イタリアを楽しもう!

Gragnano(グラニャーノ)

Gragnano(グラニャーノ)という町は
ナポリから南へ下ったソレント半島の付け根辺りに
位置します。
この町は、パスタ発祥の地とも呼ばれています。
セモリナをこねるために適した山からの清水やヴェスビオ火山
からの乾燥した風と海からの風などといった自然の条件が
パスタ産業を盛んにしたそうです。

渓谷を間に挟んだとても小さな町ですが、手工業製の小さな
工場が沢山存在しています。
昔はどの工場も町の広場でパスタを天日乾燥させていたそう
ですが、今は衛生面上法律で禁止されているそうです。
しかしながらどの工場もゆっくり乾燥させるという伝統的
製法を守っているとのことです。

また、グラニャーノと言えば発泡性の赤ワイン
こちらはピッツァにもよく合います!

この日はお客様とパスタ工場見学をしてきました。
(残念ながらその模様はご紹介できませんが・・・)

グラニャーノと言えば!の第三弾!
パヌッツォ

グラニャーノの
マスコロ(Mascolo)ファミリーが考案したというこの
パヌッツォ。グラニャーノの町には沢山のPanozzeria
(パノッツェリア)があります。

ちょっと写真を撮ってもいいか聞いたら、
しっかりポーズまでとってくれました。
c0077533_191270.jpg

実は彼の後ろにずらっと並んでいるパンが気になって
たのですが、言えませんでした・・。笑
c0077533_1113843.jpg


サルティンボッカに似ているという人もいますが・・。
明らかに別物ですよね。これって本格的なパンです。
そして驚きの大きさ&ボリュームです!!!
c0077533_183596.jpg

1つのパヌッツォを全て同じ具にする必要はないとのこと
だったので、メニューから4種類選んで、パヌッツォを
2つオーダーしました。
これで4種の味が楽しめます!

上からみた写真
c0077533_1191653.jpg


こちらは横から。
かぶりついた跡がありますが(失礼・・)断面はこんな
風になってます。
食べ応えあり!!
c0077533_1193935.jpg


Pizzeria & Panozzeria
F.ll Mascolo
Piazza Gugliermo Marconi, 9
Gragnano (Na)
Tel: 081-8795844

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-06-06 00:34 | Campania(カンパーニア) | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/16453503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぷー at 2011-06-11 22:38 x
うわ〜、パヌッツォ…
美味しいけど、恐ろしいボリュームですよねーっ。
あるとき、1週間のうち、
ピッツァ→パンヌッツォ→ベネヴェントのアグリトゥリズモリストランテ→義妹の姑さんの手作りピッツァ
てな食の日々がありました。
余りの苦しさに、最後の日には、「もう無理です」とギブアップ。
すると、お義母ちゃんは、
「アタシ達だっていっつもこんなに食べないのよっ」
て言ってましたが、信じない〜信じない〜。
Commented by infoitalia at 2011-06-12 01:41
ぷーさん。パヌッツォ、やっぱりご存知ですね!(嬉)
本当に恐ろしいボリュームでした。

1週間でそれは大変ですね~!
でも美味しいとついつい?! いやっ、こちらの人達はすっごい食べっぷりですよね。パヌッツォを食べに行った時も他のテーブルでは皆さん凄い勢いで食べてました。

私も昼&夜共にピッツァという日々が1週間続いた時にはさすがにナポリの名店ばかりとはいえ・・ギブでした。
次の週はまるで青虫かウサギのようにシャクシャクと野菜ばかり食べてました。^^
Commented by q503-2010 at 2011-06-12 17:41
おいしそう~
特に、表面がちょっとサクッとしてそうな質感?がおいしそう
何を飲みながら食べたいかなぁ・・・などと
勝手な妄想が膨らみます(笑)
ワインかなぁコーヒーかなぁ、いやビールも・・・・
Commented by infoitalia at 2011-06-13 02:37
q503さん。表面はサクっというよりはバリッとしっかり焼けており、かなりのボリュームで食べ応えあります。
この日は発泡性の赤ワイングラニャーノを飲みましたが、ビールももちろん合います!!
Commented by Ciccio at 2011-06-13 09:06 x
パヌッツォ!!
初めて知りました。。。
美味しそぉぉぉ~(笑) 
最後の写真の中身は何でしょうか?
セミハード系のチーズにプロシュートコットかなぁ・・・
食べてみたい!!
Commented by infoitalia at 2011-06-13 23:56
Ciccioさん。パヌッツォは薪窯で焼いた田舎パンのようなどっしりしたパンにお好きな具を挟んだものです。
すっごいボリュームが。笑
最後の写真のお皿には4種類のっています。
組み合わせをはっきり覚えていないのですけど、
サルシッチャとフライドポテト、モッツァレッラ&フンギ、ポルケッタとフリアリエッリ、プロシュットと??  とかだったような。
ポルケッタのがヒットでした!
Commented at 2012-08-18 05:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< Sorrento(ソレント)の人気店 ナポリピッツァ スパゲッタータ... >>