イタリアを楽しもう!

Confetti(コンフェッティ)

 Bonboniere(ボンボニエーレ)に続いてConfetti
(コンフェッティ)についても書いてみようと思います。
アーモンドを砂糖でコーティングしたお菓子、Confettiは、
アブルッツォ州のSulmona(スルモーナ)という町が
発祥だといわれています。
今でも伝統を守ってConfettiを作っているメーカーがここには
沢山あります。
町を歩いてみると、さすがに沢山Confettiのお店があって、
店先はまるでお花屋さんのようです。カラフルなセロファン
などで一粒一粒包んで、お花、花束、動物などの形に作り
上げるのもここの町の特徴です!
全て手作業!お店は見ているだけも楽しくなります♪
お花を一本だけ買うこともできるし、選んで独自の花束を作る
こともできます。
(花弁の部分が、セロファンで包まれたConfettiで
できています)
c0077533_22413792.jpgc0077533_22523548.jpg
ですから、このようにお花や動物などに形作られたConfetti
は、プレゼントや、Bonboniereとしても使われるそうです。
形を壊すのがもったいなくて食べれませんよね~♪
c0077533_2332329.jpg


 お祝いの時に中に入れるConfettiの数は、1セットにつき
5つだそうです。
結婚の時は5つとも白、洗礼の時は男児はブルーを1つに白を
4つ、女児はピンクを1つに白を4つ、大学卒業は赤を1つに白
を4つ、銀婚式では銀色が1つに白を4つ、金婚式では金色が
1つに白を4つとなります。
お祝いの際に主賓から招待客に贈られるBonboniereに
Confettiは欠かせません。
c0077533_23373715.jpg

[PR]
by infoitalia | 2006-12-04 22:58 | cibo(食べ物関係) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/5082719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyaki_ya at 2006-12-05 01:00
楽しすぎますよ!このお菓子。
集めて花になってるんですか、
お好みで花束も作れると。。。凄い凝ってる♪。
この町行って見たくなりました。
Commented by infoitalia at 2006-12-05 01:08
Ciao,miyaki_yaさん。早速のコメントありがとう~。
可愛いでしょ。色もカラフルでとっても楽しいんです♪

Commented by ピコパパママ at 2006-12-05 09:39 x
一粒づつセロファンに包まれているのですか??
そのようには、見えないのですが・・。
どういう風に、くっつけているのでしょうか?
興味深々!!
Commented by infoitalia at 2006-12-05 19:27
ピコパパママさん!アップの写真を載せますね。見てください!
<< Confetti(コンフェッティ)2 Bonboniere(ボンボニ... >>