「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:FriuliVeneziaGiulia( 3 )

トリエステの名物

前回は食べ物の特産品でしたが、今回はちょっと趣向を
変えて・・。町の景色と名物(?)をご紹介します。

イタリアとスロベニアにまたがってカルソ台地(カルスト
台地)が広がっています。
カルスト地形のため、海といっても、広い砂浜があるわけで
はありません。ゴツゴツした切り立った崖から下を覗くと
驚くほど澄んだ海が見えます。
カルスト地形といえば、鍾乳洞!
周辺には(スロベニア)大規模な鍾乳洞があるそうです。

海岸沿いではこのように多くの人がコンクリートの上で
日光浴を楽しんでいました。
c0077533_0482323.jpg


海へは設置された階段を下りてアクセスします。
海の水が澄んでいます♪♪
(クロアチアの北の方の海もこんな感じだったことを思い出
しました)。
c0077533_0514728.jpg


天気も良く海の側にいながら海に入る時間がありません
(残念)。そしてとても暑いです。
でも・・
この地域はボーラとよばれる強風が吹き、寒さが厳しい地域
だそうです。だから暑いのは大歓迎!夏は暑くなくっちゃと
地元の人は言っていました。

遠くに見えるのがミラマーレ城。
c0077533_0473988.jpg


海に面して建つこの美しいお城は、オーストリアのマッシミリ
アーノ大公が1855年に建設を命じたもの。
庭園には多種多様な樹木が植えられています。

さらに近寄ってみると・・
c0077533_049641.jpg


さて、トリエステの町には路面電車も走っており、坂の多い街
の雰囲気は長崎などを思い出します。

この路面電車・・
街中のオベルダン広場から郊外のVilla Opicina
(ヴィッラ・オピチーナ)を結んでいます。

この路面電車凄いんです・・何が凄いって、

路面電車というか登山鉄道というか・・・
何と表現したらいいのでしょうか。

街中と高台は自力で走り、急勾配の区間はケーブルカーの力を
かりて上るのです。

は???? ですよね。

説明しますと・・・

まず新市街を走り、途中で車が上るのも大変な急勾配の坂に
差し掛かります。
(こんな坂での車の坂道発進は絶対したくないです)

この際に、自分の力だけでは上りきれないので途中でケーブル
カーと合体します。このケーブルカーに後ろから押してもらっ
て急勾配を上りきるのです。

<ケーブルカー部分>
昔はこんな機関車のようなケーブルカーが活躍
c0077533_257133.jpg

<合体した図>
この様に電車の車体を後ろから押していきます
c0077533_257483.jpg

<合体した図>
現在はこんな形のケーブルカーが電車の車体と
合体して働いています
c0077533_2582241.jpg


残念ながら今回路面電車に乗ることができなかったので、
合体の場面とか車窓からの景色などなどリアルなレポート
がお届けできないのですが・・・

どうですか!楽しいと思いませんか?!
絶対に次回は路面電車に乗るためだけにでもトリエステに
行こう!と心に決めてます。

これは車の中から撮った写真ですが、路面電車はこのような
カーブした木立の間を走り抜けます。
道路と線路も近い!!
c0077533_2443382.jpg

c0077533_2553411.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-07-15 03:12 | FriuliVeneziaGiulia | Trackback | Comments(6)

フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州 特産品

フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の名物、
真っ先に浮かぶのがサンダニエーレ産の生ハム

場所は前回の記事の地図をご覧ください
紫色の部分ウーディネ県のちょうど真ん中辺りに位置する
サンダニエーレが産地です。

プロシュット(生ハム)というと、パルマ産が有名ですが
いえいえ、こちらのサンダニーエレ産も負けていません。
アルプスからの冷たく乾いた空気と、アドリア海からの
湿った暖かい風が混ざり合うなどといったこの地方だけが
もつ独特の微気候が、最高峰の良質な生ハムを作り出します。

パルマの生ハムと比べると塩分が少なく、色が少し薄め。
優しい味がします。
c0077533_6494824.jpgc0077533_6501527.jpg


次に、ワイン
この州のワインは、特に東部のスロベニア国境近辺の丘陵は
白ワインに最も適した微気候の土地だと言われています。
(同じく前回の地図参照: オレンジ部分=ゴリツィア県)
この土地の生産者の多くが、土着品種と国際品種ともに、
高品質かつ個性的なレベルの高い白ワインを作っています。
とても興味深い地域です。

そしてエスプレッソ
(前回の地図参照: 青色部分の海側、スロベニアとの国境
近くに州都トリエステはあります)
トリエステといえば、Caffe(エスプレッソ)。
エスプレッソメーカーのilly(イリー)はトリエステに
本社があります。

トリエステの港は昔からコーヒー豆の玄関口だったそうです。
町には文化人の通ったお洒落な老舗のカフェをはじめ、沢山
のillyのバールがあります。
c0077533_7504060.jpgc0077533_751984.jpg



郷土料理は
海側と山側では異なりますが:
ジャガイモを使った料理、ニョッキ、豚肉料理。
豚肉の色々な部位の煮込み。
Jota(ヨータ)という豆やジャガイモなどの煮込み。
青魚を使った料理や、魚のスープなど。

こちらはトリッパの煮込み
(私は見た目がダメなので・・ パス
こちらをご覧ください no.1 , no.2
c0077533_8201637.jpg

こちらは牛肉の煮込み。
c0077533_8204915.jpg


次はトリエステの名物編です。
c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-07-13 08:25 | FriuliVeneziaGiulia | Trackback | Comments(10)

フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州(トリエステ)

フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州は、イタリアの最北東部
に位置します。
北はオーストリア、南はアドリア海、東はスロヴェニアに
面します。
c0077533_0352628.jpg

フリウリ地方とヴェネツィア・ジュリア地方からなり、フリウ
リはポルデノーネ県とウーディネ県とゴリツィア県の一部、
一方ヴェネツィア・ジュリアはトリエステ県とゴリツィア県の
残りの部分とに別れます。

地図:
緑    ポルデノーネ県
紫    ウーディネ県
オレンジ ゴリツィア県
青    トリエステ県

フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の首都はトリエステ。
州の東端に位置します。

*******************************
トリエステ・・・
オーストリア、フランス等の国々から支配を受け、18~
19世紀にかけてのオーストリア・ハンガリー帝国のマリア・
テレジア時代はトリエステ繁栄の絶頂であった。
しかしながら、
イタリアが統一されてからは商業都市、中央ヨーロッパの重要
な港町だった立場から一転して、重要性を失う。
ユーゴスラビアに接したこの地域は領土問題等で複雑な関係
にあり、トリエステを除く州の本土は1866年の第2次イタ
リア独立戦争前まで、一方トリエステは第一次世界大戦まで
オーストリアに帰属した。
このようにトリエステは数々の変遷を経て多様な独特の文化を
持つことになる。

第二次世界大戦以降に、イタリアとユーゴスラビア(スロベニ
ア)の2国に二分されてしまった町が国境近辺の町には多い。
非常に複雑な地域である。
********************************

トリエステ(Trieste)の中心部に
ヴェネツィアと同じ名称のカナル・グランデ(大運河)が
ありますが、ヴェネツィアのようにカーブしているわけでなく
全く雰囲気が違います。海からまっすぐサンアントニオ教会
に向かって幅広の運河があります。

奥に見えるのはサン・アントニオ教会
右には、異国情緒漂う東方正教のサンスピリドーネ教会
c0077533_1463111.jpg

反対側(海側)
c0077533_147680.jpg

ふらふらと写真を撮っていて思わずぶつかりそうになった
この方。。 アイルランド出身の小説家、
ジェームス・ジョイスの像でした。
c0077533_1501055.jpg


まだトリエステ編続きます~。

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-07-09 02:22 | FriuliVeneziaGiulia | Trackback | Comments(8)


通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

全体
La visita(メーカー訪問)
Vino(ワイン)&ワイン見本市
食材見本市
ピッツァ関係&大会等
cibo(食べ物関係)
FriuliVeneziaGiulia
Trentino-Alto-Adige
Veneto(ヴェネト)
Piemonte(ピエモンテ)
Lombardia(ロンバルディア)
Liguria(リグーリア)
Toscana(トスカーナ)
Emilia Romagna
Umbria(ウンブリア)
Molise(モリーゼ)
Lazio(ラツィオ)
Campania(カンパーニア)
Basilicata(バジリカータ)
Puglia(プーリア)
Calabria(カラブリア)
Sicilia(シチリア)
Sardegna(サルデーニャ)
Varie(いろいろ)
ワンちゃん
Giappone(日本)
海外編
未分類

検索

お知らせ

★イタリアへビジネスでいらっしゃる方への通訳、現地視察・調査等、イタリア個人旅行の方へのコーディネート、イタリア各地のワイナリー見学や美食ツアーを行っています。
サイトをご覧ください。
     ↓
c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



★2つのブログランキングに参加しています。どちらとも1日に1クリックよろしくお願いします。 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ




★トリップアドバイザーの
おすすめブロガーに認定
頂いてます。
旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー


日欧商事様の「イタリア・ワイン・フード情報ブログリンク集」にリンク頂いています。
ブログリンク集



★このブログの記事、
写真等の無断転用は
お断りいたします。


★excite以外のブログ
☆Zucchina Allegra
☆日伊文化交流協会
☆CHICCO式イタリアdall'AallaZ
☆イタリア料理紀行 LA VITA A ROMA
☆aiutoイタリア!
☆TOLOSのぶろぐ
☆イタリアお気楽日記
☆イタリアお気楽日記第二章
☆くまちゃんと一緒
☆Dialetto osakano
☆かたつむりの国だより*イタリア料理留学記
☆イタリアワイン エノテカイタリアーナ
☆世界一のピッツァ職人パシュクアーレ
☆とあるイタリアンシェフの脳みそ
☆チーズ天使と! ほっと! HOT! リリータイム!!
☆ちょこっとしょこらな手作りお菓子

お気に入りブログ

イタリア食材「ベリッシモ...
kihachi* a s...
2008年にイタリアンレ...
*イタリア料理紀行
宮村浩樹のブログ
8階のキッチンから   ...
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
奈良 野菜ソムリエの店 ...
HEROのアナログな生活
It's a うさラビ ...
CLUB AMATORI...
お気楽フィレンツェ暮らし
Piccoli Pass...
カッラーラ日記 大理石の...
あわじしまっこ、フィレン...
パルマの食と生活
東京生活
ナポリピザ窯共同組合のブ...
つばさ雲
ロンドン&猫日記
NO ANCHOVY, ...
Q503Daily Photo

最新のコメント

初めまして。台湾の台北市..
by 台湾人 at 11:08
門田様。コメントありがと..
by infoitalia at 22:52
イタリアの大気汚染問題、..
by 門田 at 16:12
Ciccioさん。絶対楽..
by infoitalia at 19:04
Ciccioさん。 ラ..
by infoitalia at 19:03
うわッ!! 俺、このお..
by Ciccio at 12:04
ラグーも羊ですか? や..
by Ciccio at 12:02
お久しぶりです!コメント..
by infoitalia at 23:48
お久しぶりです、此処はも..
by jose at 02:44
楽しい季節ですが、今年の..
by infoitalia at 22:15
BirraとPizzaの..
by Ciccio at 09:31
joseさま!こんなに更..
by infoitalia at 11:23
おひさしぶりですブログは..
by jose at 02:42
randan0815さま..
by infoitalia at 17:43
これを見てると気分はちょ..
by randan0815 at 11:22

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
more...

最新の記事

魚貝料理続き
at 2017-02-03 03:44
魚貝料理を堪能
at 2017-01-31 04:23
2017年 新年明けましてお..
at 2017-01-01 01:01
Catacombe di S..
at 2016-12-28 23:56
ナターレ 2016 no.2
at 2016-12-28 00:06
ナターレ2016
at 2016-12-24 20:55
2016年秋 中国(上海)
at 2016-12-06 03:33
ナポリの市場(魚屋)
at 2016-12-04 17:28
2016年秋 中国(舟山群島)
at 2016-12-02 01:37
2016年秋 中国(四川省)
at 2016-12-01 19:00

最新のトラックバック

ラベンダーバンドルズ
from おいしい田舎から...dal..
1日で「ラ・ビコッカ」と..
from 旨い!ナポリピッツァ
駒沢でタイカレー&ロシア..
from 旨い!ナポリピッツァ
中世の村モンテリッジョーニ
from Piano piano-イタ..
アマルフィ 女神の報酬
from 日伊文化交流協会

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧