イタリアを楽しもう!

ラ・スパゲッタータで野菜も食べよう!

ラ・スパゲッタータ(La Spaghettata)にて
「野菜不足なので野菜を!」の一言で、
こんなに沢山いっぱいお皿が並びました!笑 

・スカローラ
・フリアリィエッリ
・ほうれん草
・ズッキーニの花
・アリーチェ(カタクチイワシ)のオイル漬け
・パプリカの詰め物
・ズッキーニ・アッラ・ スカペーチェ:ズッキーニのマリネ
等など
c0077533_2351970.jpg


そしてもっちろんピッツァ!
c0077533_245297.jpg


久しぶりに会ったみんなとっても元気でそうでした。
アドルフォは熱くピッツァの生地について語ってくれ、
サルバトーレは相変わらずお茶目さんで、他のみんなも
とってもアットホームでとても素敵なお店です。^^

アドルフォ:「お食べなさい~!」
モッツァレッラが近づいてきます。笑
c0077533_2431455.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-09-13 02:21 | ピッツァ関係&大会等 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/16858341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Ciccio at 2011-09-16 07:31 x
アドルフォさん、いつも優しそうで良いなぁ!!

しかし随分とアッサリ系の御注文ですね(笑)
相当、胃袋が疲れていたのですね・・・ww
Commented by t2cosmo at 2011-09-16 11:39
「イタリア料理は、世界でも有数の野菜を食べさせる料理ですよ」
この言葉は、93歳で“現役のまま”お亡くなりになった堀川春子先生から戴きました。
先生からは色々教えて戴きましたよ。
先生にかかると、有名なイタリア人シェフ達も“形無し”でしたね。
Commented by infoitalia at 2011-09-16 20:17 x
Ciccioさん。いつも優しい雰囲気、オアシスです。笑
あっさり系に見えますが、すっごい量だったんですよ~!Ciccioさんならペロッといけちゃうかな?笑 ^^
Commented by infoitalia at 2011-09-16 20:45 x
t2cosmoさん。なるほど~!種類も調理法も色々ありますものね!ついつい偏った食材を使って偏った料理を作りがちなので反省です。
有名なイタリア人シェフにとって堀川先生は人生の先生でもあるのでしょうね。
Commented by norlie at 2011-09-18 21:57
アドルフォさん、やっぱりいつ見てもお茶目でかわいらしい方ですね!
とっても素敵!南イタリアのおじさまって感じです。
それにアドルフォさんの作るピザは、もちもちカリッとしていそうで、本当に美味しそう。マルゲリータは最高ですね!

ピザだけじゃなく、お野菜までこんなにいろいろあるなんて!
私は、ベタにパプリカに肉詰めが食べたいです〜!
それに、マリネが大大だーい好きなので食べてみたい!
いつも自分が作るマリネは、玉ねぎ&生ハムか、玉ねぎ&タラの2通りしかないので、レパートリーを増やしたいです。
Commented by 荒川リリー at 2011-09-20 17:59 x
お野菜たっぷりのお料理、すばらしいですね!!
サルバトーレさんのお写真も今度お願いいたします!!
Commented by infoitalia at 2011-09-20 21:59
norlieさん。みんな気さくでとっても親切なんですよ~。
ピッツァは生地作りが一番大切だといつもおっしゃってます。とっても美味しいです。

こちらはピッツェリア兼レストランでもあるのでこのように付け合せのお野菜とか沢山あります。
マリネお好きなんですね!!私は煮込んだ玉ねぎは好きですが、生とかまだ玉ねぎとして存在感がある玉ねぎ(苦笑)が苦手です~。
Commented by infoitalia at 2011-09-20 23:45
リリーさん。たっぷりのお野菜をいただいて野菜不足が解消できたかもしれません。^^
キュートなサルバトーレの写真も期待していてくださいっ!!
<< ナポリピッツァ Di Matt... Marechiaro(マレキア... >>