イタリアを楽しもう!

ブドウ畑で剪定体験@ワイナリー

この時期トスカーナ州のワイナリーでは剪定作業の真っ最中。
c0077533_4102973.jpg

剪定は年に2回、冬の休眠時期に行われるものと、夏の成長
時期に行われものがあります。

冬の剪定は果実が付く芽の数を決めて枝をカットする作業で、
今年の収穫量を決める重要な作業です。

この重要な選定作業を体験していただきました!

まず剪定の方法について説明がありました。
とは言っても、どこをどう剪定するかの判断基準となるポイン
トは沢山あり簡単ではありません。
去年芽吹いて伸びた新梢の状態や数を見ながら、ブドウ
の収穫量などを判断して行きます。
剪定の際に芽を傷つけないように、また切り口がまっすぐだと
凍りやすくなるので斜めにカットするなどの注意点もありました。

こちらは「コルドーネ・スペロナート」という仕立て方です。

メモ:
昨年伸びた枝を結果母枝、今年果実を着ける枝を結果枝と
いいます。昨年伸びた枝に芽が形成され、発芽し、新梢を伸ば
し葉がでて、花房をつけます。

さて剪定の話に戻ります・・・
昨年伸びた枝を各1~2芽だけ残してカットします。

さてどこをカットするのかと思案中。
c0077533_4223183.jpg

なぜか撮ったはずの剪定後の写真が見当たらないので
お隣の木の剪定後の写真をご覧ください(↓)。
c0077533_4225252.jpg


剪定は完全に落葉した12月中旬頃から発芽前の3月中旬頃迄
に行う必要があります。
というわけで、今回の選定作業も寒い中行われましたが通常
できない体験をしていただけたのではないかと思います。

いつも繰り返して言ってますが、緑が美しい季節のブドウ畑も
素敵ですがこの時期も非常に興味深いです。剪定後、どのよう
に成長していくのかさらにブドウの実が育っていく様子を見る
のはとても楽しいものです。
ワインに対してますます愛着が湧いてきますよね。

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2013-02-06 16:39 | La visita(メーカー訪問) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/19253892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Carnevale(カーニバル... 夜のローマ散策 >>