イタリアの大気汚染問題と雨

大気汚染問題が大きく取り上げられているイタリア。
特に大都市、ミラノ、トリノ、ナポリ、ローマ。

専門的なことは良く分かりませんが、
欧州で決められている浮遊粒子物質の環境基準
PM10の値が1日に50μm(マイクロメートル)
を超える日が1年のうちで35日以内であること。

この基準を超えたのが、ミラノ、トリノ、ナポリ、
ローマ、ボローニャ等、ミラノ近郊の都市。
ローマ南東のフロジノーネという市がミラノよりも
酷かったとか。

PM10とは大気中の浮遊する微粒子粒径が
10μm以下のもの。

この小さな粒子による大気汚染が取り上げられてい
ます。

2015年の特に後半は雨がほとんど降らなかったた
め大気汚染が深刻化しました。

そこで年末年始に各地で交通規制が行われました。
ナポリも然り。ただ突然31日になって「1月2日~
6日まで、排ガスの基準を満たさない車の通行禁止」
とのお触れが。ただそんなことを無視して走っている
車も沢山見かけました。

イタリアでは何カ月も雨が降らず年明けから天気が
崩れると予報されていましたが、ナポリでは2日、
3日にパラパラっと雨が降った途端に「この雨のおか
げで大気汚染解消した」とのことで交通規制も解除。
ありえない。。Σ(゚д゚lll)
こんなことでは大気汚染が改善される兆しは全く
見えてきません。。。。
c0077533_14315657.jpg
ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/25145125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 門田 at 2016-01-06 16:12 x
イタリアの大気汚染問題、もう30年以上も前から存在しています。でも毎年同じことで効果の上がる解決策は何も提起されません。イタリアとはそういう国なのです。一つ確実なことは国民の肺の中はますます黒くなってきていると言うことです。
Commented by infoitalia at 2016-01-07 22:52
門田様。コメントありがとうございます。イタリアの大気汚染問題は何度も取り上げられているものの、結局は本格的な解決策がなされないままになっていますよね。もっと真剣に取り組むべきだと思うのですが・・。
by infoitalia | 2016-01-03 15:51 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(2)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia