イタリアを楽しもう!

Osteria Francescana(オステリア・フランチェスカーナ)

もう数週間も前のことですが
モデナのオステリア・フランチェスカーナにてお食事。
前回の様子はこちらからどうぞ(↑)

今年内装をリニューアルしたそうで雰囲気が変わって
いました。
Granita di mandorla, capperi, crema di caffe'
e bergamotto
一瞬、お米?とか思いましたが、実はアーモンドのグラニータ
にケッパー、コーヒーのクリームとベルガモットの角切り
甘さとケッパーの塩味、冷たさやいろんな触感が面白い一品。
c0077533_3231148.jpg

I cannolicchi e i loro amici
そのまま訳すと「マテ貝とお友達」^^
気に入ったお料理のうちの1つ!
マテ貝大好きなんですが、これは面白かったです。
c0077533_3233130.jpg

マテ貝の形をした外観ですが中も!
マテ貝とホタテがカットしたものが入りワカメもアクセント
になっていました。
添えられた小さいカップにはマテ貝から出汁をとった
スープ。これも美味しい。
c0077533_3234970.jpg

Baccala' Mare Nostrum: Filetto di baccala',
succo di olive verdute,acqua di pomodoro,
mandorle di Noto e profumi di Pantelleria
長い名前!^^
バッカラにオリーブのソース、心地よいトマトの酸味、
ノート産のアーモンドがかりっとアクセントに。
c0077533_324784.jpg

Chitarra cotta in brodo di calamari bruciati
e mantecata con purea di ostriche fines de
claires e olio extra verfine d'oliva
イカ焼きのブロードで茹でたキタッラと
牡蠣のピューレのクリーム 
c0077533_3245263.jpg

Capitone leccato con saba
日本に帰ったら鰻が食べたい!という気持ちをさらに
強くさせてくれた美味しく安心の一品。
ブドウの果汁を煮詰めたタレを塗った鰻がとっても
美味しかったです。上品な一品。
左はりんごソース、右はポレンタ
c0077533_3251240.jpg

Un viaggio lungo il fuime Po,
da Cervia d Modena
「チェルヴィアからモデナまでのポー川の長い旅」
壮大な名前のこちらは、
エシャロット、ポロ葱をしっかり煮込んで
トリュフ、チェルビア産海塩がアクセントに
c0077533_325264.jpg

Cinque stagionature del Parmigiano Reggiano
in cinque diverse consistenze e temperature
熟成時間が違うパルミジャーノ・レッジャーノチース
を5種使って、硬さと温度の違いが5種という
面白い料理。
ふわふわ、サクサク、とろ~ と楽しめます。
c0077533_3254385.jpg

Tagliatelle al ragu
伝統的なお料理
c0077533_4125393.jpg

Faraona non arrosto, ovvero in
cotture ottimizzate
ホロホロ鳥のローストはしてないけどロースト風
各部位によって調理法が違います。
c0077533_325581.jpg

Croccantino di foie grs con cuore di
Aceto Balsamico Tradizionale di Modena
お口直しに黒トリュフとホワイトチョコ
c0077533_326154.jpg

これは楽しみにしていた一品!
とっても小さ~いアイスクリームバーみたい!
周りのアーモンドとヘーゼルナッツが砕いたものは
塩味と甘い味になっています。
中に濃厚なフォグラが。これだけでは濃厚すぎる
と思ったところで、中心に入っているバルサミコが
とろんと出てきてその酸味との調和が抜群♪
c0077533_3263130.jpg

Oops!Crostatina in caduta
ああ!クロスタティーナが落ちちゃった!
というネーミングで、お皿もひび割れたデザインに
なっています。
サクサクのビスコッティにレモングラスとケッパーが
入って、レモンのソース。
c0077533_327139.jpg

おいしゅうございました♪♪

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2012-10-28 04:13 | Emilia Romagna | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/18635205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jose at 2012-11-06 03:41 x
センスが良い、細かい所迄手を抜かない丁寧な仕事、日本料理のように五感を楽しませてくれそうです。
お高いんでしょう?
Commented by infoitalia at 2012-11-08 00:55 x
joseさん。五感を楽しませてくれる!まさにその通りです。とても素敵なお料理を堪能できます。
お値段・・・ええ、とても。^^
Commented by 職務経歴書の書き方の見本 at 2014-05-26 13:03 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
<< Il Tamburello(イ... ブレシャのトラットリア >>