イタリアを楽しもう!

ベネヴェント近郊で思いがけず美味しい店に遭遇

仕事も無事に終わり、気分良く腹ごしらえを!ということに
なりました。

カンパニア州のベネヴェント(Benevento)県。
ベネヴェント県の県都ベネヴェントはナポリから北東50km
程の内陸部にあり、町には古代ローマ時代の遺跡、劇場があり
ます。

ストレガ(魔女=strega)伝説でも知られています。

c0077533_2325250.jpg
又、1860年から製造されているリキュール「ストレガ」!
サフランが含まれているため鮮やかな黄色をしています。
アルコール度は40度、アニス、バニラ、フェンネル、ミント
などなど約70種ものハーブが使用されています。
食後酒やお菓子に使われます。


美味しいお店は地元の方に聞くのが間違いない!ということで
紹介してもらったお店に行ってきました。
場所はベネヴェントの近郊の村。。
偶然通りすがりに立ち寄れるような場所にないので、これは
教えてもらって大正解でした。

予約なしで行ったのですが、各テーブルを見ると予約席の
カードが置いてあるテーブルが沢山ありました。
週末などは予約がないと入れないようです!
こんな辺鄙な場所田舎で予約がないと入れない!?
地元客に愛されているということですよね~!ということは
美味しいに違いない!^^
c0077533_23342884.jpg


プリモ、セコンドを各自しっかり食べるつもりだったので、
まずは軽くアンティパストミストを1人前お願いて、ちょっと
つまみながらワインを飲みましょうということに。

すると次から次にお皿が運ばれてきて「あの~一人前を皆で
ちょこちょこと分ける予定だったのですが・・。」と言ったら、
「これ、一人前ですよ!笑」って!驚
c0077533_23142359.jpg

ゼッポレにはズッキーニの花も練りこんであって絶品、
その横にあるクレープみたいなのは中に生ハムとルコラが
巻いてありこれも美味し♪♪

ズームで!
特にハム系がすっごく美味しかったです。
特にProsciutto crudo(プロシュット・クルード)
Salami(サラミ) じゅるっ!
・Capicollo(カピコッロ):
豚の首から肩にかけての肉を使用したサラミの一種
・Pancetta(パンチェッタ)
チーズも熟成した山羊のチーズや新鮮なリコッタもあり
ました。
c0077533_23154457.jpg


この時点で既にかなりお腹がいっぱいに。
これ各自が頼んでいたらどうなってたんだろう~。

プリモ
パスタをシャラティエッリに変えてもらったオルトラーナ風
のパスタ。
ソースにはアスパラも入っていました。
c0077533_23344814.jpg

ただ残念ながらタマネギの存在が邪魔をしていて、
(何度も言ってるかもしれませんが、
私はシャリっと感がまだ残っていたり生のタマネギは苦手なの
です。クタクタに炒めたり煮込んだ甘いタマネギは大好き!)
多少気になりました。

セコンドは残念ながら私は脱落しました。

デザートはティラミスを(写真ありません~)。
これも絶妙な湿り具合と軽さで理想的な味でした。

そいうえばメニューを見ないでカメリエーレが言うメニュー
内容を聞いてオーダーしました。だから会計の時まで値段
はわからなかったのですが。

この豪華なアンティパストミスト
お幾らだと思います?

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-07-29 23:48 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/16662048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sfarina at 2011-07-30 08:03
ってことはお安いのかな?
私も以前ベネベントでランチした時 とっても美味しくて
親切で安かった気がします。
しっかし盛りだくさんのアンティミストですね^^
これはセコンドは行けない・・・(笑)
Commented by norlie at 2011-07-31 15:24
これで一人前!!恐るべし、Italy!!
魔女のリキュール、健康に良さそうですね。私にとって、魔女って、魔法使いというよりも、自然や草花に詳しくて、ハーブなどに詳しい人って言うイメージなので、まさにぴったりのリキュールだなあと思いました。
でも40度…。これは、食前酒としては、やはりロックで飲むものなんでしょうか?

アンティパストミスト、いくらかな。
これだけ量があれば、30€くらい??
プロシュートとオリーブとチーズ!なんて最高の組み合わせなんでしょう!あと、ワインが欲しいです!

それにしてもプリモのパスタもとっても多い!でも、美味しそう。
シャラティエッリって初めて聞きました。うどんみたいに太いパスタなんですね。
やはりイタリアに行くときは、一人じゃなく誰かと行くべきだと再確認しました!イタリア料理は一人じゃなく、皆で楽しむ用なんだ、きっと!
Commented by ぷー at 2011-08-01 00:38 x
ストレーガ! 懐かしい〜〜☆
ベネヴェントはオイシいところが多いですよね。
私もほんっとうにたくさん食べて、動けなくなったことがありました。。。
カピコッロ美味しいですよね〜〜〜〜。ああ、タマらんっ。
オリーブが美味しそう。リコッタが美味しそう〜〜。
「美味しそう」しか書けません。
うーん、素晴らしいメニュー〜〜〜〜〜〜〜!
ところでお値段は、私も30ユーロくらいとしてみようかな。
義父の故郷がベネヴェントなので、よくこういうところでご飯食べるのだけど、絶対に義父が払ってくれるので、実は私、一体幾らのメニューを食べているのか、全然知らずに今まで来ています。フォッフォッフォ(自慢出来ない)。
Commented by jose at 2011-08-01 06:29 x
アンティパストが大量ってどうなんでしょうなにごとも限度が有る様な?セコンドまで頼みたい人もやめるし売り上げ的にも?お腹いっぱいすぎると美味しい物もまずくなる。
すべてのイタリア人が大食いとも思えないし、、、プーリアの前菜地獄のトラウマが、、、、
Commented by infoitalia at 2011-08-01 18:35
sfarinaさん。ナポリからちょっと離れるだけで値段も人も変わる気がします。苦笑
すっごいボリュームだったのでセコンドは残念ながら諦めました。でも他のテーブルでは皆さんしっかり食べていましたよ。
Commented by infoitalia at 2011-08-01 19:11
norlieさん。norlieさんの魔女のイメージ「自然や草花に詳しくて、ハーブなどに詳しい人」って、とても新鮮です!
ストレガの飲み方はそのままだったり、トニックやソーダ割りや、柑橘系ジュース類と合わせたりするようです。
シャラティエッリはウドンのように太くてコシの強いパスタです。魚介系のソースと合わせたものと相性がいいと思います!
イタリアでは分け合って食べるより各自のお皿を食べることの方が多いのですが、お店やお料理によってはみんなと分けあっていろんな種類を食べるのは楽しいですよね!
食事をする時って1人より誰かと食べるほうが美味しく感じませんか?(私、1人で外食苦手です)
Commented by infoitalia at 2011-08-01 19:19
ぷーさん。義父さんの故郷はベネヴェントなんですね~!美味しいお店が多いらしいですね~この辺り。
休日に大家族で集まって食事、幾ら不況とはいえ欠かすことができないようですね。ベネヴェントで知り合った方から今月に控えている娘さんの結婚式とパーティーの話を聞きましたが、かなり盛大に行われるようです。人数とか食事の内容を聞いて驚きました。^^

こういうところって地元の方に愛されてるだけあってボリューム満天でお値打ちなんだと思いますよ!
Commented by infoitalia at 2011-08-01 19:33
joseさん。そうですよね~、ここはアンティパストが多いよとか知っていれば調整してオーダーできるんですけどね。常連さんはそうなんでしょうきっと。
お隣のテーブルは10名くらいだったのですが、私が頼んだこのアンティパストを各自が頼み、プリモ、セコンドを食べてました!イタリア人にも多い量だと思うんですけど。苦笑
前菜地獄って・・。爆 
Commented by infoitalia at 2011-08-01 19:34
<正解は>
上記のアンティパストミスト(1人前)のお値段はなんと
7ユーロでした!
Commented by sfarina at 2011-08-02 08:31
安っ!
‥でも そんな値段だったかも♪
いやぁ、やっぱイタリアの郊外もいいですね!
Commented by infoitalia at 2011-08-02 17:18
sfarinaさん。 安っでしょ!
私達もみんなで値段を言い合ったのですが全員中らなくて、嬉しいハズレでした。 最近イタリア各地の郊外に行くことも多いのですが、いいですね~、のどかで人も優しくて。^^
Commented by miacucina at 2011-08-04 16:14
7ユーロで採算合うのでしょうかぁ?いいなぁ、田舎の人の心意気 笑
私はセコンドどころか、プリモにも行きつけないかも・・・
いつも思うことですが、どうしてイタリア人はこんなに大量に食べられるのか???
Commented by infoitalia at 2011-08-06 15:14
miacucinaさん。私も同じことを心配してしまいました。笑
ほんとにっ、アンティパストだけでも十分な量でしたよ。
イタリア人と同じように食べていると後で苦しくて大変なことになるので気をつけるようにしてます。苦笑
<< 久しぶりにヴェネツィア ナポリピッツァ スパゲッタータ... >>