イタリアを楽しもう!

I DOLCI di NAPOLI (ナポリのお菓子)

ナポリで見かけたDOLCI!!
(写真下)
・真ん中と下の段:BABA’(ラム酒に浸したケーキ。
生クリームが挟んであったり、沢山のバリエーション有)。
・下の段 右端:ZEPPOLA(揚げドーナツのようなお菓子
でクリームが上にのっている。ナポリの伝統では守護聖人
ジュセッペの日、3月18日に食べる)。
・上の段 真ん中:シチリアのお菓子CANNOLO(カリッ
とした筒状のパイにりコッタチーズのクリーム入り)
・残念ながらSFOGLIATELLA(薄いけれどしっかりした
パイ生地層にりコッタチーズのクリーム等を挟んで焼いたもの
)が写真には写っていません・・・。
c0077533_6374759.jpg

(写真下)
・上から1段目~3段目:黄色いレモンクリームでコーティン
グされているケーキ
DELIZIA AL LIMONEレモンで有名なソレントのお菓子。
DELIZIA(和訳:歓喜、悦楽)というだけあってふんわりした
口どけの良いパンケーキにレモンのクリームがとってもあっ
ています。
・上から3段目 右奥:大きな型で焼いたBABA’
BABA'の特徴である、生地の目が詰まらないように
(むしろ生地の目が粗く穴が開いている方がいい)
焼くためには、火が通りやすいように、BABA’用の型で
焼きます。そうすると、真ん中に穴が開いたケーキが焼き
あがります。そこにリキュール入りシロップをかけます。
一方、小さなカップ型で焼くとあふれ出た部分が盛り上がって
キノコのような形になります。(写真一枚目)
c0077533_7184773.jpg

(写真下)
硬そうなお菓子達はクリスマス時期になると登場してきます。
日持ちがします。
名前は全て覚えていませんが、
・右端:例えばROCCOCO歯が折れそうなくらい硬~い
お菓子。
・上の段 左端:PASTIERAパスクア(復活祭)と
ナターレ(クリスマス)の時期に家庭でもよくつくられます。
ですから家庭によって、甘さの加減や、中の詰め物(主な材料
は、リコッタ、小麦をふやかしたもの?)のしっとりさなどが
違います。
・上の段 飾り付けされているケーキ:CASSATA
シチリアのお菓子。
リコッタチーズクリーム、砂糖漬けフルーツ。
c0077533_6341910.jpg

[PR]
by infoitalia | 2006-12-14 07:40 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/5136809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cucina_amalfitana at 2006-12-17 00:13
infoitaliaさま、こんにちは!
ナポリのお菓子って、大好きなんです!
特に、baba'、delizia al limone♪

それにしても、infoitaliaさまって、本当にイタリア中を飛び回って
いらっしゃるのですね!これからもこのブログでいろいろ勉強させて
いただきますね♪
Commented by infoitalia at 2006-12-17 01:34
Marinaさん こんにちは!最初はナポリのお菓子って
甘すぎるっ(>_<)と思っていたけど(というか甘いんだけど・・苦笑)、
そうでなくてはいけないというか、それも美味しさのひとつなんでしょうね。
私も大好きです~。
私こそ、いつもMarinaさんのブログで勉強させてもらってます。
実は陰ながらファンなんです♪
<< クリスマスイルミネーション3.... クリスマスイルミネーション2.... >>