イタリアを楽しもう!

ビエンナーレ(Biennale di Venezia) no.2

こちらBOOK SHOPの一角
テーブルも可愛い。
上の方にとまっているのは? 鳩!?
c0077533_2185855.jpgc0077533_2192294.jpg

BARも目がチカチカしそうな派手さ。
c0077533_2201043.jpg

緑が一杯なジャルディーニ会場を後にし
c0077533_2221195.jpg

次はアルセナーレ会場へ向かいます。
ヴァポレットに乗って移動。
c0077533_222441.jpg

c0077533_2232896.jpg


ジャルディーニ会場のパビリオンも立派な建物が多く
又、アルセナーレ会場は元国立造船所の建物を利用している
ので、そのスケールの大きさに負けないような作品をつくる
のも大変だろうなと思いました。

アルセナーレ会場
c0077533_2305467.jpg

ドアや箪笥の正面部分だけを繋げた作品
c0077533_2243783.jpg

左:蝋でできた像が次第に溶けて崩れ落ちていく
右:ビー玉のような玉が敷き詰められ光があたって幻想的
c0077533_225068.jpgc0077533_2252283.jpg

イタリア館内
c0077533_2255396.jpgc0077533_2262496.jpg


イタリア館は沢山の作品がごちゃごちゃ所狭しと
展示してありお祭り騒ぎのような雰囲気。
c0077533_2485411.jpg

c0077533_2493084.jpg


左:中国館の作品
右:イタリア館の展示
c0077533_2501776.jpgc0077533_2504815.jpg


外に出てみると
外にも沢山作品が展示してありました。
c0077533_2391937.jpgc0077533_2394591.jpg

c0077533_2401825.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-08-20 14:30 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/16751898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 荒川リリー at 2011-08-21 08:52 x
ビエンナーレすご~くおもしろそうです!!

興味深い解説と、お写真 インフォさんさすがです!!

やっぱり、イタリア館が一番きになります!!
Commented by norlie at 2011-08-21 13:31
ビエンナーレの作品、いいですね!
各国の館があるなんて、スケールが大きいんだなあとびっくりしてしまいました!
今、横浜でもトリエンナーレが開かれていますが、ヴェネツィアのほうがずっと大きそう!すごいです!

日本館は束芋さんだったのですね。インクで書かれた2次元の不可思議な絵が、独特の世界観を持っていて、ひきこまれますよね。
今や日本を代表するアーティストの一人なので、ビエンナーレでどんな作品が展示されたのか興味津々です。(写真を見る限り、上の作品は知らない作品でした!)

イタリア館はカラフルでなんかいいですね!ポジティブ!
日本に来る現代アートのインスタレーションは、白や黒、グレーなどの近未来的な無彩色なものや、トーンを抑えたものが多いように思うので、このカラフルな彩度の高いアートは面白いです!
さすがイタリア!気質が違うんだなあ!
Commented by infoitalia at 2011-08-21 19:20
リリーさん。とても興味深いですよ♪♪ でも私には理解不可能な作品も沢山ありました。苦笑
イタリア館は、カラフルでごちゃごちゃと統一感がなくてさすがイタリアらしいと思いました。笑
Commented by infoitalia at 2011-08-21 20:36
norlieさん。各国の館があるというのが凄いですよね、毎回館を使って作品を展示するのですから、そのスペースにあったものを造ることも必要ですし、どのように展示するのかも重要ですよね。館の周りをすっかり覆って雰囲気を変えているところ(ギリシャ等)や、立派な外観からは想像つかないような、内部全体をすっかり作品として変えているところや、広い内部にポツンと展示している所など 色々でした。

横浜のトリエンナーレに行かれたのですね!

束芋さんご存知でしたか、さすがnorlieさんっ!独特で不思議な世界観がありますよね、とても興味深いです。日本館の造りが変わった形をしているのでそれにも合わせて造ったそうですよ。 イタリア館はバザールのような賑わいでした。ごちゃごちゃと明るい色で元気いっぱいな感じでした。外にある作品も目に鮮やかでした♪♪
<< ビエンナーレ(Biennale... ビエンナーレ(Biennale... >>