イタリアを楽しもう!

アマルフィ海岸周遊スタート@ヴィエトリ・スル・マーレ

翌日はアマルフィ海岸へ向かいます。
c0077533_16372677.jpg



アマルフィ海岸とは
カンパーニア州のソレントからサレルノまでの全長40キロの
海岸線のこと。世界でもっとも美しい海岸線の1つと言われて
います。1997年にこの海岸線はユネスコの世界遺産に登録
されました。

入り組んだ海岸線、美しい海、断崖絶壁に張り付くようにつく
られたパステルカラーが目にも鮮やかな町々、南国風の花々
が咲き乱れ、斜面の段々畑にはレモンの木が整然と並び・・
夢のように美しい景色が続きます。

特に有名なのはアマルフィやポジターノですが、
それ以外にも小さいながらも(あっという間に通り過ぎてしまう
ような小ささ。^^)可愛らしい町が沢山あります。鉄道が走って
いないので車で移動することになりますが、カーブ続きの道
からの景色は最高です!

まずは陶器の町Vietri sul mare
(ヴィエトリ・スル・マーレ)へ立ち寄ります。
サレルノのお隣の町です。
c0077533_2072439.jpg


さて、ヴィエトリ・スル・マーレの町。
名前は知らなくてもこの町の陶器のお皿を日本のイタリアン
レストランで見かけたことがある方も多いかもしれません。

例えばこんな可愛いデザインのお皿
まるで子供がお絵かきしたようなデザインなのですが、南イタ
リアらしい陽気さがお皿からも伝わってきますよね♪♪

陶器のお店が並んでいます。
c0077533_411341.jpg
c0077533_413076.jpg
c0077533_414677.jpg
c0077533_4234.jpg


BARで一休み。
左はカフェマッキャート
右はカップッチーノ
c0077533_4241100.jpg


まだまだ続きます♪♪
c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-11-24 20:18 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/17141817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Ciccio at 2011-11-28 10:50 x
良いですね~
家に飾りたいです!!
Commented by ちょこちょこしょこら at 2011-11-28 12:58 x
お~。イタリアっぽい柄のお皿。派手派手でかわいい。
レモンとかぞうもかわいいですねー。
日本で使うとしたら (一般的な料理で)何を乗せて食べますか?
Commented by jose at 2011-11-28 12:59 x
20年位前初めてカプリ、ソレントへ行った時本当はアマルフィ海岸を廻りたかった、、、でもアノ道が苦手でそれをバスで行くのは無理でした、今では船で行けば良かったと後悔しています。
本当に有名どころの間に好みの小さな街が有りますよね、その間に村とも言えない小さい入り江に張り付いた数十件の古い漁師の家とか、古い写真集を見て行きたいと思った所は入り江ごと何処かのホテルに成っていて小さい浜にプールを作っていたりします!(怒)昔のまんま残せとは観光客の我がままだけどそういう景観を残す所こそずっと観光客の行きたい場所で有り続けると思うのですが、、、まあアマルフィ海岸は他にも一杯良い場所が有るので心配は無いでしょうが南イタリアやシチリアとかの至る所でいきなり小綺麗にして鄙びた風情を台無しにする間違った観光誘致(私見)に走る所が多すぎる(怒)
あぁスイマセン愚痴ばっかりでアマルフィ海岸の良い街紹介期待しています。
Commented by infoitalia at 2011-11-28 17:44
Ciccioさん。部屋が明るくなりそうですよね!
カラフルな柄の巨大な丸テーブルとか欲しいな~!(そんなスペースありませんが・・)
Commented by infoitalia at 2011-11-28 19:19
ちょこちょこしょこらさん。派手ですよね~。この派手派手な絵皿のは飾りとしてですよね。食事に使うお皿も彩りが鮮やかなのでパスタとかスープとかにも映えますし、シンプルなサラダとかにも可愛いです!意外に何にでも合うかも?
Commented by infoitalia at 2011-11-28 19:31
joseさん。船で行く方法は海からの景色も眺められるしまた違った楽しみ方ですよね!夏場はいろいろなアクセス方法がありますが、オフシーズンには船が出ていないのが残念です。
有名どころはもちろん、小さい漁村のようなところも観光地と化してしまうのは残念ですよね。
今回はアマルフィ海岸初のお客様をご案内いたしましたので、主要な町を周遊してまいりました(もちろん道中小さい街も通過しますが)。それでもこのシーズンオフの時期は人も少なく穏やかで(ポジターノでは水着で海に入っている人もいました)完璧でした。
Commented by q503-2010 at 2011-11-29 18:36
楽しい~
見てるだけで楽しくなる皿ですね。
店の壁もいいですね~
気持ちが沈んだ時は、こういうところ散歩したら元気がでそう~笑
Commented by 荒川リリー at 2011-11-29 19:31 x
すみません!!ご無沙汰をしておりました!!
今すぐ飛んでいきたい場所にいらっしゃいますね!!
この陶磁器本当に魅力的です!!アマルフィをインフォさんに案内していただくのが夢です!!
Commented by infoitalia at 2011-11-30 05:22
q503さん。沢山集めたくなります。でもテーマを決めて集めないとごちゃごちゃした食卓になりそう?笑 ^^
この日は天気が悪くて残念でしたが、こんな明るい色彩の陶器を見ていると楽しい気分になりますよね!
Commented by infoitalia at 2011-11-30 05:25
リリーさん。ご無沙汰しております。リリーさんのご活躍ぶり拝見してますよ!遠くからですが応援してます!!盗撮の腕も磨かれているようですね!笑 ^^
楽しくなるような絵柄や色使いの陶器♪♪ 沢山欲し~いです!
リリーさんの作品もますますパワー炸裂してますね♪♪
Commented by t2cosmo at 2011-11-30 10:10
2000年から急に親しみ深い街になりました。
なじみ深い町並みに、もしかしたら私も行ったかも知れないカフェ(笑)
陶器屋さんは良く存じてます。クルマ駐めにくいです(汗々)

夏の時期しか解りませんが、良い街だと思いますね。
Commented by infoitalia at 2011-12-01 21:29
t2cosmoさん。2000年からというともう11年のお付き合いですね。ふふっ、きっと立ち寄っていらっしゃると思います、このカフェ。だってこの町、小さいですものね!笑

このあたりは車を停めにくいですね、この時期は閑散としていて駐車場もあいていましたが。。^^

夏の時期は空と海の青さが格別ですよね!!!
Commented by sfarina at 2011-12-04 21:42
最後の写真のこういう感じ、こういうのが とっても恋しいなぁ‥(笑)
Commented by infoitalia at 2011-12-05 08:10
sfarinaさん。BARのバンコでの立ち飲みカフェ、イタリアでは(イタリア人には)欠かせないですよね!!
<< アマルフィ海岸周遊@アマルフィ ナポリ観光&夜景&夕食 >>