オルヴィエートの大聖堂・ファサード(Orvieto)

ボルセーナのサンタ・クリスティーナ教会についてご紹介する
前に『ボルセーナの奇跡』の聖体布を納めるために建設された
オルヴィエートの大聖堂について触れたいと思います。

「緑のハート」と呼ばれるウンブリア州、オルヴィエートは
凝灰岩の丘上に造られた要塞都市です。
ブドウやオリーブの畑に囲まれた緑豊かな大地に、
聳え立つ「世界一美しい丘上都市」、遠くから見た姿も美しい
のですが、エトリルア時代、中世時代、ゴシック建築など歴史
が刻まれているとても興味深い町です。

歴史的建造物や見所だけでなく、入り組んだ小道を散策するの
も楽しく、またお洒落なお店やレストランも沢山あります!

旧市街の眺め、右端には堂々とした大聖堂が見えます。
c0077533_18541730.jpg


駅前にケーブルカーがあり旧市街までアクセスすることが
できます。
c0077533_1842979.jpg

こちらの写真は町の西側から車でアクセスしたところ。
c0077533_1913528.jpg


こちらが大聖堂です。
ファサード(正面)も立派。ロマネスク様式で作られる
予定だったのが、ゴシック様式に変更されたそうです。
c0077533_1954325.jpg

「ボルセーナの奇跡」の聖体布をまつるために1290年に
建設が始められ、1600年に完成。

む?シエナの大聖堂に似ている!!

そう、こちらのファサードの設計はシエナ出身のロレンツォ・
マイターニによるもの。シエナ大聖堂建設に従事していたとこ
ろ、こちらに招かれて、1310年から10年かけて建築を任
されました。マイターニの後を引き継いだのはアンドレア・
ピサーノです。

他に歴代152人の彫刻家、68人の画家、90人のモザイク
師が携わっているそうです。

見事なファサードです。
c0077533_1951260.jpg

ファサードの最下段には3つの扉と4本の付け柱があります。
それぞれの柱には下から上に向かって物語りが展開するよう
に大理石に浮き彫りが彫られています。
左から
1つ目の柱:旧約聖書(天地創造、人間の起源)
2つ目の柱:旧約聖書(予言者たち)
3つ目の柱:新約聖書(キリストの生涯)
4つ目の柱:最後の審判
となっています。
c0077533_1965143.jpg


ガラスに24金の金箔を貼り付けたビザンチン技法の
モザイクで、マリアの生涯が描かれています。
こちらは「マリア被昇天」
c0077533_1971960.jpg


美しいバラ窓。上には12使徒、左右に12人の預言者の像が
あります(残念ながらこの写真では左右の像は見えません)。
c0077533_1974377.jpg


こちらのモザイクは「マリア戴冠」
c0077533_1981385.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/16944300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by q503-2010 at 2011-10-08 07:09
「大聖堂」実際に見たらため息が出そう・・・・
街も気になります。
こんな街に住んでる人は、どんな気持ちで生活してるのだろう・・・・
やっぱり見飽きてるのかな? 笑
Commented by アッカエッセ at 2011-10-09 09:01 x
先月オルヴィエートに行ってきたばかりです!
嬉しくなって思わず書かせてもらっています
初めまして。よろしくお願いします。

ここすごいですよね!坂を上って目の前に現れたとき、とにかく「すごい!」しか言葉が出なかったです。
きれい、とか、大きいとか、じゃなく「すごい!!!」

人がたくさんいないのも、良かったです。
高い天井の内部をゆっくり歩いて回ると、大きな町の有名な教会では感じられない気持ちを感じました。
街もこじんまりして歩きやすいですね。
手作りらしい陶器の店が並んでいて、自分の好きな小物が買えるのも楽しかったです。
又ゆっくり行ってみたい町です。
Commented by ちょこちょこしょこら at 2011-10-09 10:21 x
大聖堂素敵!
写真の撮り方もすてきですねー。
青空に白い雲に とってもはえる。
生でみてみたいなー。
Commented by infoitalia at 2011-10-09 18:17
q503さん。写真ではその壮大さが判りにくいのですが、道の反対側から眺めないと全体像が見えないくらいです。そして眩い光り輝くモザイク。自分の町自慢がはじまったら大変なくらいイタリア人は自分の町を愛していますが(笑)、普段生活している時には素晴らしい歴史的建造物が近くにあってもそれが当たり前のことと感じると思いますよ。私も自分の住んでいないところに行くと感動しますが、住んでいるところの素晴らしさには慣れてしまうものです。^^
Commented by randan0815 at 2011-10-09 21:11
素晴らしいお写真ですね。この写真をみただけで是非いってみたいと思わせるほど魅力的です!イタリアはほんとうに見所満載すぎて行く前から早くもジレンマです(笑) さきほどネームカードのほうに、ご挨拶&おたずねさせていただきました♪
Commented by infoitalia at 2011-10-10 03:42
アッカエッセさん。はじめまして。コメントありがとうございます!
先月オルヴィエートにいらしていたのですね。いい所ですよね~、大聖堂の壮大さをはじめ、城壁に囲まれた高台の街のつくりといい、地下探検なども楽しめ(高いところからの眺めも好きですが、地下も好き 笑)魅力が一杯。
こじんまりとしているけれど気の利いたレストランやお店もあって、そして穏やかな時間が流れているのも気に入ってます。
Commented by infoitalia at 2011-10-10 03:48
ちょこちょこしょこらさん。この大聖堂の写真は中部イタリア旅行の際の2名のカメラマンによる(笑)ものです!ステキですよね!!
実際に見たらもちろん素晴らしいのですが、後で写真で細部をよく見てみると、おお~こんなところにも細工が!などと じわじわと感動が。(遅いって?笑) 今度は内部の写真も撮ってきますね。
ぜひぜひイタリア来てくださいい!待ってま~す♪♪
Commented by infoitalia at 2011-10-10 03:55
randan0815さん。ブログ上では小さくしてあるので良く見えないのですが、実はすっごく綺麗に細部まで写っていて、ファサードの装飾の素晴らしさに再度感動していました。本当に見所が多くて迷いますよね~。笑 
ネームカードにご連絡くださったとのことありがとうございます!
by infoitalia | 2011-10-06 18:36 | Umbria(ウンブリア) | Trackback | Comments(8)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia