トリエステの名物

前回は食べ物の特産品でしたが、今回はちょっと趣向を
変えて・・。町の景色と名物(?)をご紹介します。

イタリアとスロベニアにまたがってカルソ台地(カルスト
台地)が広がっています。
カルスト地形のため、海といっても、広い砂浜があるわけで
はありません。ゴツゴツした切り立った崖から下を覗くと
驚くほど澄んだ海が見えます。
カルスト地形といえば、鍾乳洞!
周辺には(スロベニア)大規模な鍾乳洞があるそうです。

海岸沿いではこのように多くの人がコンクリートの上で
日光浴を楽しんでいました。
c0077533_0482323.jpg


海へは設置された階段を下りてアクセスします。
海の水が澄んでいます♪♪
(クロアチアの北の方の海もこんな感じだったことを思い出
しました)。
c0077533_0514728.jpg


天気も良く海の側にいながら海に入る時間がありません
(残念)。そしてとても暑いです。
でも・・
この地域はボーラとよばれる強風が吹き、寒さが厳しい地域
だそうです。だから暑いのは大歓迎!夏は暑くなくっちゃと
地元の人は言っていました。

遠くに見えるのがミラマーレ城。
c0077533_0473988.jpg


海に面して建つこの美しいお城は、オーストリアのマッシミリ
アーノ大公が1855年に建設を命じたもの。
庭園には多種多様な樹木が植えられています。

さらに近寄ってみると・・
c0077533_049641.jpg


さて、トリエステの町には路面電車も走っており、坂の多い街
の雰囲気は長崎などを思い出します。

この路面電車・・
街中のオベルダン広場から郊外のVilla Opicina
(ヴィッラ・オピチーナ)を結んでいます。

この路面電車凄いんです・・何が凄いって、

路面電車というか登山鉄道というか・・・
何と表現したらいいのでしょうか。

街中と高台は自力で走り、急勾配の区間はケーブルカーの力を
かりて上るのです。

は???? ですよね。

説明しますと・・・

まず新市街を走り、途中で車が上るのも大変な急勾配の坂に
差し掛かります。
(こんな坂での車の坂道発進は絶対したくないです)

この際に、自分の力だけでは上りきれないので途中でケーブル
カーと合体します。このケーブルカーに後ろから押してもらっ
て急勾配を上りきるのです。

<ケーブルカー部分>
昔はこんな機関車のようなケーブルカーが活躍
c0077533_257133.jpg

<合体した図>
この様に電車の車体を後ろから押していきます
c0077533_257483.jpg

<合体した図>
現在はこんな形のケーブルカーが電車の車体と
合体して働いています
c0077533_2582241.jpg


残念ながら今回路面電車に乗ることができなかったので、
合体の場面とか車窓からの景色などなどリアルなレポート
がお届けできないのですが・・・

どうですか!楽しいと思いませんか?!
絶対に次回は路面電車に乗るためだけにでもトリエステに
行こう!と心に決めてます。

これは車の中から撮った写真ですが、路面電車はこのような
カーブした木立の間を走り抜けます。
道路と線路も近い!!
c0077533_2443382.jpg

c0077533_2553411.jpg


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/16600125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 荒川リリー at 2011-07-15 06:29 x
ミラマーレ城、本当にかわいいですね!!お姫様が住んでいるのでしょうね!!
この電車!!実にユニークなフォルムですね!!乗ってみたいです!!
Commented by norlie at 2011-07-17 14:22
トリエステの海、とても綺麗ですね!濃いエメラルドブルー!!
イタリアってどうしてこう海と空とおいしい食事が似合うんでしょう!
白いお城も、小さいけれど、形が上品で素敵です。

それに路面電車。ケーブルカーと合体するとか、初めて見ました。なんか微妙にアナログで面白い。
町を走っていた電車なのに、坂道をのぼるんですね。一瞬サンフランシスコの路面電車を思い描いたけれど、写真を見たらだいぶ違うイメージでびっくりしました。

トリエステってあまり行こうと思ったことがなかったのですが、機会があったらそちらのほうにも行ってみたいです。
Commented by ちょこちょこしょこら at 2011-07-17 20:52 x
お城!すっごく素敵。きれいですねー。
路面電車に乗るためだけにまた行きたい!っていうの
infoitaliaさんらしい。笑
Commented by infoitalia at 2011-07-17 21:48
リリーさん。綺麗なお城でしょ~!海の側に建つお城に住めたら素敵だろうな~なんて妄想します。
電車の車両自体はレトロな路面電車という感じでなのですが、途中でのケーブルカーの部分とが合体するというのがさらに私のツボに入りました!
Commented by infoitalia at 2011-07-17 21:57
norlieさん!お久しぶりです!そうなんです!海がすごく綺麗でした!(でも入ってませんが・・涙) 海も地域によって全く表情が違いますがそれぞれ綺麗ですよね!
このお城、とても上品な形をしていました。
路面電車も本当に不思議なシステムで、鉄道ファンが絶対に乗ってみたい乗り物だと思います!^^
そうなんです、坂道といっても幅の狭い坂道を登るんです、

そういえばポルトガルのリスボンには「路面電車」と「ケーブルカー」がそれぞれ存在していますが、狭い石畳の路地を建物と建物の間をぎりぎりで走っていて見物です!町の様子もしっかり見れるし楽しいですよ。

と話がそれましたが、トリエステ。魅力的な町です。ぜひ機会があったら行ってみてください。
Commented by infoitalia at 2011-07-17 21:59
ちょこちょこしょこらさん。ふふふっ、実はぜひ次の更新も見て欲しいのですが・・。(今は言えませんっ。^^)

路面電車の乗るためだけに行きたい、ってやっぱり私らしい?
苦笑 でも、すっごく楽しそうでしょ?^^ 
by infoitalia | 2011-07-15 03:12 | FriuliVeneziaGiulia | Trackback | Comments(6)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia