イタリアを楽しもう!

メーカー訪問第26回 2008年Vendemmia(ブドウの収穫) シチリア編

夏だ、海だ!と浮かれている間もなく(それは私だけ?)、
ワイナリーでは今年のVendemmia(ブドウの収穫)が近づき
神経を使う時期になってきました。
c0077533_11305686.jpg
(収穫作業は手摘み。腰をかがめての作業は大変です)

イタリアは南北に長いため、その地域によって収穫時期も違います。
収穫というと、なんとなく秋!というイメージがありますが、
特にシチリア島では、8月に収穫が始まります。
私の知っているワイナリー(シチリア島の南東部)では、
8月15日過ぎにはSyrah(シラー)というブドウ品種の収穫が始まっています。
というのも、ブドウ品種によって成熟時期に違いがあるので、
早く熟すブドウ品種は早い時期に、反対に熟すのが遅い品種は
後から収穫していくことになります。
そして、ここでは、このSyrah(シラー)を先に畑の3分の1だけ収穫し、
残りを27日、28日に収穫することにしました。
それは、先に収穫したブドウからフレッシュなワインを作るためだそうです。
シチリアでは酸度があるワインを作るのはそう簡単ではないため、
こうして同じ品種でも時期を変えることによっていろいろな特徴を
引き出していきます。そうして最後にブレンドするのです。
ちなみに、27日、28日の収穫の際に、Syrah(シラー)の畑の
残り3分の2の収穫が行われましたが、各1本のブドウの木から
4分の3の房を残して収穫することになりました。 
もちろん1回で全部収穫できれば手間もかからなければ経費も
抑えられます、さらに同じ品種のブドウ畑を時期を分けて収穫する
のはまだ簡単です(と言っても2度手間ですが)、
しかし、さらに各一本の木から・・となると房を確認しながら選別して
収穫しなければなりません、でもこのように手間をかけるのは、
収穫したブドウはもう後戻りができないからです。
来年にならないと次のブドウを見ることができないのです。
今までの努力が、収穫時期を間違えるだけで水の泡になってしまう
こともあるからです。 
というわけで(熱く語ってしまいましたが・・笑)、
残された分は最高の状態に熟した時に収穫されます。
(それまでに天候などで被害がないことを祈ります。)

一方、シチリアのブドウ品種の代表選手といえば、
Nero d'Avola(ネーロ ダボラ)。
収穫の時期が例年だと9月の10日から15日あたりだったのが、
今年は少し早まりそうです。

あっ、ところでシチリアのように暑い地域では収穫したブドウが発酵
をはじめてしまうのを避けるために、日中の暑い時間帯を避け、
夜の涼しい時間帯に収穫する地域もあります。夜、ブドウ畑が
ライトアップされるさまはその地域の風物詩になっています。
っていっても、作業してるほうは「ライトアップされて綺麗~♪」
とか思いながら作業なんてしてませんよね。
こんなに重労働なのに。(お疲れ様です)

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

こちらもよろしく~♪070.gif

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]
by infoitalia | 2008-09-03 11:52 | La visita(メーカー訪問) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/9619413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ペッショ at 2008-09-03 18:29 x
いろいろワイン農家さんも知恵を絞っているんですね~ほんと、興味深いですね!知らないことを知るのって楽しいです。
これで私もウンチクさん、になってイタリア人にいばってやろ~。(笑)
夜、光るなんて、除虫菊の栽培みたいですね。
Commented by きっこ at 2008-09-05 20:32 x
私もとても興味深く読ませていただきました。飲むほうは好きですが(爆)まったくワインの知識がないもので・・参考になります。
夜光るってなんかロマンチックだね
そうそう、infoさんの記事(カッルーバとグラニータ)を文中リンクさせていただきました。事後報告でごめんなさい。もし問題があるようなら仰ってくださいね。
Commented by infoitalia at 2008-09-07 21:55
ペッショさん、本当にみなさんいろいろ知恵を絞っているようです。
何気なく飲んでいるワインが出来上がるまでに大変な労力がかかって
いると思うと大切に飲まなくちゃと思います。
自分の知らないことを教わるのって私も大好きですっ。
ところで、除虫菊の栽培・・という言葉に興味がわいて調べてみました。
でも、夜光るっていうことについて見つけられませんでした。夜光るの
ですか?(興味津々)
Commented by infoitalia at 2008-09-07 22:04
きっこさん、私ももっぱら飲む方が専門です(爆)。
夜に収穫すると涼しいのでブドウが収穫されてワイナリーに運ばれる
までに発酵を始めてしまうのを避けるためというのが主な理由と、
また涼しいので(昼は暑いので仕事にならないようです。そんな時間に
畑に行ってみてその意味が分かりました。あづ~い。。笑)仕事の能率
があがるからだそうです。でもワイン畑にライトをつけるということは
その分電気代というコストがかかるのですけどね。初めて聞いた時の
イメージとしては、スキー場のゲレンデが、夜にライトアップされたような感じ(?)でした。離れたところで見たら綺麗そうでしょ?
ところで、文中リンクありがとうございます!とんでもない、きっこさんの
ブログに文中リンクをしていただけるなんて光栄でございますです♪♪
Commented by ペッショ at 2008-09-09 07:37 x
ごめんなさい・・・除虫菊じゃなかったみたいですね・・・(何と勘違いしたのか、自分でも不明)調べちゃった時間がもったいなかったですね。これからは、気をつけます~(汗
Commented by infoitalia at 2008-09-12 14:48
ペッショさん、いえいえとんでもないです~、そもそも、除虫菊の存在を
知らなかったくらいですから、調べてみて勉強になりました♪
ご丁寧にありがとうございます。
<< メーカー訪問第27回 2008... 世間は狭い~! >>