カテゴリ:Trentino-Alto-Adige( 9 )

Bolzano(ボルツァーノ)

Bolzano(ボルツァーノ)
ボルツァーノの町にもポルティコがある通りがあります。
c0077533_023320.jpg

町の中心には市場が開かれている通りがあり賑やかです。
チーズとサラミ・ハム類
c0077533_032739.jpg

お菓子が並んだショーウインドー
c0077533_042782.jpg

マジパンで作られた可愛い豚さん
c0077533_04659.jpg

ボルツァーノその近郊には沢山のワインメーカーがあります

今回、メーカーを訪問することがでました!
次回に続く~。

クリックしていただけたら嬉しいです~♪emoticon-0169-dance.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2009-02-01 00:06 | Trentino-Alto-Adige | Trackback | Comments(2)

Ortisei(オルティセイ)

Ortisei(オルティセイ)はスキー場として知られています。
又、木彫り細工も有名で町に向かう道路の脇に建つ
お土産屋やレストランの前にも、木で造られた巨大な像
が置いてあったり、専門のお店などもあります。

さらに冬の見所はこれ!
川に氷の噴水が作られます。
c0077533_74832.jpg

町の中心はレンタルスキーとか特産品のお店などがあります。
やっぱり気になるのはワイン(笑)そしてスペックなど!
c0077533_75867.jpg

食材のお店。樽を利用したショーウインドーが可愛い。
c0077533_764278.jpg

c0077533_77175.jpg

ヴェファーナが終わった頃に、氷の彫刻の作品が町の
各所に作られ優秀作品を競うそうです。
-10℃という気温の中、手袋もなしでベースを作る
ために積み上げた氷の上にバケツで水をかけていました。
寒っ~。
c0077533_7102351.jpg


これは自分用のお土産。
c0077533_710526.jpg

小鳥がサンタ帽をかぶってます。本体は陶器で、足の部分
は鋼でできてます。バールでホットチョコレートを飲み
ながら「はいっチーズ!」

更新が滞っていますが・・・
クリックよろしくお願いします~!♪emoticon-0169-dance.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2009-01-29 07:15 | Trentino-Alto-Adige | Trackback | Comments(2)
Abbazia di Novacella(アッバツィア ディ ノヴァチッェラ)
ノヴァチェッラ修道院では9世紀頃からブドウ栽培を
行っています。現在では、高品質のワイン生産者として
知られています。
地元の人に聞いたところ、予約無しで行ってカンティーナ
を見学することも試飲することも可能だと言われたので
すっかりその言葉を真に受けて、何の連絡もなしに
向かいました。(そこへ向かう様子は先日のブログの
内容です)

この橋を渡ると修道院の建物が見えてきます。
c0077533_19223410.jpg


敷地の手前の方にはワインショップがありました。
カンティーナ見学ができるかと尋ねたところ、試飲ができる
カンティーナはあるけれど、製造現場を見せてもらう
ことはできないとのこと・・。
団体予約などは受け付けているけれど、個人の見学は
受け付けていないとのことでした。残念。

カンティーナ見学ができてそこで試飲もできると聞いて
いたのは、実はこの(下の写真)エノテカの様なところで、
注文して(!)グラスでもワインが飲めるということなの
でした・・・。
いや、お金を払うのが嫌とかそういうのではないのですよ
ただ、カンティーナ見学というのはどのように製造している
とかが見れるから楽しいのであって・・・・。
c0077533_0573026.jpg


まあ、ぶちぶち言ってもしかたないので・・
立ち飲みでグラスワインを頼みました。
内部はこんな風になっています。
c0077533_16663.jpg
c0077533_174080.jpg


このカンティーナのトップワインは
Abbazia di Novacella Praepositus Kerner
アバツィア・ディ・ノヴァチェッラ プレポージトゥス・ケルナー
ブドウ品種:ケルナー100%

敷地内をさらに奥に進んでいくと、修道院、教会があります。
修道院
c0077533_19232920.jpg

教会
c0077533_2583087.jpg


クリックしていただけたら嬉しいです~♪emoticon-0169-dance.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2009-01-21 19:31 | Trentino-Alto-Adige | Trackback | Comments(8)
Bressanone(ブレッサノーネ)から北に2~3km行った
ところに、Novacella(ノヴァチェッラ)という街があります。
ここはAbbazia di Novacella(Novacella大修道院)
があることで有名です。
ブレッサノーネからバスで簡単に行くことができますが、
2~3km? それくらいだったら歩いて行ってみよう!
ということで、歩いて向かいました。
道中の景色 !
c0077533_23235172.jpg

斜面に広がるブドウ畑
c0077533_23262980.jpg

アルト・アディジェは、高品質のワインを生産する地域
です。特に白ワインは綺麗な酸味で、香りが非常に
華やかなのが特徴。ブドウの品種は、イタリア、
ドイツ、フランスのものが栽培されています。
ブドウが栽培されているのは、谷の斜面に作られた細長い
段々畑状になっているところ。標高も高く、900メートルの
ところもあるということです。
ブドウだけでなく、谷底や平らな場所では、リンゴの栽培
が行われています。
これはリンゴの木
c0077533_23401796.jpg

これはブドウの木
c0077533_23414589.jpg

こんな風に、葉っぱも実もなっていない木なんて興味ない
と一緒に行った友達達には言われましたが・・・・・。
私にとっては木の仕立て方を見るのにこの時期は
絶好のチャンス!

ノヴァチェッラのカンティーナの話題は次回
に続きます。

クリックしていただけたら嬉しいです~♪emoticon-0169-dance.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2009-01-19 23:19 | Trentino-Alto-Adige | Trackback | Comments(0)
Bressanone(ブレッサノーネ)からBolzano
(ボルツァーノ)の間に、Chiusa(キウーザ)という
街があります。
標高200メートルの絶壁にそびえ立つ
Convento di Sabiona(Sabiona修道院)。
c0077533_264787.jpg

c0077533_27730.jpg


この断崖のふもとにChiusa(キューザ)の街が
あります。
レストランへの入り口(写真には写っていませんが
左側に大きな水車があります)
c0077533_211541.jpg

内装が変わっています。
農業の機材などが置いてあってまるで博物館のよう。
c0077533_2113490.jpg

そしてここの一番の目玉が これ!
って暗くて分かりにくいですよね。写真中の「ここです」と書いて
ある辺りに注目ください。
c0077533_214092.jpg

その辺りに大きな樽が3つ並んでいて個室になっています。
(左側にいる人の大きさと比べていただけたら
どれくらい大きいか想像できると思います)
c0077533_438199.jpg


食べたものは
アンティパスト
(チーズ・サラミ・スペックなどの盛り合わせ)
c0077533_2173747.jpg

これは欠かせないでしょう~ということで
ポレンタ(Polenta)とキノコ
c0077533_2175752.jpg

Stinco di Maiale(豚のすね肉)
豪快にナイフが突き刺してありました。
c0077533_2181651.jpg


クリックしていただけたら嬉しいです~♪emoticon-0169-dance.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2009-01-17 00:52 | Trentino-Alto-Adige | Trackback | Comments(8)

Bressanoneの街並みno.2

ポルティチのある通り。
c0077533_0452127.jpg


バールの前で見かけた巨大なくまさん。
c0077533_0455098.jpg


街の中心には室内プールがあります。
c0077533_0461974.jpg
c0077533_0463972.jpg
ジムも併設しているし、プールでのエアロビクスもできます。
(インストラクターの方はドイツ語を話してました)
食べ過ぎた身体を動かすには最適。
室内プールには滑り台やジャグジーもあり、又 屋外にも
プールが繋がっています。日本の北国での温泉感覚で、
プールから外に出ている部分(頭)は涼しく、浸かっている
部分は適温。
そして、更衣室もすごく機能的で、必要な物が装備されて
いてすっきりしています。
さすが・・。ドイツに近いだけありますね!(?)

せっかく身体を動かした後なのに、やっぱり気になるのは
甘いもの・・・。苦笑
c0077533_0487100.jpg


c0077533_0482885.jpg


クリックしていただけたら嬉しいです~♪emoticon-0169-dance.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2009-01-16 00:10 | Trentino-Alto-Adige | Trackback | Comments(2)
Bressanone(ブレッサノーネ)はBolzano(ボルツァーノ)
の北40キロくらいに位置し、オーストリアとの国境にも近い
こじんまりしたとっても可愛い街です。お気に入り!
Piazza Duomo(ドォーモ広場)は11月28日~1月6日
まで、Mercatini di Natale(クリスマスのメルカート)が
開かれていて、イベントも沢山行われてとっても華やかです。
その期間を過ぎるともとの広場に戻ります。
c0077533_8392266.jpg

やっぱり寒い地域にポルティコは欠かせないということで
この街の中心もポルティコがあります。
Portico(ポルティコ=天井付回廊=アーケード)
雨や雪の時には傘をささずに歩けるので便利ですよね。

プレゼーピのお店をのぞいてる男の人と犬。
あまりに熱心に見入っているので私も近づいて見ました。
というのは冗談で、実は木で作られた作品です。
c0077533_904430.jpg


まだまだトレンティーノ=アルト・アディジェの話題
続きます~。
クリックよろしくお願いします♪emoticon-0169-dance.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2009-01-15 09:04 | Trentino-Alto-Adige | Trackback | Comments(0)
ミラノも大雪、リナーテ空港のダイヤも大乱れ、
イタリア各地で大雪、ボローニャーフィレンツェ間も
雪のため高速は渋滞という状態の中、-10℃なんて
当たり前!といわれている、北イタリアのトレンティーノ
ーアルトアディジェ州のアルトアディジェ方面に
来ています。(オーストリアとの国境近くです!)
道中はこんな状態。(車窓から見る景色は綺麗ですね)
c0077533_22455018.jpg

極寒で凍えてしまうことを覚悟していたのですが、
なんと晴天続き。(実は私・・晴れ女です!)
気温も最低でも夜-5℃くらい。というわけで、とっても快適
な旅行を楽しんでおります。
前回来た時も雨や雪に降られなかったのですが、すっごく寒く
て、耳とか鼻がまだついているかどうか分からないくらいで、
鼻水なんて垂れた瞬間に凍ってしまう(汚くてごめんなさい)
というくらいの寒さでした。
それに比べたら、今回は太陽が照っていて、寒さも感じなくて
とても心地よいです。

ここはBressanone(ブレッサノーネ)とっても可愛らしい街です。

c0077533_2247762.jpg


c0077533_22473594.jpg

暖かさが伝わってくるようなショーウインドー
c0077533_22483170.jpg


なかなか更新ができませんが、まだまだ
アルトアデジェの話題を続けていきます~。

クリックお願いいたします~♪emoticon-0169-dance.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2009-01-11 22:39 | Trentino-Alto-Adige | Trackback | Comments(4)
Trentino-Alto-Adige(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)。
 オーストリアとの国境近くの一番北の州です。州内でも特に
北の地域は街の雰囲気、建造物、住民もオーストリアの雰囲
気がただよっています。
(言葉もイタリア語よりもドイツ語のほうがメインに話されて
いるようでした。。)
まるでおとぎ話にでてくるような町並み。可愛い!! 
 数年前の真冬に訪れた時は・・・・・・・・一言。 
寒かった~。
マイナス何十度というのもあたりまえ。
寒がりの私にはかなり厳しい。。
外気に触れている突起物(鼻とか、耳とか・・笑)や、足、
手の指の先の感覚がなくなって、毛皮のコートを着ていても
身体の芯から冷える感じ。
 でもクリスマス時期のこの地域はとってもロマンチックで
お勧めです。
(下: Bressanone)
c0077533_23104246.jpg


 さて、今回は夏に訪れてみました。
夏は緑がとても美しく心が洗われる感じです。
c0077533_2316533.jpg
c0077533_23195243.jpg(左右: Trento)
[PR]
by infoitalia | 2006-08-26 15:26 | Trentino-Alto-Adige | Trackback | Comments(0)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia