イタリアを楽しもう!

中部トスカーナ旅行 ピティリアーノ(トスカーナ)編

ローマ近郊の町にいくと必ず見聞きする名前
オルシーニ家。035.gif

先の、ボマルツォの怪物公園を作らせたのもオルシーニ家の
ピエール・フランチェスコ公でしたね。

オルシーニ家はローマの貴族、その歴史は10世紀までさか
のぼります。
法王派で、代々3名のローマ法王を輩出した名家です。

さて!
こちらトスカーナ州の南端、ラツィオ州との州境近くに
ピティリアーノという町があります。
この町の歴史はエトルリア時代にまでさかのぼります。
c0077533_82640.jpg


トスカーナの町といえば丘の上に作られた町が多いのですが、
このように険しい凝灰岩の台地の上に形成されているような町
はラツィオ州に多い特徴です。(ウンブリア州のオルヴィエー
トもしかり)
どこまでが岩で、どこから家の壁なのか分からないつくりです。
この周辺には洞窟が沢山あり、今では倉庫などに使われています。
c0077533_65189.jpgc0077533_6514367.jpg


この町の歴史は、エトルリア、ローマ、中世にはランゴバルド
人、14世紀初期からオルシーニ家、そして17世紀初期
(1604年)からメディチ家の支配下になります。

凝灰岩と一体化した町自体も興味深いのですが、見事な
水道橋も見逃せません。
大きい柱に支えられた2つの巨大なアーチと13の小さい
アーチ。
1636~1639年のメディチ家支配下にある時に作られた
もので、渓流から町に水を運ぶためのものでした。
c0077533_6525525.jpg
c0077533_6532141.jpg

c0077533_7244211.jpg

c0077533_865583.jpg


暑いからか、噴水の側に人が集まっていました。
c0077533_7382279.jpg


オルシーニの要塞は13世紀に作られ
1543年~1545年にジャンフランコ・オルシーニ公
によって修復されたものです。
オルシーニ宮殿は、15世紀後半から16世紀前半に
修復されたもの。
c0077533_875627.jpg



町を散策してみました。ノンビリとした時間が流れて
います。
外に椅子を置いて座ってお喋りをしている方が沢山。
c0077533_6545365.jpg
c0077533_6551372.jpg

この町の特産品をご紹介します003.gif

過去に訪れた時の記事はこちら

ピティリアーノはユダヤ人コミュニティーがあったことでも
知られています。
町には「小さなエルサレム」があります。
c0077533_6563149.jpg

ユダヤ人はローマカトリックの強大な権力によって常に迫害を
受けていました。
Pitiglianoは非教皇領だったため、多くのユダヤ人が流入して
きました。1799年のナポレオン支配時代や1930年代の
ユダヤ人迫害時代、又、第二次大戦時も多くのユダヤ人を
かくまってきたそうです。
今でこそ、ユダヤ人コミュニティーは残っていませんが、
ユダヤ教の礼拝所であるシナゴーグや、その当時の様子を
垣間見ることができます。
c0077533_6565843.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-09-08 07:43 | Toscana(トスカーナ) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/16837519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by norlie at 2011-09-12 00:25
すーごーい!!歴史がそのまま町になったような風景ですね。
1枚目のお写真が、まるでジブリの絵のようでびっくりしました。

メディチ家を中心としたトスカーナの歴史について、以前本で読みました。
群雄割拠の戦国時代のようで、すごく面白かったです。
ピティリアーノと言う町は、その本には載っていなくて、まだまだ歴史は奥深いなあとわくわくしてしまいました。
図書館に行ってこようかなあ。

「オルシーニ」という単語は、以前イタリアを舞台にした本に出てきて、聞き覚えがあります。名家なのですね。

カラフルな旗が綺麗。バカンスの匂いを感じます。
やっぱりトスカーナの町いいですね!
トスカーナとウンブリアは本当に好きです。一回行ったら、一週間その町に滞在したいくらいです!
全部回るには、何回イタリアへ行けばいいのか(笑)
うーん、infoitaliaさんが羨ましい!
Commented by infoitalia at 2011-09-12 01:55 x
初めてこの景色を見た時に、車から降りて思わず見とれてしまいました。
「2枚目の右側の写真」の坂の側に建つ家なんて、まさに岩の上に立ってますよね!?驚

歴史は、色々入り組んでいてとっても複雑なので私にはとても覚え切れませんが、例えばメディチ家とか特定の人物にスポットをあてて読み込んでいくと面白いなと思っています。
本当に奥深いです!
オルシーニ、この周辺の歴史に密接に関係しているようです。

最近よく出没しているのが、このトスカーナ州・ラツィオ州・ウンブリア州の州境辺り、この辺りも興味深い町が沢山あります。
一週間同じ町に滞在、ゆったり旅行いいですね♪♪
私もまだまだ行った事がない場所が沢山です!
Commented by jose at 2011-09-12 02:23 x
まさに岩だか建物だかな街!好きだなぁこういうの、南だと海辺に結構こんな街有りますよね、トロペアとかプーリアのヴィエステ、ペスキチなんか海側は凄い絶壁に街が一体化してます。
でも凝灰岩でよかったです、プーリアは石灰質なので建物の下がどんどん崩れて道や建物が落ちてます。
[モンテアルジェンタリオー宮島みたい]訂正します、天橋立みたいですね、あまり日本の事に興味がなくて混同してました。
Commented by infoitalia at 2011-09-13 18:46
joseさん。自然(岩?)と一体化したような街。素敵なのですが、建物の下が崩れる心配があるのは怖いです。。そういえばカラブリアのトロペアも岩と街が一体化していて素敵ですが、岩が崩れて落ちている部分がありました。

joseさん、なるほど!!天橋立!!!なるほど、その通りですね。似ていますっ、似ています!!
<< 新鮮ないただきもの! 今度こそ、この夏最後の海かな?... >>