BEFANA(ベファーナ)

すっごいお菓子の山と、お菓子の詰まった袋を背負ってほうきに乗っている
ベファーナ(不細工ではなく可愛らしいのですが・・)の人形。
c0077533_9463772.jpg

1月6日はエピファニアでイタリアは祝日です。この日までイタリアでは
クリスマスツリーが飾られ、イルミネーションも点灯しています。
クリスマスの飾りつけは次の日に取り払われ、クリスマス休暇も終了。
1月5日の夜中に不細工な魔法使いのおばあさんがほうきに乗って、
子供達にお菓子を配ると言われています。
良い子にはトッローネやチョコレートなどのお菓子を、悪い子には炭を
靴下の中に配るというのが伝統です。
クリスマスが終わった途端にべファーナ用のお菓子が詰まった靴下や、
ぬいぐるみとお菓子がセットになったものなどが店頭や、露店に並び始めます。
また、夜中までおもちゃ屋さんや露店も営業していて沢山の人で賑わいます。
子供達はクリスマスが終わっても、この日まで楽しみがあるというわけです。
イタリアの伝統としては本来プレゼントを持ってきてくれるのは、
Babbo natale(サンタクロース)ではなくて、Befana(ベファーナ)だった
そうですが、今ではどちらもプレゼントがもらえるという、
子供達にとっては楽しみな行事です。日本でもクリスマスプレゼントの後は、
お正月のお年玉という楽しみがありますよね。
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/5263987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by infoitalia | 2007-01-07 09:55 | Varie(いろいろ) | Trackback | Comments(0)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia