イタリアを楽しもう!

ヴェネツィア空港からのアクセス

ヴェネツィアへは電車を利用、もしくは飛行の場合にはバスに
乗ってローマ広場までという方法をとることが多いのですが、
今回は待ち合わせ場所がサンマルコ広場だったため水上バス
に乗ってみました。

Alilaguna(アリラグーナ)社の水上バス
行程は約75分
料金は15ユーロ、インターネットで購入すると13ユーロ。
バウチャーを印刷し空港内の71番の窓口でチケット引き換え
とのことでした。
実際には窓口に行ったものの(たまたまその時だけだったのか
わかりませんが)直接水上バスの乗り場まで行って、そこの
チケットオフィスに行くようにいわれました。
また無料のシャトルバスみたいなものが走っていると聞いて
いたのですが、そんなものはなく歩きで・・。

ちなみに
ATVOV社のバス利用でローマ広場までは3ユーロ 5ユーロ
(2ヶ月前に2ユーロUPして5ユーロになっています)
直通で快適 所要時間20分
そこからバポレットに乗ると荷物込みで6.5ユーロします!
9.5ユーロ 11.5ユーロ

さて・・・・
ひたすらこのアーケードに沿って歩きます。
c0077533_16543875.jpg

振り向いて撮った写真。奥は空港の建物。
c0077533_165557.jpg

水上タクシー乗り場が手前、水上バス乗り場は奥に
あります。

サンマルコ広場へは1番から
Linea Blu
c0077533_1656759.jpg

リアルト橋へは2番から
Linea Arancio
c0077533_16554185.jpg


スーツケースは乗り込んだ直ぐの入り口付近に積んで
いきます。

船旅の始まり~。
Linea Bluは
ムラーノ島、病院、リド島、アルセナーレ(造船所)、
サン・マルコ広場 等にとまります。

滑走路めがけて低空飛行の飛行機。
c0077533_179153.jpg


遠くに本島が見えてきました。
c0077533_171017.jpg


水上タクシー。
空港から水上タクシーを利用したこともありますが
(贅沢~♪♪)かなりお高いです。。
でも運河沿いのホテルに宿泊している場合は直接到着できる
ので便利でした。
c0077533_171247100.jpg

DHLのボート
小包、郵便物などもこうやってボートなんですね。
c0077533_17152174.jpg

病院前。救急車もボート
c0077533_17155386.jpg

写真に収まらないような長~い客船
c0077533_17163175.jpg

個人の所有でしょう。豪華なクルーザー
c0077533_17165937.jpg

ゴンドラ!
使用していない時はシートがかけてあります、
c0077533_17174042.jpg


*コメントのお返事が遅くなっていて申し訳ございません。
落ち着いてからお返事します!!!
c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-08-05 17:25 | Veneto(ヴェネト) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/16689745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tammys04 at 2011-08-05 17:55
空港からの水上バスは乗ったことがなくて私はお客様と2度ほど往復タクシーでした(超豪華よね^^)夜のべネツィアへのタクシー入り(笑)は夢のようにすてきだったし、朝の船も空気がぴんと張り詰めて新鮮で気持ちよかったです。
次はlinea bluの船でサンマルコ入りしよ~っと。
そうそう、ゴミ収集車も消防車も郵便もみんな船なんですよね~。当たり前なんだけど、初めて見たときはやっぱり不思議で感動しちゃいましたよ。
こんなに沢山私のベネツィアの(苦笑)写真を見せていただいて益々禁断症状ですよ。ああ、帰りた~~い(暑さで頭がやられてます、気にしないでね^^)
Commented by t2cosmo at 2011-08-06 11:54
やっぱりヴェネツィアは、良いですね。
ココまで観光客がごった返していれば、こちらも観念して観光ですね(笑)
初イタリアの訪問先(取引会社)がこっちの方でしたので、感慨深いです。
10年前には、ヴェネツィアに本社のある珈琲焙煎会社「caffe del doge」と、取引を始めたことにより、親近感もひとしおです。
行ったことはないですが、空港には直営のBARも有るとのことですが・・・有りましたか?(気がつきましたか?)
Commented by 荒川リリー at 2011-08-07 00:37 x
今度はヴェネツィアですか!!うらやましいです!!
こんなにいろんな船があるなんて、たのしくなりますね!!
すご~くいって見たいです!!
Commented by infoitalia at 2011-08-07 09:05
tammyさん。私もヴェネツィア大好きです、でも観光のおかげで栄えているにも関わらず観光客に優しくない態度がちょっとね~。苦笑
ところで水上タクシー贅沢ですよね♪♪ 私は夕暮れ時と早朝でした。特に冬の早朝は神秘的でした。
夜のヴェネツィアにタクシーで、夢のようですね♪
サン・マルコとリアルト(橋を渡らずアクセスできる界隈なら)の間くらいの場所に行くのであれば、linea arancioもお勧めします!bluとは違って反時計周りで直ぐにcanal grandeに入るみたいです。 
ヴェネツィアでは当たり前のことが、とても新鮮に感じますよね。
荷物の搬入も全て運河で。重い荷物をもって橋を上り下り。大変ですよね~。
まだまだヴェネツィアの写真をご紹介しますね!!
Commented by infoitalia at 2011-08-07 09:11
t2cosmoさん。観光客でごった返していますが、ちょっと裏通りに入ると人がいないんですよ。だから1人の時には人がいない路地を選んで歩いてます。笑
色々な会社と取引されていますね~。t2cosmoさんは北から入られたのでしたよねっ。そして南下?^^
直営のBARですか?どれがそうだったのだろう? 
Commented by infoitalia at 2011-08-07 09:14
リリーさん。は~い、今度はヴェネツィアに来てます!
またチーズ天使達とコラボさせてもらおうと思ってますよっ。^^
いろんな船、小出しにしてますが、まだ本格的にゴンドラが登場してませんし、ヴァポレット(水上バス)等もご紹介しますね~!
Commented by norlie at 2011-08-07 14:52
久しぶりのヴェネツィア!!
イタリアで一番最初に宿泊した街です。忘れもしない、社会人2年目!
色々な格言で言われているとおり、本当に美しい都ですよね。
車が走っていなくて、迷路のような細い道が入り組んでいて、おとぎ話の世界だなあって、大好きになりました。
お世話になったB&Bのオーナーさんもとても素敵な方で!

母をヴェネツィアに連れて行くのが、今の目標です。
恥ずかしながら、以前行ったときは右も左もわからず、すべて徒歩で移動したため、水上バスに乗らず…。
温暖化の水面上昇とかも心配だけれど、水上バスの乗り方も同じくらい心配です。
行くときには、この記事や、一つ上の記事を見て、勉強しますね!
Commented by infoitalia at 2011-08-07 17:57
norlieさん。イタリアへ留学(フィレンツェ)した時にまず日本からヴェネツィアに入りました。しかも冬で観光客も少なくピーンと締まった冷たい空気、これからの期待と不安・・それだけにとても想い出深い町です。
今回のように天気のいいヴェネツィアはもちろん素敵ですが、人が少ない冬もそれはまた別の魅力があると思います。
迷路のような細い道、いつも通る路地ではなく恐る恐る知らない路地を通ってみると新しい発見があったり。私も大好きな町です。
徒歩での移動の方が実は早いことが多いですが、橋を渡るときに階段の上り下りなど疲れますものね。水上バスはどちら方向に行きたい(右か左か)かを注意していればとりあえず大丈夫ですよ!お母様とのヴェネツィア旅行楽しそうですね!私もいつか母と行きたいな~♪
<< ヴェネツィア空港からのアクセス... 久しぶりにヴェネツィア >>