イタリアを楽しもう!

サンタ・クリスティーナ教会@ボルセーナ

お待たせしました!ボルセーナのサンタ・クリスティーナ教会
についてご紹介します。

なんと!そうだったのか~!と感動してUPしたものの皆様
からの反応がゼロだった「ボルセーナの奇跡」が起こった場所
です。苦笑

この教会には悲しい秘話があります。
キリスト教弾圧よって多くの信者が殉教したローマ帝国の
ディオクレティアヌス帝の時代(4世紀前半)のこと。
わずか11歳の少女クリスティーナも殉教します。

クリスティーナの父は、美しい娘を12人の侍女と一緒に塔の
中に閉じ込め、誰へも嫁がせず生涯神々に仕えさせようとしま
した。
しかし少女はキリスト教の啓示を受け、それを猛反対する
父親からの数々の酷い拷問に耐えることになります。

鞭打ち、幽閉、肉をずたずたに引き裂く、石臼と共に湖に投げ
込む

むごい拷問に遭いながらも、毎回彼女に奇跡が起こります。
父親は湖に投げ込んでも石臼が浮き輪のように浮かび上がって
娘が助かりキリストからの洗礼を受けたことを知り、翌朝に
なったら首を刎ねるよう命じます。しかし、その前に父親の方
が死んでしまいました。

父親が亡くなった後も、彼女への拷問は続きます。
火あぶり、毒蛇、乳房を切り取る、矢を放つ
その度に、少女の代わりに拷問をしかけた者に災いが起こ
ったり、死んでしまいます。

信者であることを貫き通した彼女は、最後には頭を割られて
殉教します。

彼女はカタコンベ(地下墓地)にひっそりと埋葬されます。
崇敬された彼女のお墓の上に、その後11世紀頃になって
教会が建てられました、それがボルセーナの奇跡で知られる
サンタ・クリスティーナ教会なのです。

石にくっきりと彼女の足跡が残る礼拝所。
c0077533_207582.jpg


この奥(↑)にはクリスティーナのお墓があります。それがこちらです(↓)
c0077533_2073292.jpg

さらに近づいてみると
c0077533_20101129.jpg


地下にはカタコンベが。
c0077533_20884.jpg
c0077533_2083325.jpg

閉まったままのお墓も、ということは遺体が入ったまま
なのでしょうか?
c0077533_2085996.jpg
c0077533_2093146.jpg


ところで・・・・ちょっと脱線して
<シチリア島のパレルモ>
パレルモのカプチン会修道院のカタコンベはとても有名です。
地下を降りていくとカタコンベ(地下墓地)があり、そこには、
薄暗い通路に所狭しと無数のミイラが、服を着たままの状態で
横たわったり、立ったりした状態で並べてあります。
礼服やドレスやブラウスなど、また装飾品もそのまま。
当時の服装を垣間見ることができます。

ちなみに、ミイラにするにはお金がかかるので裕福な人
達だけがこの方法をとることができたのです。

そして、ここには奇跡的なミイラがあります。
1920年に世をさった2歳の女の子ロザリア。
まるで眠っているかのような、お人形のようなつやつやの肌
に美しい髪の毛。どのような方法で永久保存処置が行われ
たのかは謎です。
c0077533_20352843.jpg


カトリック教の信仰では、人は死後、天国と地獄の中間地点で
ある煉獄(れんごく)に達し、そこで自らの罪の浄めに勤しみ
死者たちは最後の審判の時を待ちます。その結果、認められた
者は、天国に行って永遠の安らぎを得ることが出来るとされて
いるのだそうです。

話がすっかりそれましたが・・・・・・・
ボルセーナのサンタ・クリスティーナ教会のカタコンベに
話を戻します。

碑文が彫られている墓石が展示されていました。
死者の過去の功績等が書かれているとのことです。
c0077533_20422822.jpg


ガイドさんが面白おかしく説明をしてくれて、例えばこれ、
大きい字で書いていたらスペースがなくなってきて最後の
方は小さく詰め詰めに書いてあるとか。笑
(ある、ある~!笑)
c0077533_20415835.jpg


ボルセーナのクリスティーナですが、伝説ではなく19世紀の
発掘によって実在の人物だということが確証されたのだそう
です。

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-10-14 20:52 | Lazio(ラツィオ) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/16972818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pcmimiko0207 at 2011-10-15 00:39
こんばんは^^
父親からのむごい拷問。。。宗教とは何なのか!恐ろしく思います。。。
少女の身に起こる奇跡が最後まで続けば・・・と、切なくなります。
サンタ・クリスティーナ教会は大きな教会ですね!
2歳の女の子ロザリアをTVで見たように思います^^
ただ眠っているだけのよう。。。すやすや寝息が聞こえてきそうですね(+o+)
Commented by q503-2010 at 2011-10-16 11:03
色んな遺跡、旧跡など背景にある話を知ってると
より印象に残りますね。

パレルモのカプチン会修道院のカタコンベは9年前に行きました。
思えば本物のミイラを見たのは、その時が始めてでした。
今では、記憶もすっかり薄くなってしまいました。・・・・
記憶が消えないうちに・・・・
いや円高のうちにイタリアへ行きたいなぁ 笑
Commented by jose at 2011-10-16 11:35 x
聞いた話で脅かす訳ではないですがパレルモのカタコンベは感覚の鋭い人はやめたほうが良いかも、、、うひひ(笑)
その他有名観光地にも、、、、
Commented by norlie at 2011-10-16 21:42
カタコンベ、ドキドキします。
怖いような、背筋がぞくぞくするような。でも怖いもの見たさもあり…。

2歳の女の子のミイラは、お写真を見てびっくりしました!
まるで生きているみたい!これが1920年の子だなんて、信じられません。
体と魂は別、ということがなんだか実感として湧いてきました。

イタリアには、まるで何百年も昔にタイムスリップしてしまうような場所がたくさんあって、本当にすごいなあと思います。

クリスティーナさんのお話、悪魔も天使も、実は人間の中にあるのではないかと思ってしまいました。
うう、やっぱり少し怖いです…。
Commented by infoitalia at 2011-10-17 02:40
pcmimikoさん。宗教が絡むと話が複雑になってきますよね。。だからといって娘をここまで酷い拷問ができるのか・・。
実際にロザリアを見ましたが、本当に綺麗な保存状態で驚きました。
Commented by infoitalia at 2011-10-17 02:47
q503さん。あまりにも知らないことが多すぎて、少しづつですが新しいことを知るたびに感動しています。

本物のミイラを見る機会ってなかなかありませんよね。800体ほどのミイラ(白骨化しているものも多かった気が)がずらりと並んでいるパレルモのカタコンベ、ゾクゾクしました。初めて訪れた時には、まだデジカメではないカメラを持って旅行をしていた頃で、現像された写真に何かが写っていたらどうしようと緊張したことを思い出しました。
今イタリア旅行をされるのお得ですよ!!
Commented by infoitalia at 2011-10-17 02:50
joseさん。やはり・・・そうなんですか。
うひひ(笑) って 意地悪な笑い~っ!!!笑
感覚が鋭くなくてよかった~。苦笑 
Commented by infoitalia at 2011-10-17 03:47
norlieさん。私、すっごく怖がりなんですが怖いもの見たさで。
イタリアを初めて旅行した際にパレルモにも行き、こちらのカタコンベを見ました。(その後も何回か行きましたが、人数が多かったり既に心構えがあったりして、少し余裕ができました) ぎっしり並んだミイラ、イタリアのカタコンベの中でも特別な場所だと思います。

イタリアにはこういった場所が沢山ありますね。地下墓地だけでなく、頭蓋骨がぎっしりびっしり並べられた納骨堂など。
<< ヴェネツィアの夜景 最近見かけたワンちゃん&ちょっ... >>