アナカプリ地区へオープンカーのタクシーで♪

青の洞窟を堪能した後は、ビールをチューといわせて待って
いてくれたEさまと合流。

カプリ島はカプリ地区とアナカプリ地区に分かれています。
カプリ地区はケーブルカーでアクセスすることができるし、
坂道を歩いて行くことも可能!ただ、アナカプリ地区は
すごい断崖になっているので、普通は歩いては無理。
そこで
まずはカプリ地区にケーブルカーで登ってそこからバスに
乗って向かうかタクシーという手段になります。
(でも一度アナカプリ地区から歩いて港まで戻ってきたことが
あります。
その時はさすがに疲れました、道幅も狭いので通行する車に
邪魔だ!という意味を込めてクラクションを鳴らされまくり。
もうそんなことはしないと誓いました!笑)

今回はなんと優雅にタクシーで!
そして折角タクシーで行くならオープンカーに乗りたいよね
ということで、運転手にお願いして、この通り(笑)
取り外し作業をしてくれています。
c0077533_136671.jpg

アマルフィ海岸も断崖に沿って作られた道幅が狭い道ですが
こちらも負けていません。
c0077533_136321.jpg

眼下にカプリ地区や港が見えます。
c0077533_13724.jpg


アナカプリ地区のレストランでランチ。
魚介のサラダ
c0077533_1465657.jpg

この地域の手打ちパスタ: シャラティエッリ
うどんのようなコシのあるパスタです。
マテ貝・ムール貝・アサリがどっさりで贅沢。
c0077533_1471950.jpg

リング状のイカみたいな形のパスタ。
見た目も可愛いです。
パスタの産地グラニャーノのコシがあるパスタです。
c0077533_1474240.jpg


その後、カプリ地区に降りてきて中心の広場へ。
さっきまでいたアナカプリ地区の上空は黒い雲が・・!
c0077533_221670.jpg


こちらのジェラッテリアはコーンをその場で焼いてくれます。
香ばしい香りにフラフラとつられてしまいます。
c0077533_2215248.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/17886421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jose at 2012-04-29 04:55 x
もしもーしジェラッテリアの方はカワイコちゃんでしょうか(笑)
Commented by accaesse at 2012-04-29 08:05 x
オープンカーで細い道をイタリア人ドライバーで!
スリルありそう!^^あっ、でも結構渋滞?

大きなリュック背負って旅行してた、はるか昔(笑)
屋久島でトラックの荷台(白タク)に乗って以来、オープンカーに乗ったことがないな~、とっても乗ってみたい今の季節♪
Commented by infoitalia at 2012-04-29 21:23 x
joseさん。この清楚な感じの彼女、光ってました。メガネが似合ってますよね。
Commented by infoitalia at 2012-04-29 21:27
accaesseさん。この時期まだ渋滞はありませんでした。でもシーズン中はバスとバスがすれ違う時とか渋滞になりそうです。
大きなリュックで旅行されていたのですか?!私もです!(私も・・はるか昔ですが。^^) 
屋久島でトラックの荷台!!!笑 これ以上のオープンカーはないですね!笑 
Commented by pcmimiko0207 at 2012-04-29 22:20
リング状のイカみたいな形のパスタ。。。初めて見ました(^^♪
書いてなかったらイカだと思ってたわ~(笑)
貝類が好きなので、食べてみたいです(*^^)v美味しそう~~❤
Commented by infoitalia at 2012-05-02 07:37 x
pcmimikoさん。リング状のパスタ、可愛らしいですよね!時々このパスタを本当のリング状のイカと合わせたりします♪ 
貝類お好きでしたらきっとお気に召されると思います!!!
by infoitalia | 2012-04-24 02:04 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(6)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia