中部イタリア旅行 チヴィタ・ディ・バーニョレジョ編

天空の町 チヴィタ・ディ・バーニョレジョ
Civita' di Bagnoregio

特に霧が立ち込めている時の景色は「秘境」という言葉が
ぴったりですが、このように青空で天気のいい日の景色も
素敵です。
c0077533_021054.jpg

今から2500年以上前にエトルリア人によってつくられた
町。
c0077533_021494.jpg


この町に住む人の話では:
かつては現在のバーニョレジョと地続きだったのが、大規模
な地震によって周辺が崩れ落ちて、このように切り立った崖
になったそうです。
孤島のようになってしまったこの土地。。
アメリカに渡り財を成したチヴィタ出身の人が故郷のために
私財を投じてこの土地と他の土地と繋ぐ橋を作ったのだとか。
(これは本当かどうか不明)

この凝灰岩の丘は今でも風化が続いているそうです。。
ですから、別名「死にゆく町」としても知られています。
(La citta' che muore)

今回は向かい側の展望台から(上記の写真の)景色を眺めた後
歩いて橋まで行きました。
c0077533_0291214.jpg

この位置からみると橋がかなりの急勾配であることがよく
わかります!
c0077533_031231.jpg


チヴィタに行くにはこの橋を歩いて登るしか方法はありません。
300メートル程あります。
車の進入は禁止。最近では許可を得た人のみスクーターか
自転車の利用が可能だそうです。
自転車!?この坂を上ろうという人がいるのでしょうか?笑
下りるのもジェットコースターなみの急斜面ですよ!
c0077533_0344789.jpg

c0077533_0353536.jpg

下りる時の景色。
c0077533_0382230.jpg


一時は廃れかけたこの町。
今ではバール、レストラン、お土産屋、宿泊施設などもあり
活気が戻ってきているようです。
一旦離れた元住民やこの町を気に入った人達が家を購入
したりしているようです。

窓に可愛くお花の鉢植えが飾られていたり、とても綺麗です。
c0077533_0392154.jpgc0077533_0403390.jpg

c0077533_0411661.jpgc0077533_0432020.jpg

c0077533_059619.jpgc0077533_113352.jpg


カランキ(Calanchi)と呼ばれる凝灰岩の岩肌が続く
渓谷が見えます。これは風雨によって浸食された跡
だそうです。
c0077533_1124630.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/16813158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぷー at 2011-09-05 05:59 x
いいところですよね、ここ〜。
橋の行き来は、確かコムーネがオート3輪で送り迎えのサービス(有料か無料かは知りません)してたのではないかと思ったんですが、違ってたらスミマセン(オート3輪の荷台の上に乗せてもらえる。しかしバランスをとって乗らないと、坂道の途中で荷台がひっくり返り落とされそうになる)。
なんか、デザイナーの人とか、第2のお家みたいにしてる人いました。
ちょっとお金に余裕のある人が、家を買って綺麗にして、この集落を再び盛り上げようとしてるんですね。B&Bもありますしね〜。
友達が20年前に遊びに来た時は、正に過疎でさびついた町だったそうだけど、今のような状態を見て、とても感激していました。

ここは観光化もうまく出来てきているみたいだけど、イタリアには他にも打ち捨てられた、「元」美しい町 てたくさんありそうですね…。
Commented by infoitalia at 2011-09-07 17:07
ぷーさん。いいところですよね!橋の行き来の送り迎えサービスですか!それは素敵!しかもオート三輪の荷台!?楽しそうです!!!
バランスとらないと難しいですよね、上り時にあと一踏ん張りってところでかなり急なところや、下りる時もスリル満点だろうなぁ~!ぜひ試してみたいです。
第2のお家、いいですね。余裕がある人達。おっと、そういう話ではなかった。笑 こうやって再び盛り上げていこうという動きがあると嬉しいですよね、そういえばマテーラのサッシ地区も恐ろしく廃れていたのに今ではとても綺麗になってますし。

でも観光化されすぎて、趣がなくなってしまうのも寂しいものです。。
Commented by Ciccio at 2011-09-08 11:54 x
この街、素晴らしいですね~
伝説の中のお城のイメージそのままです!!
この感じたまらなく好きです。。。
Commented by infoitalia at 2011-09-08 19:17
Ciccioさん。あらっ、なんだかとっても乙女チックなコメント♪♪ ^^
本当に素敵な眺めですよね~。 自然との共存している町。
こうやって廃れかけた町が復興していくのは嬉しいです、でも観光地化されすぎるのは残念ですけど。適度に・・ね!
Commented by ciaomami at 2011-09-10 00:01 x
只今、来年の訪伊の計画中です。2月にテルニ県に行く予定。目当てはヴァレンティーノ教会なんですが、そのあとオルヴィエートに行って、そこまで行くならチヴィタ・ディ・バーニョレジョにも行こうと思っているのですが、シーズンオフは本当に寂しいようですね。冬に行かれたことありますか?
Commented by infoitalia at 2011-09-10 18:42
ciaomamiさん。2月にテルニのサンヴァレンティーノ教会ですか!チョコレートの祭りの時期も絡めてらっしゃるのかしら?(直ぐに食べ物につなげちゃいます・・失礼 ^^)
チヴィタには冬にも行った事がありますが、シーズンオフの寂しい時も味があって素敵ですよ。霧がでていたりしたらさらに幻想的!?
Commented by terumin at 2011-09-26 14:47 x
今、このヴァーニョレッジョの街で「ホタルのヒカリ」の撮影をしてい頃かと思われます。ローマを中心に行われている映画の公開が楽しみでーす。
綾瀬はるかの「ぶちょぉー」の声が聞こえてきそうですね。
Commented by infoitalia at 2011-09-26 21:43
teruminさま。ヴァーニョレッジョで撮影ですか!日本でもそんなに有名な場所になっているとは驚きです。と言いつつ実は「ホタルのヒカリ」見たことがないのです。(というわけで ちょっと調べてみました、なるほど。こういったドラマなのですね) ローマが中心に撮影されているとのことなので興味ありです♪♪ 情報ありがとうございます!
by infoitalia | 2011-09-02 00:07 | Lazio(ラツィオ) | Trackback | Comments(8)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia