イタリアを楽しもう!

ヴェネツィアno2.2012

またもや1週間も間があいてしまいました。

さて、ヴェネツィア。どれだけ好きやねん?というくらい
過去のブログにもヴェネツィアのことを書いています。

カテゴリーのヴェネト編の目次を見るとほぼヴェネツィア
のことばかり!!


でも懲りずにまたもやヴェネツィアについて。

今回のヴェネツィアは昨年の8月とは大違いで日中は暑いもの
の日陰に入れば涼しく夜は心地よいそよ風。
昨年は大汗をかきながらヴィエンナーレの会場を周りましたが
今年は過ごしやすかったです。
(もしくは猛暑が続いているので身体が慣れたためかも?)

ちなみに、ビエンナーレとは
ヴェネツィアで2年に1度、奇数年に開催される現代アートの
芸術の祭典。


話をもどして、
今回はサンマルコ広場の向かい、大運河の入り口部分にある
プンタ・デッラ・ドガーナ(Punta della Dogana
税関岬)の現代アート美術館を見てきました。
15世紀の歴史的建造物「海の税関」の建物をフランソワ・
ピノー財団が買い取り2009年のビエンナーレ開催に合わせ
てオープンさせたもの。
修復や内装は安藤忠雄氏が手がけています。

イタリア語のオーディオガイドを借りていざ見学。
特に現代アートは説明がないと非常に分かりにくいので
説明を聞きながらの見学は興味深かったです。

特に気に入ったのは水の表面張力を感じさせるガラス作品。
うるうるとまるで溢れてこぼれそうな水、でも実はガラス!
目に写って見える物と実物とは全く違うものだというギャップ
がとても興味深く触りたい気持ちを抑えるのが大変でした。

残念だったのは写真を一枚も撮ることができなかったこと。
各部屋にかなり厳しい警備員がついていて、多くの見学者が
「触らないで!」「写真は禁止!」等、注意を受けまくってい
ました。

さてこの「プンタ・デッラ・ドガーナ」の良くも悪くも名物に
なっているのが、「かえるを持った少年」の像。
c0077533_22111675.jpg

これでは大きさが分かりにくいのでこちらの写真をどうぞ。
警備員がつきっきりで監視しています。
c0077533_23171757.jpg

夜になるとこのようなガラスのケースがかぶされます。
c0077533_23173643.jpg


少年の像がどこにあるかというと 
こちら(丸で囲った部分です ↓ 対岸から撮った写真)
c0077533_23163216.jpg


写真内の右側(↑)の教会は
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会:
ヴェネツィアを代表する美しい教会です!
(晴天でも美しいですが、夕暮れ時も絵になります)
ゴンドラとの相性も最高!素晴らしい景色です。
c0077533_23362564.jpg

近くから眺めてみましょう。
c0077533_2336634.jpg


この教会が建造着工されたのは1631年のこと。
当時ヴェネツィアは伝染病「ペスト」によって数万に
及ぶ死者をだしていました。

ペストが鎮まった際には聖マリアに感謝の気持ちを込めて、
サン・マルコ広場のサン・マルコ教会にも勝る教会を大運河
(カナル・グランデ)を挟んでちょうど反対側の場所に建築し
ようと着工されたのが1631年4月1日のこと。

11月21日はヴェネツィアは祝日でこの教会にヴェネツィア
の多くの信者が参拝に訪れます。
この日にお参りをした人は、向こう1年間健康に恵まれると
信じられています。ちょうど日本の初詣と似た感じの祭りで
す。。
多くの参拝者が押しかけるため大運河に19日~22日の期間
臨時の橋がかかります。

*******************
ボートから降りてきたヴェネツィアのワンちゃん♪
c0077533_2341581.jpg


続きます。
c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2012-08-12 20:59 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/18356322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-08-19 06:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by norlie at 2012-08-19 17:24
こんにちは!
ヴェネツィア、本当に大好きです。特にこのビエンナーレは、いつもinfoitaliaさまの記事を通してみているので、この時期少し期待しながら楽しみにしています。

ああ、それにサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会!
夕暮れのきらきらした海と、突き出たパリーナの影の向こうに見える教会の美しさは忘れられません。

ブログに書いた例の病気の一件で、実は初めて「死ぬまでにしたい10のこと」を書いてみました。
決して命にかかわる病気ではないのですが、自分にとって大切なことと向き合ういい機会になりました。
その中の項目のひとつは、「もう一度ヴェネツィアへ。1週間たっぷりとそこで過ごす」ということです。
一度といわず、毎年でも、できるといいなあと思っています(^^)
Commented by infoitalia at 2012-08-19 21:19
鍵コメ2012-08-19さま。
私もお気に入りのエリアです。ところで、そうなんですか!今度どこか教えて下さい!私も年内にまた行きたいと思ってるんです。

臨時の橋を何度も渡られたなんて、素敵!
Commented by イー at 2012-08-20 16:56 x
今度、連れてっておくんなはれ!
Commented by infoitalia at 2012-08-20 22:12 x
イーさま。 もっちろんOKです! ゴンドラセレナーデ付きで♪ 
Commented by infoitalia at 2012-08-21 19:47 x
norlieさま。コメントが遅くなってごめんなさい。送信したつもりが送信されていませんでした!!
ヴェネツィアは本当に素敵なところで大好きです。ゆっくりと訪れるとさらに魅力が増しますよネ!

norlieさんなら絶対に病気に打ち勝てます!
絶対にしたいことですか・・・私も考えてみようと思います。
ヴェネツィアでたっぷりと過ごす!贅沢♡
<< ヴェネツィアno.3 2012 ヴェネツィア  >>