メーカー訪問第19回: ブドウの収穫 in Chiantiのワインメーカー 

メーカー訪問第19回は、ブドウの収穫まっさかりの
Chiantiのワインメーカーです。

昨年に比べると収穫時期がかなり早まっています。
というのも、今年は非常に天気が良く、朝から晩まで
強い日差しによって、ブドウのタンニンとアントシアンの
成熟が加速したからとのこと。
さらに猛暑や、旱魃による被害もこうむらず、8月に降った
わずかの雨と、9月に降った多めの雨でブドウの木の成長
バランスが上手に調整されたようです。
また、近くの畑では雹による被害を受けたところもあるようですが、
幸いここは被害を受けずに済んだそうです。
ブドウの健康状態も良好!
c0077533_651511.jpg

こうやって、一房一房大切に収穫していきます。
斜面にあるので、腰をかがめて摘み取っていかなくては
いけないので、本当に重労働。
彼らの作業なくしてはワインづくりはできません。
c0077533_524485.jpg


ブドウの収穫日を決定するのはとても大切な仕事。
一日のずれが一年の仕事を台無しにすることにもなりかねません。
エノロゴ、アグロノモ、畑の責任者と相談しつつ決定していきます。
もちろん畑の場所や、品種によって、収穫時期は変わります。
日光が良く当たる畑では収穫時期が早くなり、Merlot種は、
早く完熟するので収穫が早いです。
ちなみにここでは、白ブドウも栽培していて、
ChardonnayとSauvignonは、9月の1週目の終わりから
2週目の始めには収穫終了。
Sangioveseは9月末に収穫予定です!
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/7036164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tammys04 at 2007-09-26 07:11
お久しぶりです。
私も22日vendemmiaに行っておりました。
とはいえ、友達の家の収穫の手伝いで生産者ではないのでそこまで気を使わず、ブドウの木も普段キャンティで見ているのとはちょっと違い(成長しすぎ - 笑)楽しませてもらいました。でも、あの枝きりのはさみのお陰で筋肉痛が激しく残っております。

今週もこのまま良いお天気が続くとよいですね。
パンツァーノのフェスタでも今年はこのままだとかなり出来が良くなりそうだと話を聞いてきました。数年後が楽しみですね♪(→気が早い・・・)
Commented by infoitalia at 2007-09-26 23:33
tammysさん こんにちは!お久しぶりです。
友達のお家の収穫!楽しそうですね♪
(成長し過ぎっていうの想像がつきます。笑)
いろいろな州のメーカーさんによると、どこも出来が良さそうです。
楽しみですよね!(tammysさんと同じく 気が早い。。笑)
by infoitalia | 2007-09-23 05:21 | La visita(メーカー訪問) | Trackback | Comments(2)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia