イタリアを楽しもう!

Presepe Vivente(生きたプレゼーペ)

昨日はエピファニア《公現祭》(もしくはベファーナの日)
でした。 説明はこちら→

ローマ近郊の小さな町にて
Il presepe vivente
プレゼーペ・ヴィヴェンテ(生きたプレゼーピ)
を見てきました。
c0077533_2022061.jpg


期間:12月18日~1月7日
小さい町だからと侮っていました、すっごい人!
そう、1月6日はエピファニア(公現祭)といって東方三博士
がキリストの降臨を知り、幼いキリストのところに貢物を持っ
て訪ねてきた日です。

この生きたプレゼーピのプログラムを見ると、この日に東方三
博士が登場することになっていました。

長蛇の列に並んで、大聖堂の横の入り口から入っていきます。
1回につき50名くらい入れているようでした。

大聖堂の中で説明があり
c0077533_2031156.jpg


扉を開けると・・・そこはプレゼーピの世界がぱっと開けま
す!!
幻想的な仕掛けです!
c0077533_2034483.jpg


実はここは大聖堂前の広場。
屋台でいろんな物を売っている活気溢れる町の雰囲気が
演出されていました。
カットしたパネットーネも貰って食べました。

雰囲気良いですよね~。
馬にまたがった姿がさまになってます。
c0077533_2041020.jpg


旧市街を歩いていくと・・ところどころに演出が。
c0077533_2044645.jpg


子供達が学校で勉強していたり、
(詩を朗読してくれました♪ 可愛い~)

チーズを作っていたり
c0077533_205949.jpg


鍛冶屋があったり

パン屋があったり

面白おかしく求愛している演出などもあり・・
c0077533_2053530.jpg


旧市街の道を下ったり上ったり歩いていくと
c0077533_20104748.jpg


最終的には一枚目の写真の場所にたどり着きます。

この小さな町の旧市街を歩いたことがなかったのでさらに
幻想的でまるでプレゼーピの中に自分が入り込んだみたい
で楽しかったです!

最後まで見て通りにでると・・
これが大聖堂。
既に片付けが始まっていましたが、ここが最初の町の広場の
シーンが演出されていたところです。
c0077533_2062373.jpg


おまけ
ベファーナがお菓子を配ってました!!
c0077533_2013164.jpg




c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2012-01-07 11:56 | Lazio(ラツィオ) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/17290604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ciaomami at 2012-01-08 11:03 x
町をあげてのお祭りなんですね~楽しいそうです♪
プレゼーピの中に入り込んだみたいな感覚は味わってみたいものです。
しかし結構長い期間やっているのですね・・・彼らは自分たちのクリスマスや正月は過ごさないで奉仕されているのかしら?
Commented by accaesse at 2012-01-09 10:39 x
面白そう~!♪
イタリアの人、こういう演劇的なことが好きでよく似合いますよね
きっと楽しんでやってそう

前に戻って申し訳ないですが、ついでにスミマセン^^;
Parmigiana di melanzane 作りました!♪
トマトソースが多すぎたみたいで、パスタ入れるかご飯にかけたらいいみたいになりましたが、美味しかったです!
おっしゃるようにモッツァレッラはたくさんがいいですね。
しかし、日本で買うと高いんですよね~
ついついケチってしまう主婦心 笑

も一つ、ついでにお聞きしたいのですが 
グラーナパダーノをお土産にもらいました。パルミジャーノみたいに使うらしいんですが、イタリアの主婦はどう使い分けてるんでしょう?
イタリア料理は時々しか作らないので、どうしたもんか?と考え中。
料理質問サイトじゃないのにすみません
冷蔵庫を開けるたんびに、グラーナパダーノが「なんとかしてよ」って言うんですよ 笑
Commented by infoitalia at 2012-01-10 00:05 x
ciaomamiさん。まさにこの小さい町(村)では大イベントなんだろうと思います。結構期間は長いのですが、1日中やっているのではないようです。例えば17時30~20時までとか・・。そんな感じなのだと思います。
Commented by infoitalia at 2012-01-10 00:14 x
accaesseさん。本人達が一番楽しんでいるようでした!笑

おおお!!!作られましたか!パサパサしてトマトソースが足りないよりは多目に作っておいたほうが安心ですよね!モッツァッレッラ、確かに・・・日本だとついついケチってしまうの分かります。

パルミジャーノ・レッジャーノとグラナ・パダーノは生産されている地域が違います。前者はエミリア・ロマーニャ州のパルマ周辺からレッジョ・エミリア地区で作られ、後者はピエモンテ州、エミリアロマーニャ州にまたがるパダーノ平原で作られています。前者の方が値段も高いので高級品だと扱われていますが、どちらも同じように使えますよ!
グラナ・パダーノはイタリアの家庭では普段使いにすりおろして使ったり、袋に入っている粉チーズはグラナ・パダーノのことが多いようです。
Commented by accaesse at 2012-01-10 07:49 x
丁寧な説明、ありがとうございます!♪
今度、オムレツにたっぷり入れてみます^^
Commented by infoitalia at 2012-01-11 01:43 x
accaesseさん。どういたしまして!グラタンなどにも表面にすりおろしてから焼いたら美味しいですよ~!!
<< ナポリのトラットリアで Sartu' di R... >>