久しぶりにバローロの産地に!

ピエモンテ州に行ってきました。
目的はワインの生産地訪問です。

ターナロ川を挟んで東側はランゲ地区、西側はロエロ地区。

ランゲ地区は:
バローロ、バルバレスコ等の高級ワインの産地として知られ
ています。標高の高さも250メートルから800メートルまで
とランゲ地区内でも変化に富みますが、ワインの産地には、
550メートルくらいまでのところが適しています。

この地域を代表するブドウの品種はネッビオーロ!
ネッビオーロ種から作られるバローロはイタリア赤ワインの
中でも「王のワイン」等と称されることもある高級なワインと
して知られています。

土壌の特徴は石灰質。タンニンがしっかりした素晴らしい
ワインが作られます。

ロエロ地区は:
ランゲ地区にくらべるとワインの産地としての知名度はあまり
高くないのですが、この地域もアルネイスなどの素晴らしい
白ワインが作られています。

また、この地域はヘーゼルナッツの産地として知られています
これはイタリア人が大好きなヌテッラの原料にもなります!

標高は300メートル程で、それ程高くなく丘の南側にブドウ
畑が広がります。ブドウ畑に適さないところにはへーゼル
ナッツの木が植えられています。
(そういえばりんごの産地「トレンティーノ=アルト・アディ
ジェ州では、ブドウ畑の裾野の低地にはりんごの木が植えら
れていました。)

土壌の特徴は、砂が多く、貝の化石などが見つかっているよう
に遥か昔には海であったことから、ミネラルの豊富な土壌だと
いうことです。

******************

こちらはバローロの産地のなかでも最高級のバローロが作られ
る地域です。特徴としては多くの生産者が1ヘクタールとか2
ヘクタールといった狭い畑を所有していることです。
ということもありまるでパッチワークのような景色が広が
ります。
c0077533_0131523.jpg


ワインの生産者を訪問しワイナリーや畑を見たりとっても充実
でした!

こちらは生肉。
ピエモンテの郷土料理(?)生肉は外せません!
c0077533_0185028.jpg


メニューにスフォルマートと記載がされていたので、いつもの
スフォルマートを想像していたら嬉しい予想外!
c0077533_0213795.jpg

トマトをジュースにしてゼリーにした中にモッツァレッラチー
ズが。上にバジルのソース。暑い夏に爽やかな一品でした!
c0077533_0221733.jpg



c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/18197989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ranko at 2012-07-09 12:05 x
きゃー!最後の魅惑な一品に悶絶!
モッツァレラにバジル~!

視覚的にもなんともドンピシャなえづら!

日本じゃこれを食べたらいったいおくらかしら…。

あぁまた行きたい所が増えたわ~ 
ご一緒してネ!
Commented by infoitalia at 2012-07-09 21:59 x
rankoさま。もっちろんです!どこへでもお供いたしますよ!笑
暑い日に喉越しがよいこの一品、とっても気に入りました!色合いとか食欲そそりますよね!!
Commented by marcheselli at 2012-07-10 02:23
こんにちは。バローロですか、、、いいですね~!!
このスフォルマティーノ夏らしくて本当においしそうです。
Commented by quistcojp at 2012-07-10 10:11
はじめまして。いつも楽しく拝見しています。私はワインとサッカーが大好きなので、いつかイタリアに行くのが夢です。チャンスがあったらコーディネートお願いしたいなぁ、と勝手に考えています。
Commented by infoitalia at 2012-07-10 23:08
marcheselliさん。久しぶりのピエモンテ楽しかったです!でもこうも暑いと赤ワインがすすみません。笑
爽やかなスフォルマート、美味しかったです。
Commented by infoitalia at 2012-07-10 23:09
quistcojpさま。はじめまして。コメントありがとうございます!
ぜひイタリアにいらっしゃる際にはお声をかけてください!!
by infoitalia | 2012-07-05 19:32 | Piemonte(ピエモンテ) | Trackback | Comments(6)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia