の下には、彼の髪の毛が額にいれてまつっ
てあります。笑 
Nel quadretto sotto la foto di Maradona: Sacro capello miracoloso di Diego Armando Maradona
マラドーナを崇拝しているナポリ人がユーモアもこめて、
彼を守護聖人のように祭った祠があるのですが、
その横に・・・・・・やっぱり!笑 
c0077533_2331734.jpg
2006年ワールドカップ優勝後、カンナバーロのこんな風に
モンタージュされた写真が加わっていました!! 
[PR]

Napoli(ナポリ):元ユベントスGM・ルチャーノ・モッジの人形

 元ユベントスのジェネラルマネージャー
Luciano Moggi(ルチャーノ・モッジ)。
審判への不正行為疑惑により電話盗聴の一部 が公開されて
その裏取引の全容が明らかになってきました。
やっぱり、Moggi(モッジ)の人形もありました!
左手に携帯も持っています。笑
(22日の内容を参照してください。)
c0077533_21233193.jpg
       La statuetta di Luciano Moggi che ha in mano un cellulare !!
[PR]

Napoli(ナポリ):ファビオ・カンナヴァーロの人形

 しばらくシチリアのことを続けて書いていく予定ですが、
今日はちょっと脱線して、ナポリでふと目にとまったものを
ご紹介~。


 イタリアではナターレ(クリスマス)が近づくと、プレゼー
ピオを飾ります。プレゼーピオはキリスト 生誕の場面など
を人形などで再現したもので、家庭でも飾ったりします。
また、毎年、人形や、小物を買い揃えていくのも
楽しみのうちのひとつです。

この夏の真っ盛りに時期はずれなナターレのことを語る
つもりはないのでご安心を。笑
c0077533_2230519.jpg

 さてっ、ナポリにはプレゼーピオ専門店が立ち並ぶ
サン・グレゴリオ・アルメーノ通り
(Via S. Gregorio Armeno)があります。ここは年中、
プレゼーピオのお店が開いているのでお土産などに
人形を買うのも楽しい通りです。。
(もちろん、ナターレ時期には全てのお店が開店し充実して
きますし、プレゼーピオを購入するお客、観光客などで
ごった返して、それはそれは楽しいナターレの気分が盛り
上がってきます。)

 そんな神聖なプレゼーピオのための人形ですが、
やっぱりユーモアに溢れたナポリ!
有名人や、話題になった人物などの人形も作られます。
アッズーリのキャプテン ファビオ・カンナヴァーロ
(Fabio Cannavaro)はナポリ出身。
彼の人形が作られないわけがない!?
やっぱりありました!!
c0077533_22284615.jpg
↑Davanti al negozio:
「Qui e' in visione La statuetta di Fabio Cannavaro!!」

↓ Fabio Cannavaro con la coppa.
c0077533_22243170.jpg

[PR]

シチリア: やっぱりシチリアのグラニータは美味しかった・・・

c0077533_841781.jpg

 シチリア島のメッシーナより本土へ渡ってきたトラゲット
から降りて、人の流れにそって通路を歩いていくと
カラブリア州のヴィッラ・サン・ジョヴァンニ駅にでます。
 駅前のBARで食べたグラニータ。
イチゴとレモンの半々という応用にチャレンジしてみた
のですが・・・・・
やっぱり作り方が違うんですよね。。
カキ氷にイチゴ味、レモン味のシロップをかけたような
ジャリジャリしたタイプでした。
ちょっと残念。と同時にやっぱりシチリアで食べなくちゃ!
と実感?笑

 メッシーナ近郊の町で、友人達お勧めのBARで味わった
グラニータは、口の中でスーッと溶ける感じ。
そうそう、ブリオッシュを浸して食べる意外にも、
さっくりしたビスケット等と食べるのもGOOD!
[PR]

シチリア: グラニータ(シャーベット)

グラニータ(シャーベット)とブリオッシュの朝食

水、砂糖、それにフルーツなどを混ぜて冷凍庫で固めます。
固める最中に何度もかき混ぜて滑らかさを出すのが
その美味しさの秘訣。
(家庭でも作れますが、なかなかその滑らかさを出すのは
難しいものです。)

他の味も試してみました。

c0077533_7225763.jpg
・レモン味(爽やかなレモン味が意外にもブリオッシュと合います)


c0077533_7263229.jpg
・イチゴ味(イチゴの果肉が入っていてすごく美味しい!)


これの応用で、アンジェリカと呼ばれているのが
レモン味とイチゴ味の半々。
(どちらを先に入れるかはお好みで!)。

どうしてもいろいろ試したくて、一度に3種頼んで
・・・・・・・ぺろりと食べました。
左から
・ピーチ味(これもピーチの果肉が入っています)
・チョコレート味!(これは、え!?と思われがちですが、
甘すぎずなかなかいけます!)
・パイナップル味
c0077533_724344.jpg


私が上記の3種のグラニータを一度に注文したBARの
お兄さん。
笑いをこらえながらもせっせと用意してくれました。苦笑
c0077533_727882.jpg


他にも
・アーモンド味(これはカターニャのが美味しいとか)
・サボテン味(エオリア諸島でぜひ食べて欲しいと
言われました・・) などなどあるようです。
[PR]

シチリア: 巨大な植木鉢、壺

 グラニータとブリオッシュの朝食をとった帰宅途中に、
(巨大な)植木鉢、壺を売っているお店(屋台?車?)
を発見。
友人は早速物色をはじめました。
こんなところで買う人がいるのか?と思っていたら、
あとから続けてたくさんお客さんがやってきました。
c0077533_6222144.jpg

 
 3つ購入して車に積んで帰るところ。
(これからも度々登場するであろうこの車は
友達の愛車。高速道路もびゅんびゅんと運転して
いきます。というわけで風がすごい音で会話なんて
できません。笑)
こんな積み方をして、落ちて割れるのでは?
などという心配はご無用でした。笑
c0077533_6231449.jpg

[PR]

シチリア: メッシーナ近郊の海

 友達の家のテラスからの眺め
ここはメッシーナの近郊の小さな町です。
正面にリパリ島、ブルカーノ島が見えます。
観光地化されていないため、穏やかに綺麗な海を
満喫できます。

(写真の左端に見えているのがリパリ島)
c0077533_635434.jpg

E' bellissima !!
[PR]