イタリアを楽しもう!

ボルセーナの奇跡(Il milacolo eucaristico di Bolsena)

ボルセーナの奇跡

先にご紹介したボルセーナ湖畔にある美しい町。
この町は『ボルセーナの奇跡』でも知られています。

ボルセーナの奇跡とは
1263年ローマへ巡礼に向かう途中のボヘミアの司教は、
ミサのときに行われる聖体拝領で授けられるパンとブドウ酒が
キリストの肉と血に変わるという『聖体変化』に疑いを抱いて
いました。
そのボエミアの司教がこの聖体変化に疑念を持ちながら、
このサンタ・クリスティーナ教会でミサを行っていると2つに
割った聖体のパンから血が滴って聖体布を赤く染めました。
この事実を知った時の法王ウルバーノ4世は翌1264年に
聖体祭(コルプス・ドミニ祭)を制定し、この奇跡の聖体布を
納めるためにオルヴィエートの大聖堂が建てられました。

こちらがそのサンタ・クリスティーナ教会
旧市街から離れた町の南側に建てられています。
c0077533_182322100.jpg

実はここは、とても悲しい伝説と興味深いカタコンベを
持つ重要な教会です。
(硬い話が続くのでその話は次回に)

コルプス・ドミニ(聖体祭)といえば・・・
ボルセーナの奇跡の知らせを聞いた法王ウルバーノ4世は血に
染まった司教の祭服等を自身の元に届けるよう指示しました。
法王の下に向かう司教達に対して、町の人たちが道に花びらを
撒いて「キリストの聖体」に対して敬意を表しました。
翌年の1264年、法王は聖体の祝日を制定し、この日のみ
聖体の儀式を屋外で行う事が認められたのだそうです。

イタリアの各地で、この時期行われる花祭り
(infiorata:インフィオラータ)はこの出来事が発端となっています。

聖体の祝日に聖体が通る道筋に花びらを撒く事が各地で習慣と
なりこれが今日の花祭りの起こりとなったのです。

お花のカーペット!のインフィオラータについては過去にも
ご紹介していますが実はこういった起源がある行事なのです。
ぜひ過去記事もご覧ください!
モンテフィアスコーネ 
ジェンツァーノ・ディ・ローマ  

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-10-05 18:16 | Lazio(ラツィオ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/16944175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オルヴィエートの大聖堂・ファサ... ボルセーナ(Bolsena) >>