イタリアを楽しもう!

カステッリーナ・イン・キャンティ

トスカーナのワインの生産地では、ブドウの収穫、ワイン醸造
の大忙しの時期が過ぎ、ワイナリーにも静けさが訪れます。
(もちろん作業は続きますが)

12月にもなるとシエナ近郊の山中のレストランはほとんど
閉まって町は閑散とします。
(クリスマスや大晦日は予約制で開けているとこはあります)
開いている店を探すのが大変!苦笑

こちらはトスカーナシエナ県のキャンティ・クラッシコ生産地
の1つカステッリーナ・イン・キャンティ。
厳かな雰囲気。
しかし・・。だ~れもいません。寒っ。
c0077533_1384290.jpg


こちらは市庁舎。元は軍事拠点であったという要塞。
ここで挙式をあげるカップルも沢山いるそうです。
c0077533_142476.jpg


開いているレストランを発見!^^
フィオレンティーナ(ビステッカのこと)とかイノシシの
トマトやワイン煮込みとか大好きだけど、今日は軽く食べたい
気分だったので、スピエディーノ(串焼き)のミストを注文
したら! 
こんな大盛りでした。苦笑
c0077533_2248980.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by infoitalia | 2012-12-13 01:32 | Toscana(トスカーナ) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/19003268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by がっちゃん at 2012-12-17 17:05 x
軽く食べたい時にこの分量。やっぱりイタリアはポーションがわからないですよね~
なんかアメリカだと、絶対もう超大盛りってわかってますが、イタリアだと絶対量が多いと思って、4人で、前菜一皿、パスタとリゾット一皿ずつ、でメインを2種類にしたら、もうびっくりするぐらい少なかったことがあります。
それにしてもワイルドな一皿ですね~
Commented by infoitalia at 2012-12-19 01:05 x
がっちゃんさま。これから大食が続く季節ですので、その時期に(来週)に備えて食事の量を抑え気味にしようと思いながら・・・。苦笑  反対にコジャレタお店で量が少ないかも?と思って注文したらすっごい量だったりってこともよくあります。笑
<< Orvieto(オルヴィエート) 歴史ある町Sutri(ストリ)... >>