カテゴリ:Campania(カンパーニア)( 127 )

ソレント半島のヴィコ・エクエンセの地にあるミシュランの
2星レストラン「TORRE DEL SARACINO
(トッレ・デル・サラチーノ)
のオーナーシェフGennaro
Esposito(ジェンナーロ・エスポジト)シェフが世界の
リゾート地・カプリ島にレストランをOPENしました。

オープンしたばかりのレストランに行って来ました♪
c0077533_259369.jpg

場所はもと「GEMMA(ジェンマ)」というレストランだ
ったところ。素晴らしい眺めは同じですが、内装が真っ白に
変えられ水色がアクセントになった店内からの眺めはまた
違う印象です。
c0077533_2582137.jpg


ただ、半分テラスのようになっているので冷房はもちろん効
いておらず暑かったです。

奥の席はこんな風になっていました。
c0077533_32108.jpg


お母さんと同じ様に心を込めてつくるお料理で、喜びと感動
を味わって欲しいというのがコンセプトで、カンパニア州の
お料理がベースになっています。

こちらはパルミジャーナ
c0077533_385811.jpg

イカの詰め物
c0077533_392174.jpg

ムール貝とからすみのパスタ
c0077533_395159.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2013-07-22 02:48 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(0)
続くと言ってから更新が遅くなってしまいました。
さて・・・青の洞窟。

まずはナポリからカプリ島の港マリーナグランデに到着し
切符売り場で洞窟に入れそうだということを確認。
青の洞窟へのアクセス方法として3パターンあります。
①王道!
マリーナグランデからモーターボートで青の洞窟側まで行く
そこで小型の手漕ぎボートに乗り換え(手漕ぎボート+洞窟
入場料)を払い洞窟へ。
②マリーナグランデからモーターボートでカプリ島を一周し
青の洞窟側まで行く。その後は①と同じ。
③船酔しやすい方にお勧め:
アナカプリ地区まで行き、階段を下りてそこから手漕ぎボー
ト乗って入場(もちろん手漕ぎボート+洞窟入場料を払う)

①の青の洞窟までの中型ボートは13€
②のカプリ島を一周する中型ボートは17€

それ程料金が変わらないし一周しましょうということになり
今回はカプリ島を一周!

青の洞窟のように小さい穴をくぐって中に入るというエンタ
ーテイメント性はありませんが、白の洞窟、緑の洞窟
赤の洞窟というものもあります。
(白の洞窟)
この洞窟の下までボートで入っていきます。
c0077533_3453876.jpg

(緑の洞窟)
この色!
水が透き通っているのでボートが宙に浮いているように
見えます!
c0077533_343197.jpg

ちなみに赤の洞窟とは、岩の周りに真っ赤な珊瑚が張り付い
ているためそんな風に呼ばれています。

ファライオーニといわれる岩群。
この穴を通過する時に願い事をするか、好きな人と
キスをすると恋愛が成就するとか。
c0077533_3531417.jpg

願い事しました(笑)☆ 
c0077533_3533446.jpg


青の洞窟に近づいてまいりました。
さて、ここで問題発生!

青の洞窟に入る順番待ちでモーターボートが沢山待機して
いるため、1時間以上待つことになるので、青の洞窟に入
らず帰ろうといいだしたのです。
耳ざとくこの言葉を聞いた私、なんとか阻止しなくてはと
戦いました。笑 

他の乗客の方で入る気満々の方達の人数も確認し、なんとか
他のモーターボートに乗り移るということで解決。
でもここまで来て入らないという人達が半分以上いたので驚
きました。私は何度も入ってますが、初めての方は入れる
チャンスがあるのであれば絶対に入りたいですよね?
せっかく日本から来て、側まで来て、入れる確率が少ないの
に今日は入れる!というそんな日に待つのが面倒だから入ら
ずにスルーするなんて残念すぎます。
このモーターボートに乗る際にも青の洞窟をスルーしないと
いうことを確認しておいたのに、こんなまだまだ油断は禁物
でした。笑

というわけで他のモーターボートに乗り換えて、ラッキーに
も直ぐに手漕ボートに乗ることができました。

洞窟の入り口付近
c0077533_443888.jpg


過去ブログ:青の洞窟編もご覧ください。

この日の青の洞窟!
c0077533_453941.jpg

やっぱり綺麗~!!!


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2013-07-18 02:53 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(2)

カプリ(CAPRI)島 part.1

楽園が続きますが、お次はカプリ島。
ナポリから南に30キロほどの所に位置するカプリ島。
こちらはマリーナグランデ 
船はこの港に到着します。
c0077533_191216.jpg


こちらのブログでも何回も書いておりますが、いつ来ても
美しいカプリ。

ナポリの周辺には美しい場所が多すぎて困ります。苦笑
ソレント、アマルフィ海岸の町々、イスキア島、プロチダ島
ナポリからほんの直ぐの場所に素晴らしい楽園があるん
ですから。

『青の洞窟迄のボート』のチケット売り場
なんと!憧れのカプリウォッチ☆☆
c0077533_19154130.jpg


手っ取り早く近場で海水浴を楽しむ方達。
c0077533_1923548.jpg


天気も良いし、波も荒くないし、水位も高くなさそう。
ということで今回も無事に青の洞窟に入れそうです。
(と・・・この時は安心していました。。。
イタリアでは油断は禁物です!!!!) 

続く・・・♪

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2013-07-16 19:11 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(4)

ポジターノ(POSITANO!)

少し前の写真になりますが・・・
こちらはポジターノ!
アマルフィと共にアマルフィ海岸を代表するリゾート地!
c0077533_17343099.jpg


世界中から著名人や観光客が訪れる高級リゾート地。
こちらは元はのんびりした漁師の町でしたが、断崖にしがみ
つくように造られたパステルカーラのカラフルな家や、砂浜
、お土産屋が並ぶ細い路地、高台から街を見下ろした景色も
砂浜から街を見上げた景色も最高!
c0077533_1735467.jpg


町は谷にしがみつくように造られていて、正面に砂浜があり
ます。車で高台の断崖にそって造られたカーブ続きの道を走
ってくると、町へ降りる細い道路があります、レストランや
お店が並ぶ一方通行の道を下りていくと、谷の下に位置する
途中の広場まではアクセスすることができます。元来た道に
戻ることはできないので、反対側の谷の上にまで登り、最初
通って来た細い道路への入り口までまで戻ることになります
。(降りる途中にあるレストラン、眺め良し♪)
c0077533_17355547.jpg

(黄色い教会の後方辺りまで車でアクセスできます。)
c0077533_17365568.jpg


ふ~っ、楽園です♪♪

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2013-07-12 15:36 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(2)

アマルフィ(AMALFI)

アマルフィ海岸をドライブ♪
こんなカーブが続きます!
スピードを出して走っていてカーブを曲がり損ねたら海へ
ダイブ?!
おお~怖っ。
c0077533_2061459.jpg


自然の断崖を崩さないように、断崖のカーブに張り付く
ように道路が作られています。大型のバスがすれ違うのは
至難の業。大型バスは急なカーブではクラクションを鳴らし
て知らせています。

美しい景色♪
c0077533_2093234.jpg


こちらはポジターノ
c0077533_2137211.jpg

ソレントの方からアマルフィ海岸を進んで来るとまずはポジ
ターノの街が先に現れ、続いて断崖に張り付くカーブ続き
の道路を進むとプライアーノ、フローレ等の街があり、アマ
ルフィに到着します。
アマルフィは通過してきた他の街に比べると海の高さの所
から街へアクセスすることができます。
c0077533_21201272.jpg


アマルフィは今でこそユネスコの世界文化遺産に登録されて
いるアマルフィ海岸を代表する美しい観光都市の内の1つで
すが、中世の時代にはアマルフィ共和国として強盛を誇る
海洋国家でした。

その時代に発展していた海洋国家は、ヴェネツィア、ジェノ
ヴァ、ピサです。そんな中にこんなのどかな観光都市アマル
フィが含まれているというのは現在からは想像ができません
。^^

周囲を断崖絶壁の海岸に囲まれて、小さい湾の奥の浜に港
が作られていたことから、外敵の侵入を防ぐことができた
そうです。

門をくぐって街に入ると
直ぐに大聖堂が現れます!
c0077533_21381882.jpg

大聖堂はキリストの12使徒の一人聖アンドレアに献じられ
て作られました。交易があったビザンチンやイスラムの影響
を色濃く反映した建築様式になっていますが、古いキリスト
教会の基盤上に西暦833年以前に建築され、その後長い
年月をかけて何度も拡張・改装工事が行われ現在の姿になっ
ています。

こちらは天国の回廊。
c0077533_2145347.jpg

地下礼拝堂。
コンスタンチノープルから運ばれた聖アンドレアの遺骸が
納められています。
c0077533_22114498.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2013-07-08 20:01 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(4)
ヴィコ・エクエンセ
Vico Equense

ナポリの南、ソレント半島にある人口2万人程の町。
(ちなみにナポリ市は100万、ナポリ都市圏の人口は
300万。)

この地にあるミシュランの二つ星のレストラン
「Torre del Salacino」
トッレ・デル・サラチーノのジェンナーロ・エスポジト
シェフが中心となり、国内のシェフが集結する食の祭典
フェスタ・ア・ヴィコもここで開催されます。
開催期間はまさに今、6月2日~5日。

昨年の様子はこちらをどうぞ!
1.
2.
3.

このイヴェントの会場の1つである
海水浴場&レストラン
海がすっごく綺麗!!!
c0077533_648331.jpg


ヴェスヴィオ山とナポリ湾の美しい眺めは昨年の写真でも
紹介済みですが、断崖に建つヴィコ・エクセンセの教会
を含む景色はまた格別です。
c0077533_7233843.jpg


レストラン「トッレ・デル・サラチーノ」は海辺にある塔の
中にあります。↓
c0077533_7291480.jpg

反対側からの景色
レストランも教会も見えます。
c0077533_725445.jpg


ナポリ湾に面して向かいにはナポリの町とヴェスヴィオ火山
が眺められるこの町はナポリからちょっと離れただけなのに
のんびりとしたバカンス気分が味わえます。

c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2013-06-05 08:32 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(4)

ナポリ&ソレント

天気が悪い悪いといい続けてますが、まだ
どんよりした天気が続いてます。

ナポリも然り。晴れたり突然激しい雨。

ナポリの卵城近くの海沿いの通りにて:
フェラーリが展示されてました。
c0077533_749754.jpg


翌日、この日は快晴!
ソレントにて。
マリーナグランデ
c0077533_752248.jpg

海が綺麗!
遠くにはヴェスヴィオ火山が見えているのですが
少し雲に隠れてます。
c0077533_7513131.jpg

ソレントはレモンの産地。
陶器もレモンをかたどったものが多々!
色が綺麗です。
c0077533_7532269.jpg

しかしこの店。店員が留守。
店の入り口は開いているので誰でも出入りできるし
ひょっとしたら勝手に商品を持って行ってしまうことだって
できそうな雰囲気。
暫く待ってたけれど結局戻ってこないので店の隣のBARで
お茶をしていたら戻ってきました。苦笑
のんびりしていていいですね。
ソレントはナポリと違いのんびりした時間が流れています。

白いお皿に魚貝の飾りが可愛い!
c0077533_7581662.jpg

こちらはピッツァ。
c0077533_7584164.jpg


c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2013-06-02 07:22 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(4)

PASQUA(復活祭)@ナポリ

久しぶりにナポリに帰ってきました~。
ナポリにずっといるといろんなストレスが溜まってきますが、
久しぶりってのはいいもんですね。

景色、ノリのいいナポリ人、人込み、料理など、なにもかもが
嬉しく感じます。笑

2013年のパスクアは3月31日です。
残念ながら昨年に続き今年も天気が不安定。
写真は卵城。
天気が悪くても海がある景色、大好きです。
c0077533_8284352.jpg


復活祭といえばCasatiello(カサティエッロ)。
ナポリの伝統的な復活祭パン。
ラードと塩・胡椒をしっかり練り込んだ生地にチッチョリ
(チコリ)と固めのチーズをダイス状にカットしたもの、
カットしたゆで卵を、伸ばした生地に巻き込み、リング型に
入れて焼きます。

「スパゲッタータ」のアドルフォは今日本へ出張中です。
こちらはサルバトーレ、心をこめて作ったカサティエッロ。
笑顔が可愛いです!!
c0077533_812943.jpg

写真の中にイル・タンブレッロの皆さんが写ってます!^^
c0077533_8132723.jpg

2012年のパスクアの様子はこちらからどうぞ
読み返して携帯を盗まれたのはこの時期だった
ということを思い出しました。苦笑
その後の手続きがいろいろ大変でした。

話を戻して・・・・・
こんなケーキを見かけました。
ナポリのサッカーチームのマスコット♪
右のケーキもなんだか気になりませんか(笑)
c0077533_8154560.jpg

こんなのも。
c0077533_8235923.jpg


気になったこのケーキ。
彩りも可愛いいしプーさんも子豚のピグレットもロバの
イーヨーも似てなさ感が素敵。笑
c0077533_8172718.jpg


普通は子供が貰うものなのですが・・・
今年1つ目の卵のチョコレート!
巨大なのを貰いました♪
中にオマケが入ってるのですが、さて中は
ナンだろう??楽しみです。
c0077533_833397.jpg



← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2013-03-30 22:57 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(8)

ナポリの地下鉄駅開通!

ナポリの地下鉄Linea1はプロジェクトに取り掛かって
から既に10年近くたっていますが、まだ全駅が開通
していません。
イタリアはとかく仕事が遅い上に、さらにナポリでは
遺跡がゴロゴロ出てくるのでさらに厄介なのです。
昨年2011年3月26日にはウニヴェルシタ駅が開通

さて今年2012年9月17日にはVia Toledo
(Via Roma)に「トレド駅」が開通!
都会っぽいではないですか!(笑)
c0077533_5331774.jpg

下に降りていくと・・
モザイクが張り詰められていたり遺跡の雰囲気を
かもしだしています。
c0077533_4504890.jpg
c0077533_4513453.jpg

ナポリの地下鉄Linea1はアーティストによって
各駅がデザインされていて面白いです。

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2012-10-01 04:38 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(7)
ナポリ近郊のお店へ
アンティパストが多すぎて選びきれません!!
c0077533_2103835.jpg

c0077533_2133032.jpg

こういう演出楽しいです。
フレッシュなモッツァレッラがぷかぷか。
c0077533_2271137.jpg

ナポリのアンティパストと言えば!
ゼッポリーニ
サクっもちっとした感触が美味しい。
c0077533_2261651.jpg

c0077533_2275775.jpg

c0077533_2292969.jpg

シャラティエッリ!
c0077533_295489.jpg

パッケリ!
c0077533_231033.jpg


さて、こちらは所変わって・・・・・
今、L’ARTEの勇さんがイタリアにいらっしゃってます。
ナポリでお食事をご一緒した際のアンティパスト!
c0077533_2352834.jpg

c0077533_2361686.jpg

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2012-09-22 02:08 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(8)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia