イタリアを楽しもう!

Il giardino dei Tarocchi (タロット・ガーデン)

Capalbio(カパルビオ)の近くに、タロットガーデンという美術館が存在している
ことを知ったのは、帰ってきてからでした・・・。 悔しい・・・苦笑
c0077533_18392870.jpg

ニキ・ド・サンファル
1930年、アメリカ人の母とフランス人の父の間に生まれた彼女は、
25~26才(1955~56年)に、ガウディの建造物などに衝撃を受け、
1998年にはタロットカードをモチーフとした作品を配置した彫刻の庭園
「タロット・ガーデン」をイタリアのトスカーナの地に、20年の歳月をかけて
完成しました。2002年、アメリカ、カリフォルニア州にて死去。71歳。

お恥ずかしながら、Capalbioの旧市街である城砦のまん前に
こんな広場(↓)があり、なぜ彼女の作品がここに?と思っていました。
c0077533_18243678.jpg


あとで、知ったことですが、Tarot Garden(タロット・ガーデン)という
彼女の作品が野外に立ち並んでいる展示してある美術館は、
ここから目の鼻の先にあったのです。
遠く日本からも沢山の方達が訪れているようです。
電車ではCapalbioという駅からタクシーに乗るしか方法がないくらい
不便で皆さん苦労されているとのこと。
こんな側まで来ていながら訪れなかったことがとっても残念です。
というわけで、また機会を見つけて行ってみようと思っています。
[PR]
by infoitalia | 2007-05-24 18:12 | Toscana(トスカーナ) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/6233112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cucina_amalfitana at 2007-06-04 17:29
infoitaliaさ~ん、ご無沙汰しております♪
タロットガーデン、とても彼女の才能を感じる公園ですね!
トスカーナにこんなところがあるなんて、いってみたい場所がまた増えて
しまいました(^^)
Commented by infoitalia at 2007-06-04 17:38
CIAOOO!Marinaさん。
すっごい楽しそうな場所を見逃して残念。やっぱり行動する時は
計画的にしないとだめですね(苦笑)いつも行き当たりばったりで
行動しているから・・・・。
Commented by ピコパパママ at 2007-06-05 09:59 x
有名なアーティストですが・・。
どうしてイタリアに??
20年がかりなんて、スゴイですね!!
いつの日にかいかれますように・・と
思うところばかりで。
Commented by infoitalia at 2007-06-06 17:02
ピコパパママさんこんにちは。
そうなんですよ、なぜかイタリアのトスカーナの不便な場所に
あるんですよ。子供達が楽しめる場所として、ピノキオ公園と共に
タロットガーデンの名が挙げられていました。
実はピノキオ公園にも行ったことがないんです・・・
(これはトスカーナ州のCollodiにあります)。
共に近くまでは行っているのにそこまで足を伸ばしていない
のが残念ですっ。
<< Pitigliano (ピティ... Capalbio(カパルビオ) >>